メインメニューを開く

最果 タヒ(さいはて たひ、1986年 - )は、日本詩人小説家女性兵庫県神戸市生まれ[1]

最果 タヒ
(さいはて たひ)
誕生 1986年
日本の旗 兵庫県神戸市
職業 詩人小説家
国籍 日本の旗 日本
主題 小説エッセイ
代表作 『死んでしまう系のぼくらに』(2014年)
『グッドモーニング』(2007年)
『スパークした』(2009年)
主な受賞歴 第44回現代詩手帖賞
第13回中原中也賞
第33回現代詩花椿賞
デビュー作 『グッドモーニング』
公式サイト 最果タヒ.jp
テンプレートを表示

目次

経歴編集

中学生のときからブログで文章を書き始める。書いていた文章に対して読者から「これは詩として発表できるのでは」と言われ、詩の雑誌への投稿を勧められるようになる[2]

2005年、『現代詩手帖』2月号の新人作品欄に初投稿、入選した。その後も投稿を続け、2006年に優秀な投稿者に贈られる第44回現代詩手帖賞を受賞。2007年、第一詩集『グッドモーニング』(思潮社)上梓。2008年京都大学在学中に『グッドモーニング』により当時女性では最年少の21歳で第13回中原中也賞を受賞した[3]

2009年4月に初の短編小説「スパークした」を『群像』に発表。「スパークした」は2009年の『年刊日本SF傑作選』に収録される。2009年9月から『別冊少年マガジン』で連載詩「空が分裂する」を開始する。毎回漫画家やイラストレーターが詩にイラストを描いている。2011年2月から『現代詩手帖』で連載詩「夜ちゃんと空くんの星をたべる会」を開始する。2011年5月に初の中編小説「宇宙以前」を『NOVA 書き下ろし日本SFコレクション』4巻に発表。また、連載詩「空が分裂する」が『別冊少年マガジン』2011年6月号で最終回を迎える。

2012年、第二詩集『空が分裂する』(講談社)上梓。2012年2月号から2013年10月号まで別冊少年マガジンで連載小説「魔法少女WEB」を連載。挿絵は紗和

2014年、第三詩集『死んでしまう系のぼくらに』(リトルモア)を上梓。詩集としては異例の3万部強の部数を記録し[4]、第33回現代詩花椿賞を受賞[5]

2016年、第四詩集『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(リトルモア)を上梓。翌2017年に『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』と題して石井裕也監督・脚本により映画化。また同年にフジテレビオンデマンドにて『死んでしまう系のぼくらに』『夜空はいつでも最高密度の青色だ』収録の詩を原作としたショートフィルム番組『さいはてれび』が配信され、山戸結希山田健人ら若手映像作家が演出を担当した。

人物編集

顔出しは一貫して行っておらず、写真撮影の際も後ろ姿だったり本で顔を隠したりといった状態で写る。「作品を、作者という存在を知るためのヒントとして見られることが好きではない[6]」という理由から、プロフィールも最低限のものしか公表していない。『ゴロウ・デラックス』(2019年2月28日放送分)に出演した際は、あみぐるみを代理というかたちでスタジオに置き、声のみで出演をした。

詩を使ったシューティングゲームを公開するなど、現代詩とメディアアートの融合をはかる試みをしている。

ペンネームには、特に意味はないとしている[7]。「タヒ」が「死」に見えることについては、名前を考えた頃、「死」を「タヒ」と崩して書くネットスラングはまだ存在しておらず、自分も気づかなかったと説明している[8]

著作編集

編集

単行本編集

  • グッドモーニング(第1詩集、2007年10月、思潮社ISBN 9784783730255、2017年2月、新潮文庫nex ISBN 9784101800899
  • 空が分裂する(第2詩集、2012年10月、講談社、ISBN 9784063648980 2015年9月、新潮文庫nex ISBN 9784101800462)
    • 空が分裂する(『別冊少年マガジン』2009年10月号から2011年6月号まで連載)
    • 花火、逝く(『文學界』2008年5月号)
    • 6個目の心臓(『真夜中リトルモア)』2008 Early Autumn、絵:山口智子
      • 三次元、二次元、そうしてポッケ
      • キッチンブレイク
      • デリカシー
      • ここにいる子
      • アンチヒューマン
    • きりとられた祝福(『真夜中』2010 Early Autumn)
      • 南へ
      • うたうたっていて逮捕される人
      • 夜は月
    • 夜空の体温、ぼくの気温(『真夜中』2011 Early Spring 真夜中のプラネタリウム)
      • ミッドナイト夜
      • ロンリネスロンドンルララ
      • 天国と、とてつもない暇
      • 月の心臓
    • リトルリトル/死後(『ユリイカ青土社)』2010年12月号)
      • リトルリトル
      • 死後
    • 冬の星の木の実(『apart my surround magazine vol.000』)
    • 夏襲来(『現代詩手帖』2012年3月号)
    • 滅び前(同上)
    • 50億(グラフィック:大楠孝太朗、『界遊005』 2011年3月号)
  • 死んでしまう系のぼくらに(第3詩集、2014年9月、リトルモアISBN 9784898153895
  • 夜空はいつでも最高密度の青色だ(第4詩集、2016年5月、リトルモア、ISBN 9784898154397
  • 愛の縫い目はここ(第5歌集、2017年7月、リトルモア)
  • 天国と、とてつもない暇(第6歌集、2018年10月、小学館

単行本未収録作品編集

  • 愛ちゃん(『現代詩手帖』2008年7月号)
  • 自転車泥棒(『詩のリレー(ふらんす堂)』2号)
  • 残念エートス(『界遊002』 2009年3月号)
  • BLINDNESS(『NEWTRAL』 5号)
  • start/好きだよ、主人公ちゃん(『ユリイカ』2011年7月増刊号涼宮ハルヒのユリイカ!)
    • start
    • 好きだよ、主人公ちゃん
  • 夜ちゃんと空くんの星を食べる会(現代詩手帖2011年3月号から連載)
    • 森の底までおちた星(2011年3月号)
    • 少年時代(2011年3月号)
    • 怪物(2011年4月号)
    • 嫌い(2011年4月号)
    • 日(2011年5月号)
    • アート(2011年5月号)
    • ぼくらの戦争(2011年6月号)
    • nai(2011年7月号)
    • END(2011年7月号)
    • にほんご(2011年8月号)
    • 時間(2011年8月号)
    • LOVE and PEACE(2011年9月号)
    • お絵かき(2011年9月号)
    • 自殺なんてしたら許さないよ。(2011年10月号)
    • 羽のように軽い(2011年11月号)
    • すてきな し(2012年1月号)
    • がんばれ!(2012年1月号)
    • 誕生日(2012年2月号)

小説編集

単行本編集

単行本未収録作編集

随筆編集

単行本編集

  • きみの言い訳は最高の芸術(河出書房新社、2016年10月)
  • もぐ∞(産業編集センター、2017年10月)

単行本未収録作編集

  • 星座戦国時代(『群像』2010年8月号)
  • 主人公ちゃん・キル・ミー(『新潮』2010年8月号)

共著編集

  • 大森靖子、最果タヒ『かけがえのないマグマ 大森靖子激白』毎日新聞出版(原著2016年1月30日)。ISBN 978-4620323510
  • 小浪次郎、最果タヒ『永永永永永永永遠遠遠遠遠遠遠』太田出版(「Quick Japan」、2016年2月 - 連載中)
  • 清川あさみ、最果タヒ『千年後の百人一首』リトルモア(2017年11月22日)

作詞編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集