河美智子

1932-, 女優。本名は河口美智子。

河 美智子(かわ みちこ、1932年3月20日 - )は、大阪府出身の元女優[1][2]。本名は河口 美智子(かわぐち みちこ)。

かわ みちこ
河 美智子
本名 河口 美智子(かわぐち みちこ)
生年月日 (1932-03-20) 1932年3月20日(90歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
民族 日本人
職業女優
ジャンル 映画
活動期間 1951年 - 1966年
主な作品
若い樹
テンプレートを表示

来歴・人物編集

玉川学園高等部を卒業。

1951年東宝と専属契約を結び、1952年、『東京の恋人』で映画デビュー。以後、主に看護婦、女中、女工といった庶民的な役柄で出演。1966年、『バンコックの夜』を最後に引退した。

出演作品編集

  • 東京の恋人(1952年、東宝。千葉泰樹監督作品)- 小料理屋の女中
  • 安五郎出世(1953年、東宝。滝沢英輔監督作品)- お公
  • 次郎長三国志 第三部 次郎長と石松(1953年、東宝。マキノ雅弘監督作品)- 宿屋の女中
  • 花の中の娘たち(1953年、東宝。山本嘉次郎監督作品) - セツ子
  • 君死に給うことなかれ(1953年、東宝。丸山誠治監督作品)- 看護婦吉田
  • 赤線基地(1953年、東宝。谷口千吉監督作品)- 基地送迎バスの乗客
  • 次郎長三国志 第八部 東海一の暴れん坊(1954年、東宝。マキノ雅弘監督作品)- 宿屋の女中
  • 次郎長三国志 第九部 荒神山(1954年、東宝。マキノ雅弘監督作品)- 百姓の娘
  • 幽霊男(1954年、東宝。小田基義監督作品) - アナウンサー
  • わたしの凡てを(1954年、東宝。市川崑監督作品)- モデルクラブのスタッフ
  • 女性に関する十二章(1954年、東宝。市川崑監督作品)- 停留所の女
  • 花嫁候補(1955年、東宝。渡辺邦男監督作品)- 芸者豆太郎
  • 浮雲(1955年、東宝。成瀬巳喜男監督作品)
  • 男ありて(1955年、東宝。丸山誠治監督作品)- みち子の友達
  • 制服の乙女たち(1955年、東宝。青柳信雄監督作品)- 東好江
  • むっつり右門捕物帖 鬼面屋敷(1955年、東宝。山本嘉次郎監督作品)- お咲
  • 忘れじの人(1955年、東宝。杉江敏男監督作品)- みつ子
  • 驟雨(1956年、東宝。成瀬巳喜男監督作品)- 親子遠足の付き添い
  • へそくり社長(1956年、東宝。千葉泰樹監督作品)- 茂子(田代家の女中)
  • 続へそくり社長(1956年、東宝。千葉泰樹監督作品)- 茂子(田代家の女中)
  • 暗黒街(1956年、東宝。山本嘉次郎監督作品)- 喫茶店のウエイトレス
  • 若い樹(1956年、東宝。本多猪四郎監督作品)- 大畑春枝
  • 愛情の決算(1956年、東宝。佐分利信監督作品)- 佐田澄江
  • チエミの婦人靴(1956年、東宝。鈴木英夫監督作品)- 駅の女
  • 妻の心(1956年、東宝。成瀬巳喜男監督作品)- 芳子
  • 現代の欲望(1956年、東宝。丸山誠治監督作品)- 京子
  • 東京の人さようなら(1956年、東宝。本多猪四郎監督作品)- お咲
  • 囚人船(1956年、東宝。稲垣浩監督作品)- 見取りの少女
  • ある女の場合(1956年、東宝。瑞穂春海監督作品)- 看護婦
  • いで湯の姉妹(1956年、東宝。小田基義監督作品)- 弘子
  • 忘却の花びら(1957年、東宝。杉江敏男監督作品)- 正子
  • 続 御用聞き物語(1957年、東宝。丸林久信監督作品)- あさ子
  • 大番(1957年、東宝。千葉泰樹監督作品)- 女中
  • 三十六人の乗客(1957年、東宝。杉江敏男監督作品)- 笑子
  • 山鳩(1957年、東宝。丸山誠治監督作品)- 蓬莱館女中
  • あらくれ(1957年、東宝。成瀬巳喜男監督作品)- 農家の若い嫁
  • 女殺し油地獄(1957年、東宝。堀川弘通監督作品)- 河内屋の女中
  • その夜のひめごと(1957年、東宝。木村恵吾監督作品)- おくに
  • 初恋物語(1957年、東宝。丸山誠治監督作品)- 鴎屋の女中きよ
  • 愛情の都(1958年、東宝。杉江敏男監督作品)- ハル
