メインメニューを開く

朝弁慶 大吉(あさべんけい だいきち、1989年2月12日 - )は、神奈川県平塚市出身で、高砂部屋に所属している現役大相撲力士。本名は酒井 泰伸(さかい やすのぶ)。身長190cm、体重199kg、血液型はA型。最高位は西十両7枚目(2016年7月場所)。

朝弁慶 大吉 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 朝酒井 → 朝弁慶
本名 酒井 泰伸
愛称 湘南の重戦車[1]
生年月日 (1989-02-12) 1989年2月12日(30歳)
出身 神奈川県平塚市
身長 190cm
体重 199kg
BMI 52.91
所属部屋 高砂部屋
得意技 押し・寄り
成績
現在の番付幕下13枚目
最高位 西十両7枚目
生涯戦歴 293勝253敗21休(74場所)
優勝 三段目優勝1回
データ
初土俵 2007年3月場所
趣味 映画鑑賞
備考
2019年7月19日現在

目次

来歴編集

平塚の中華料理店に生まれ、中学時代までは特にスポーツ歴が無かった。五領ヶ台高校入学後に大きな体を生かして柔道を始めて関東大会に出場し、柔道で大学への進学も決まっていたが、山下泰裕の後援を傾聴しに行った際に地元の高砂部屋後援会長声を掛けられてそのまま勧誘され、高校卒業直前に高砂親方(元大関・朝潮)が実家を訪れて話をしたことで高砂部屋入門を決意。後援会から勧誘された際は入門を断ったが、高砂から「柔道では飯を食えない。相撲で稼いで親孝行しさない」と説得されて入門に至ったという。[2]地元の平塚市は1994年から高砂部屋の夏合宿に利用される土地であり、その点でも酒井は縁があった[3]2007年3月場所で初土俵を踏んだ[4]。前相撲は二番出世。同期には土佐豊丹蔵天風らが居る。

入門当初は同部屋に横綱・朝青龍がいたため注目度は低く、また序ノ口でいきなり負け越すなどしたが着実に番付を上げていった。2009年5月場所から四股名を部屋の行司である4代木村朝之助が命名した「朝弁慶」と改めたが、この時に、当時まだ営業中だった実家の中華料理店(2013年1月に閉店)とライバル関係にある店の名前が「弁慶」であり、両親から叱られたという逸話がある[5]。前述のとおり夏合宿は故郷で行われるためその度に里帰りできることにはなっているが、平塚市出身者ということで部屋の力士達からはその分だけ厳しく稽古づけられた[3]

2010年11月場所で幕下昇進後は番付も一進一退がしばらく続き、2011年5月技量審査場所では腰を痛めて全休[6]と不調に苦しんだ時期もあったが、2013年以降は小幅な勝ち越しと負け越しを繰り返しつつも少しずつ自己最高位を更新し、2014年7月場所で十両目前の西幕下15枚目まで昇格。2015年に入ると、元ボディビルダーでスポーツジムでのインストラクター経験がある弟弟子の朝山端(現・朝鬼神)の入門に刺激を受け[7]、朝山端からトレーニングの指導を受けたことで体が変わり[8]、5月場所以降は幕下1桁台の番付で推移した。9月場所では西の筆頭で6勝を挙げ、幕下の優勝決定戦に進出(進出者8人)するもトーナメント1回戦で千代翔馬に敗れて幕下優勝はならなかった。場所後、新十両に昇進が決定した。高砂部屋からは2006年5月場所の皇牙以来約9年ぶり、神奈川県出身としては1993年3月場所の朝相洋(奇しくも旧・若松部屋の流れを汲んでいる現・高砂部屋の兄弟子である)以来22年ぶりの新十両となった[9]。新十両会見では「みんな首を長~くして待ってくれてたと思います。すごいうれしいっす。実感がわかず、緊張がすごいっす」とコメント。会見に同席した高砂は「あの時は悪いことばかり。みなさん(報道陣)に追いかけ回され、車も傷つけられ、俺の心も傷ついたけど、気分いいね。これからは笑顔だけでいきますよ」と不祥事で引退した同部屋の元横綱・朝青龍に言及しつつ報道陣の爆笑を誘った。[2][10]

十両では3場所目の2016年3月場所で初めて勝ち越し、続く5月場所では初めて二桁10番勝つなど、その地位に定着する兆しを見せていたものの、慢性化した腰や左膝の痛みに悩まされて[11]7月場所からは2場所連続の二桁黒星となり、同年11月場所では幕下に転落した。その後は幕下10枚目以内の番付で十両復帰を狙う場所が続いたが、2018年3月場所で西幕下3枚目で6勝1敗の好成績を挙げ、場所後の番付編成会議で翌5月場所での十両復帰が決定した[12]。十両復帰となった5月場所は、場所前に右膝を痛めた影響もあって初日から7連敗を喫するなど精細を欠いた。13日目の大翔鵬戦に敗れた際に右膝の状態をさらに悪化させ、「右膝離断性骨軟骨炎、半月板損傷で約4週間の加療を要する見込み」の診断書を提出して翌14日目から休場となった。場所成績は3勝11敗1休[13]。翌7月場所は幕下に陥落となったが、この場所を含めて2場所続けての全休となり、復帰した11月場所では三段目まで番付を落とした。この場所は4勝3敗と勝ち越した。膝の状態が癒えた2019年1月場所では十両経験者の地力を見せて三段目優勝を果たした。各段優勝の経験は自身初めてとなる。ベテラン力士が目立つこの場所の三段目を指して、2019年3月場所前の相撲雑誌は「角界の空洞化」と憂慮していた[14]

