2023年の相撲(2023ねんのすもう)では、2023年令和5年)の相撲関連の出来事についてまとめる。

2022年-2023年-2024年

できごと編集

1月編集

  • 4日 - 【大相撲】日本相撲協会は、井筒(元関脇・豊ノ島)の退職を発表した[1]
  • 14日 - 【大相撲】元関脇・隠岐の海が現役を引退し、年寄「君ヶ濱」を襲名した[2]
  • 15日 - 【大相撲】1月場所で大関から関脇に陥落した正代が、中日のこの日に6敗目を喫したため、1月場所後に大関に復帰する可能性が消滅した[3]
  • 22日 - 【大相撲】1月場所はこの日に千秋楽を迎え、幕内では大関貴景勝が12勝3敗で13場所ぶり3度目の優勝を果たした[4]
  • 25日 - 【大相撲】日本相撲協会が3月場所の番付編成会議を開き、十両昇進力士と引退力士を発表した。新十両昇進が決定した落合は、昭和以降の最速記録を更新する所要1場所での十両昇進となった[5]
  • 26日 - 【大相撲】日本相撲協会が定例理事会を開き、以下のことを決定した[6]
  • 27日 - 【大相撲】十両・炎鵬が1月場所11日目の取組中に骨折した右眼窩底の手術を受けた[7]
  • 28日 - 【大相撲】両国国技館で、宮城野(元横綱・白鵬)の断髪式が挙行された[7]

競技結果編集

大相撲編集

本場所編集

一月場所(初場所)編集

国技館東京都)を会場に、2023年(令和5年)1月8日から1月22日までの15日間開催されている。番付発表は2022年(令和4年)12月26日[8]

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 貴景勝光信常盤山部屋 兵庫県芦屋市出身) - 12勝3敗(13場所ぶり3回目)
三賞 殊勲賞 該当者なし
敢闘賞 琴勝峰吉成佐渡ヶ嶽部屋 千葉県柏市出身) - 11勝4敗(初受賞)
技能賞 霧馬山鐵雄陸奥部屋  モンゴルドルノドゥ出身) - 11勝4敗(初受賞)
十両優勝 朝乃山広暉高砂部屋 富山県富山市出身) - 14勝1敗
幕下優勝 落合哲也宮城野部屋 鳥取県倉吉市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 魁禅拓海浅香山部屋 鹿児島県大島郡徳之島町出身) - 7戦全勝
序二段優勝 尊富士弥輝也伊勢ヶ濱部屋 青森県五所川原市出身) - 7戦全勝
序ノ口優勝 風の湖競押尾川部屋   モンゴルオブス出身) - 6勝1敗 ※優勝決定戦勝利

巡業編集

その他編集

昇格編集

新弟子検査合格者編集

四股名が太字の者は現役力士。最高位は引退力士のみ記載。
場所 人数 主な合格者 四股名 最高位 最終場所 備考
1月場所 8人[9] 落合哲也 落合哲也 (現役) 幕下15枚目格付出

引退編集

場所 人数 主な引退力士 最高位 初土俵 備考
1月場所 13人[10] 隠岐の海歩 関脇 2005年1月場所 年寄「君ヶ濱」襲名
引退相撲興行編集
断髪式編集
トーナメント大会編集
その他編集

アマチュア相撲編集

国内大会編集

予定編集

大相撲編集

本場所編集

三月場所(春場所・大阪場所)編集

エディオンアリーナ大阪(大阪府大阪市)を会場に、3月12日から3月26日までの15日間開催される。番付発表は2月26日[14]

五月場所(夏場所)編集

国技館(東京都)を会場に、5月14日から5月28日までの15日間開催される。番付発表は5月1日[14]

七月場所(名古屋場所)編集

ドルフィンズアリーナ(愛知県名古屋市)を会場に、7月9日から7月23日までの15日間開催される。番付発表は6月26日[14]

九月場所(秋場所)編集

国技館(東京都)を会場に、9月10日から9月24日までの15日間開催される。番付発表は8月28日[14]

十一月場所(九州場所)編集

福岡国際センター(福岡県福岡市)を会場に、11月12日から11月26日までの15日間開催される。番付発表は10月30日[14]

