メインメニューを開く

杏っ子』(あんずっこ)は、室生犀星長編小説である。1956年11月19日から1957年8月18日にかけて『東京新聞』夕刊で271回にわたって連載された。原稿用紙換算800枚。同年10月、新潮社から単行本が刊行された。

1958年読売文学賞を受賞した。

概要編集

著名な作家・平山平四郎と、その娘である杏子の人生を描いた小説。前半は私生児として生まれた平四郎が文学を志し、結婚して一児をもうけるところまでが描かれ、後半では成長した杏子が疎開先で知り合った男性と結婚し、家庭内暴力に見舞われて離婚するまでが描かれている。

映画編集

杏っ子
監督 成瀬巳喜男
脚本 田中澄江、成瀬巳喜男
原作 室生犀星
製作 清水雅[要出典]
出演者 香川京子
音楽 斎藤一郎
編集 大井英史
配給 東宝
公開   1958年5月13日
上映時間 110分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1958年5月13日に公開。製作、配給は東宝モノクロ。 

キャスト編集

スタッフ編集

同時上映編集

大笑い捕物帖

テレビドラマ編集

杏っ子
ジャンル 昼ドラ
原作 室生犀星
脚本 池田一朗
演出 蒲生順一
出演者 松村達雄
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1962年9月3日 - 同年12月7日
放送時間 平日13:00 - 13:20
放送枠 日本テレビ昼1時枠帯ドラマ
放送分 20分
回数 70
テンプレートを表示

1962年9月3日から同年12月7日まで日本テレビ系列の平日13:00 - 13:20(JST)に放送。全70回。

出演者編集

ほか

スタッフ編集

出典編集

外部リンク編集


日本テレビ 平日13:00 - 13:20枠
前番組 番組名 次番組
杏っ子