主な成績編集

2019年7月場所終了現在

通算成績編集

  • 通算成績:293勝253敗21休(74場所)
  • 十両成績:43勝61敗1休(7場所)

各段優勝編集

  • 三段目優勝:1回(2019年1月場所)

場所別成績編集

 
朝弁慶 大吉
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2007年
(平成19年)
x (前相撲) 西序ノ口26枚目
3–4 
西序ノ口19枚目
5–2 
西序二段101枚目
4–3 
東序二段76枚目
5–2 
2008年
(平成20年)
西序二段34枚目
4–3 
西序二段9枚目
2–5 
東序二段38枚目
4–3 
東序二段15枚目
5–2 
東三段目84枚目
2–5 
西序二段6枚目
3–4 
2009年
(平成21年)
東序二段31枚目
4–3 
東序二段10枚目
4–3 
西三段目89枚目
6–1 
東三段目33枚目
4–3 
西三段目20枚目
1–6 
東三段目54枚目
4–3 
2010年
(平成22年)
西三段目39枚目
3–4 
西三段目53枚目
3–4 
東三段目66枚目
5–2 
西三段目39枚目
4–3 
西三段目21枚目
6–1 
東幕下40枚目
1–6 
2011年
(平成23年)
西三段目16枚目
5–2 
八百長問題
により中止
東幕下54枚目
休場
0–1–6
東三段目29枚目
5–2 
西三段目3枚目
4–3 
東幕下56枚目
4–3 
2012年
(平成24年)
東幕下48枚目
3–4 
東幕下60枚目
2–5 
東三段目25枚目
5–2 
東幕下60枚目
4–3 
東幕下53枚目
5–2 
西幕下35枚目
3–4 
2013年
(平成25年)
西幕下43枚目
3–4 
西幕下51枚目
5–2 
東幕下31枚目
3–4 
西幕下41枚目
4–3 
東幕下34枚目
4–3 
東幕下27枚目
3–4 
2014年
(平成26年)
東幕下35枚目
5–2 
東幕下20枚目
3–4 
西幕下27枚目
5–2 
西幕下15枚目
3–4 
西幕下20枚目
4–3 
西幕下17枚目
3–4 
2015年
(平成27年)
東幕下25枚目
4–3 
西幕下21枚目
6–1 
東幕下7枚目
4–3 
東幕下5枚目
4–3 
西幕下筆頭
6–1[15] 
東十両9枚目
6–9 
2016年
(平成28年)
東十両11枚目
7–8 
東十両12枚目
8–7 
東十両11枚目
10–5 
西十両7枚目
5–10 
東十両11枚目
4–11 
西幕下3枚目
4–3 
2017年
(平成29年)
東幕下2枚目
3–4 
西幕下4枚目
3–4 
東幕下6枚目
3–4 
西幕下10枚目
4–3 
西幕下8枚目
4–3 
西幕下6枚目
6–1 
2018年
(平成30年)
東幕下2枚目
3–4 
西幕下3枚目
6–1 
西十両12枚目
3–11–1[16] 
東幕下4枚目
休場
0–0–7
東幕下45枚目
休場
0–0–7
西三段目25枚目
4–3 
2019年
(平成31年
/令和元年)
東三段目15枚目
優勝
7–0
西幕下13枚目
3–4 
西幕下18枚目
4–3 
東幕下13枚目
5–2 
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 朝酒井 泰伸(あささかい やすのぶ)2007年3月場所 - 2009年3月場所
  • 朝弁慶 恵成(あさべんけい けいせい)2009年5月場所 - 2012年3月場所
  • 朝弁慶 鬼丸(あさべんけい おにまる)2012年5月場所 - 2012年7月場所
  • 朝弁慶 恵成(あさべんけい けいせい)2012年9月場所 - 2012年11月場所
  • 朝弁慶 大吉(あさべんけい だいきち)2013年1月場所 -

脚注編集

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年1月号93頁
  2. ^ a b 朝弁慶が新十両「実感わかず、緊張すごいっす」 日刊スポーツ 2015年9月30日13時12分
  3. ^ a b 大空出版『相撲ファン』vol.06 p52-55
  4. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年8月号(名古屋場所総決算号) 83頁
  5. ^ 朝弁慶 湘南の重戦車 名門高砂部屋9年ぶり新関取 日刊スポーツ 2015年10月1日(2015年10月2日閲覧)
  6. ^ HYPER 高砂部屋 平成23年4月25日~平成23年5月22日
  7. ^ ベースボール・マガジン社刊 ゜相撲 2015年7月号(名古屋場所展望号) 80頁
  8. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p74-79
  9. ^ 新十両に朝弁慶 九州場所番付 入門8年「ちょっと長かった」 東京新聞 2015年9月30日(2015年10月2日閲覧)
  10. ^ 2015年の大相撲界、心に響いた「10の言葉」 東洋経済ONLINE 2015年12月29日
  11. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2016年12月号(九州場所総決算号) 88頁
  12. ^ “白鷹山と若隆景が新十両 大砂嵐らの引退を発表”. 日刊スポーツ. (2018年3月28日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201803280000231.html 2018年3月28日閲覧。 
  13. ^ 朝弁慶が右膝故障で休場 13日目大翔鵬戦で悪化日刊スポーツ
  14. ^ 『大相撲ジャーナル』2019年3月号 pp.57.
  15. ^ 8人による幕下優勝決定戦に進出(トーナメント形式の1回戦敗退)
  16. ^ 右膝離断性骨軟骨炎、半月板損傷で14日目から休場

関連項目編集

外部リンク編集