メインメニューを開く

杉田俊介(すぎた しゅんすけ、1975年1月17日[1]- )は日本批評家

目次

経歴編集

神奈川県川崎市生まれ。法政大学大学院修士課程(日本文学専攻)修了後、川崎市のNPO法人で障害者サポートに従事しながら執筆活動を行う。

2004年、評論「ムラカミハルキ、レター」で第21回早稲田文学新人賞候補。有限責任事業組合フリーターズフリーの組合員として活動し、雑誌「ロスジェネ」にも寄稿するなど、2000年代(ゼロ年代)後半のいわゆるロスジェネ論壇の一翼を担った。雨宮処凛『生きさせろ!』『反撃カルチャー』等に登場する。非モテを自称。「性暴力についてのノート」では、かつての性暴力の被害と加害をカミングアウトしている。

2014年の『宮崎駿論』以降は、サブカルチャーポップカルチャーを文芸批評的な方法によって論じることが多くなった。

『フリーターにとって「自由」とは何か』は、チェルフィッチュの岡田利規の演劇『エンジョイ』(2006年12月に新国立劇場で初演)の原作となった(『エンジョイ・アワー・フリータイム』「あとがき」)。

批評家の大澤信亮は「21世紀の暫定名著」の一冊に『フリーターにとって「自由」とは何か』を選んでいる(「群像」2016年1月号)。

2017年よりすばるクリティーク賞選考委員。

2017年8月、『宮崎駿論』の中国語繁体字版(典藏藝術家庭股份有限公司)が台湾・香港などで刊行。

「すばる」2019年6月号より、長編評論「橋川文三とその浪曼」を連載中。

著作編集

  • 『フリーターにとって「自由」とは何か』人文書院、2005
  • 『無能力批評――労働と生存のエチカ』大月書店、2008
  • 宮崎駿論――神々と子どもたちの物語』NHK出版<NHKブックス>、2014
  • 長渕剛論――歌え、歌い殺される明日まで』毎日新聞出版、2016
  • 『非モテの品格 男にとって「弱さ」とは何か』集英社新書、2016 
  • 宇多田ヒカル論――世界の無限と交わる歌』毎日新聞出版、2017
  • 『ジョジョ論』作品社、2017
  • 『戦争と虚構』作品社、2017
  • 安彦良和の戦争と平和――ガンダム、マンガ、日本』中公新書ラクレ、2019

共著・編著編集

  • 『フリーターズフリー』01号、有限責任事業組合フリーターズフリー、2007
  • 『フリーター論争2.0』人文書院、2008
  • 『1995年――未了の問題圏』大月書店、2008
  • 『フリーターズフリー』02号、有限責任事業組合フリーターズフリー、2008
  • 『フェミニズムはだれのもの?――フリーターズフリー対談集』人文書院、2010
  • 『障害者介助の現場から考える生活と労働 ささやかな「介助者学」のこころみ』明石書店、2013
  • 『相模原障害者殺傷事件 優生思想とヘイトクライム』(立岩真也との共著)青土社、2016
  • 『東日本大震災後文学論』(限界研)南雲堂、2017[2]
  • 『百田尚樹をぜんぶ読む』(藤田直哉との連載対談)集英社新書プラス、2019

対談・座談等編集

  • 中島岳志・杉田俊介「〈1995年以後〉をどう捉え/生きるか」、「αシノドス」17号〜19号、2009
  • 市野川容孝・堀田義太郎・杉田俊介「「ケアの社会化」 の此/彼岸」、「現代思想」2009年2月号、青土社
  • 大澤信亮・杉田俊介「10年の対話」、「ロスジェネ」04、かもがわ出版、2010
  • 岡田利規・杉田俊介「僕たちにとって貧困とは何か」、「すばる」2010年11月号
  • 東浩紀インタビュー「批評を持続させるために」、「すばる」2015年2月号
  • 斎藤環・杉田俊介「境界線を生きる者たち」、「ユリイカ」2015年1月増刊号
  • 杉田俊介・藤田直哉矢野利裕「ブックガイド 近代日本の文芸批評を知るための40冊」、「すばる」2016年2月号
  • 佐々木敦×杉田俊介「当事者批評の可能性」、「クライテリア」、文学フリマ東京2016年11月23日
  • 安彦良和・杉田俊介「裏街道(サブカルチャー)からのまなざし」、「週刊読書人」2017年4月14日号
  • 熊谷晋一郎・杉田俊介「「障害者+健常者運動」最前線――あいだをつなぐ「言葉」」、「現代思想」2017年5月号
  • 松本俊彦・杉田俊介「取り残されているのはマジョリティ側の男性」、「週刊金曜日」2017年6月9日号

脚注編集

  1. ^ 『すばる』2016年7月執筆者紹介
  2. ^ 同書に原稿用紙200枚超の「高橋源一郎論――銀河系文学を超えて」を寄稿している。