  • 二人だけの橋(1958年、東宝。丸山誠治監督作品)- 石鹸工場の女工
  • 恋は異なもの味なもの(1958年、東宝。瑞穂春海監督作品)- 時子
  • 弥次喜多道中記(1958年、東宝。千葉泰樹監督作品)- 白子屋の女中
  • 杏っ子(1958年、東宝。成瀬巳喜男監督作品)- 杏子の友人
  • 太鼓た々いて笛吹いて(1958年、東宝。杉江敏男監督作品)- おもと
  • 結婚のすべて(1958年、東宝。岡本喜八監督作品)- サキ(垣内家の女中)
  • 大怪獣バラン(1958年、東宝。本多猪四郎監督作品)- 岩屋部落の住民
  • 若旦那は三代目(1958年、東宝。中村積監督作品)
  • こだまは呼んでいる(1959年、東宝。本多猪四郎監督作品)- 村の娘
  • 女ごころ(1959年、東宝。丸山誠治監督作品)- 美容師
  • おしゃべり奥様(1959年、東宝。青柳信雄監督作品)- 清水みや子
  • 狐と狸(1959年、東宝。千葉泰樹監督作品)- 上州屋の女中おきみ
  • 銀座のお姐ちゃん(1959年、東宝。杉江敏男監督作品)- セサ
  • 戦国群盗伝(1959年、東宝。杉江敏男監督作品)- 居酒屋の酌婦
  • 若い恋人たち(1959年、東宝。千葉泰樹監督作品)- とき(野崎家の女中)
  • 日本誕生(1959年、東宝。稲垣浩監督作品)
  • 女が階段を上がる時(1960年、東宝。成瀬巳喜男監督作品)- 美容師
  • 山のかなたに(1960年、東宝。須川栄三監督作品)- 山本マツ子
  • 珍品堂主人(1960年、東宝。豊田四郎監督作品)-
  • 若い素肌(1960年、東宝。川崎徹広監督作品)- はま
  • 羽織の大将(1960年、東宝。千葉泰樹監督作品)- 床屋の娘
  • 新・三等重役 当たるも八卦の巻(1960年、東宝。杉江敏男監督作品)- 女中
  • 接吻泥棒(1960年、東宝。川島雄三監督作品)- きみ(由紀家の女中)
  • がめつい奴(1960年、東宝。千葉泰樹監督作品)- のぶ
  • 独立愚連隊西へ(1960年、東宝。岡本喜八監督作品)- 慰安婦
  • 銀座の恋人たち(1961年、東宝。千葉泰樹監督作品)- 田代邦子
  • 用心棒(1961年、東宝=黒澤プロ。黒澤明監督作品)- 清兵衛一家の女郎
  • 香港の夜(1961年、東宝。千葉泰樹監督作品)- 近所の主婦
  • 大学の若大将(1961年、東宝。杉江敏男監督作品)- 田能久の女中
  • アッちゃんのベビーギャング(1961年、東宝。杉江敏男監督作品)- 峰子
  • 二人の息子(1961年、東宝。千葉泰樹監督作品)
  • ベビーギャングとお姐ちゃん(1961年、東宝。杉江敏男監督作品)- 峰子
  • 椿三十郎(1962年、東宝=黒澤プロ。黒澤明監督作品)- 腰元
  • 銀座の若大将(1962年、東宝。杉江敏男監督作品)- さだ( 田能久の女中)
  • 社長洋行記(1962年、東宝。杉江敏男監督作品)- 田中澄子(本田家の女中)
  • 続 社長洋行記(1962年、東宝。杉江敏男監督作品)- 田中澄子(本田家の女中)
  • 放浪記(1962年、宝塚映画。成瀬巳喜男監督作品)- お千代( 町工場の女工)
  • 続 社長漫遊記(1963年、東宝。杉江敏男監督作品)- 雲仙の女中
  • ホノルル・東京・香港(1963年、東宝。千葉泰樹監督作品)- 榮家の女中
  • 江分利満氏の優雅な生活(1963年、東宝。岡本喜八監督作品)- トンちゃん
  • 女の歴史(1963年、東宝。成瀬巳喜男監督作品)- 披露宴の参列者
  • 暁の合唱(1963年、宝塚映画。鈴木英夫監督作品)- 平田君江
  • 団地・七つの大罪(1964年、宝塚映画。千葉泰樹・筧正典共同監督作品)- 妊婦
  • 波影(1965年、東宝。豊田四郎監督作品)- 文子
  • 狸の大将(1965年、東宝。山本嘉次郎監督作品)- 観覧車の母
  • 血と砂(1965年、東宝=三船プロ。岡本喜八監督作品)- 慰安婦
  • 女の中にいる他人(1966年、東宝。成瀬巳喜男監督作品)- 小原雪子(出版社の社員)
  • バンコックの夜(1966年、東宝。千葉泰樹監督作品)- お手伝い春子

脚注編集

  1. ^ 『芸能人物事典 明治大正昭和』 日外アソシエーツ、1998年、163頁。
  2. ^ KINENOTE「河美智子」の項

外部リンク編集