時子山 常三郎(とこやま つねさぶろう、1900年明治33年)4月9日 - 1984年昭和59年)6月26日)は日本経済学者早稲田大学第9代総長。日本私立大学連盟第5代会長。

長男は元一橋大学経済学部教授で計量経済学者時子山和彦[1]

来歴編集

1900年4月8日大阪府堺市に生まれる。早稲田大学附属第一高等学院文科(政経)、早稲田大学政治経済学部経済学科を経て、1927年4月、早稲田大学大学院(財政学・統計学専攻)に進学し、1929年3月まで在籍する。1933年4月から在外研究員としてアメリカ合衆国ドイツに留学する。[2]

1939年4月から早稲田大学専門部政治経済科教授に[3]1940年2月から同大学政治経済学部教授に、1949年4月から第一・第二政治経済学部教授および同学部長になる[4]

1960年3月、経済学博士(旧制)の学位を受ける[3]

1968年6月、早稲田大学総長に就任する。1970年10月、任期満了により総長を退任する。1971年3月、早稲田大学教授を定年退職する。[5]

1969年5月、漢陽大学校から名誉博士の称号を受ける[3]

1984年6月26日に亡くなり、6月28日に真珠院において葬儀が、7月16日大隈講堂において合同葬が行われる。[6]

人物編集

早稲田大学総長として先代・阿部賢一総長に引き続き大学紛争の解決に力を注ぎ、また大学史の編纂事業を手がけた。

早稲田大学雄弁会の学生弁論大会で優勝した海部俊樹(後の第76・77代内閣総理大臣)を「海部の前に海部なし、海部の後に海部なし」と評した。

著書編集

単著編集

  • 『協同主義経済観』協同主義協会、1948年5月。
  • 『社会経済史学の根本問題』研進社、1949年1月。
  • 『ユートピア社会主義と科学的社会主義』前野書店、1949年1月。
  • 『現代の診断 原子力時代の世界史観』協同組合懇話会〈協同主義叢書 3〉、1955年9月。
  • 『主要諸国の戦後財政 軍事費の分析を中心として』東洋経済新報社、1956年4月。
  • 『資本主義・社会主義・協同主義』協同組合懇話会〈協同主義叢書 6〉、1956年5月。
  • 『財政本質論』東洋経済新報社、1960年4月。
  • 『父母の皆さまへ』早稲田大学、1968年8月。
  • 『学生諸君へ』早稲田大学、1968年9月。
  • 『早稲田生活半世紀』早稲田大学出版部、1973年6月。
  • 『私学の諸問題 早稲田生活半世紀抄』桃山学院創立90周年記念事業委員会、1974年11月。
  • 『日本と世界連邦 平和憲法を護持して世界に生きる道』時子山常三郎先生の半寿を祝う会、1981年11月。

翻訳編集

編集編集

  • 『主要諸国の戦後財政 軍事費の分析を中心として』東洋経済新報社、1956年4月。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 故時子山和彦教授略歴”. 一橋大学機関リポジトリ (2007年3月2日). 2020年1月21日閲覧。
  2. ^ 年譜 1970, p. 391.
  3. ^ a b c 年譜 1970, p. 392.
  4. ^ 年譜 1970, p. 393.
  5. ^ 年譜 1970, p. 396.
  6. ^ 座談会 1986, p. 211.

参考文献編集

  • 「時子山常三郎教授年譜・著作目録」『早稲田政治経済学雑誌』224-225、早稲田大学政治経済学会、1970年10月1日、 291-422頁、 NAID 40003925422
  • 「座談会 時子山常三郎先生を偲ぶ」『早稲田大学史記要』第18巻、早稲田大学大学史編集所、1986年3月10日、 211-223頁、 NAID 40003928983

外部リンク編集