巡業編集

春巡業編集
夏巡業編集
引退相撲興行編集
断髪式編集

トーナメント大会編集

その他編集

アマチュア相撲編集

国内大会編集

国際大会編集

死去編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 元豊ノ島の井筒親方が退職 「親方ちゃんねる」出演など大相撲人気拡大に奮闘」『日刊スポーツ』、2023年1月4日。2023年1月4日閲覧。
  2. ^ 【速報】隠岐の海、引退へ 元関脇 隠岐の島町出身」『山陰中央新報』、2023年1月13日。2023年1月13日閲覧。
  3. ^ 正代6敗目喫し今場所の大関復帰消滅 右足のテーピング増も言葉なく状態は不明」『日刊スポーツ』、2023年1月15日。2023年1月20日閲覧。
  4. ^ 貴景勝3度目V 相星決戦で琴勝峰退ける 1横綱1大関の異例の場所で意地 来場所は綱とり」『日刊スポーツ』、2023年1月22日。2023年1月25日閲覧。
  5. ^ 落合、新十両昇進に新たな意欲「幕内優勝することで師匠を泣かせる」「夢だった横綱になりたい」」『日刊スポーツ』、2023年1月25日。2023年1月25日閲覧。
  6. ^ 元垣添の雷親方が入間川部屋継承、名称変え「雷部屋」62年ぶり復活 入間川親方4月定年」『日刊スポーツ』、2023年1月26日。2023年1月26日閲覧。
  7. ^ a b “炎鵬が右眼窩底骨折、27日に手術”. サンスポ. (2023年1月28日). https://www.sanspo.com/article/20230128-5J6TE2QR7ZIZBCNXFTG64LIEBQ/ 2023年1月29日閲覧。 
  8. ^ 【初場所新番付】先場所V争い高安関脇復帰 関脇若隆景の兄・若元春も小結に」『日刊スポーツ』、2022年12月26日。2023年1月4日閲覧。
  9. ^ 初場所の新弟子検査、8人全員合格 落合哲也ら」『日本経済新聞』、2023年1月8日。2023年1月9日閲覧。
  10. ^ 元関脇・隠岐の海ら13人の引退を発表 春場所番付編成会議」『日刊スポーツ』、2023年1月25日。2023年1月25日閲覧。
  11. ^ 元白鵬・宮城野親方の引退相撲 断髪式では巨人・原監督、YOSHIKI、松山千春らがはさみ」『スポーツ報知』、2023年1月28日。2023年1月28日閲覧。
  12. ^ 「平成の猛牛」元幕内豊響が断髪式…山科親方として「一人でも強い力士育てたい」」『読売新聞』、2023年1月29日。2023年1月29日閲覧。
  13. ^ 元日女子相撲が初開催 未経験含め140人参加」『サンケイスポーツ』、2023年1月1日。2023年1月6日閲覧。
  14. ^ a b c d e f 年間日程表 日本相撲協会公式サイト(2022年11月30日閲覧)
  15. ^ a b c d 令和5年 巡業スケジュール 日本相撲協会公式サイト(2023年1月21日閲覧)
  16. ^ 令和五年 春巡業 大相撲 岡崎場所 ぴあ(PR TIMES)
  17. ^ 【公式】大相撲 稲沢場所 令和五年 春巡業 4月5日(水)
  18. ^ 大相撲福井場所 福井テレビ
  19. ^ 来年4月に大相撲長野場所 幕内力士150人が参加予定 信濃毎日新聞
  20. ^ 2023年春巡業 第28回大相撲藤沢場所 開催のお知らせ 春巡業 大相撲藤沢場所(2022年11月30日閲覧)
  21. ^ 【公式】春巡業 大相撲町田場所 東京都町田市 町田市立総合体育館
  22. ^ 【公式】春巡業 大相撲横浜アリーナ場所 神奈川県横浜市 横浜アリーナ
  23. ^ 群馬・高崎市で大相撲巡業 23年4月に「高崎場所」開催 日本経済新聞
  24. ^ 令和五年 春巡業大相撲 成田場所 ぴあ(PR TIMES)
  25. ^ 大相撲川崎場所実行委員会
  26. ^ 大相撲神栖場所 | 大相撲 令和 五年度 春巡業
  27. ^ ファン待望 熱戦再び 来年8月に奥州場所 立浪親方(元旭豊)、市長を表敬(大相撲)」『胆江日日新聞』、2022年12月23日。2023年1月4日閲覧。
  28. ^ 鶴竜親方 断髪式は23年6月3日を予定 トークイベントで明かす 髪形はアプリで試す!?」『スポーツニッポン』、2022年5月17日。2022年11月30日閲覧。
  29. ^ 元関脇勢の春日山親方、6月4日に引退相撲「まげとの別れ。思い出に残る断髪式にしたい」」『日刊スポーツ』、2022年1月9日。2023年1月9日閲覧。
  30. ^ 隠岐の海が引退と年寄「君ケ浜」襲名会見「何年も自分の相撲、思い切った相撲が取れなかった」」『日刊スポーツ』、2022年1月14日。2023年1月14日閲覧。
  31. ^ 大会概要 日本大相撲トーナメント(2022年11月30日閲覧)
  32. ^ 第55回「NHK福祉大相撲」 来年2月4日(土曜)開催! チケット販売は11月20日(日曜)から。 NHK厚生文化事業団(2022年11月30日閲覧)
  33. ^ 白鵬杯2月12日に国技館で開催へ ウクライナなど6カ国以上招待 新たに「幼児の部」設置」『スポーツニッポン』、2023年1月19日。2023年1月20日閲覧。