東京女子医科大学病院

日本の東京都新宿区にある病院
学校法人東京女子医科大学 > 東京女子医科大学病院

東京女子医科大学病院 (とうきょうじょしいかだいがくびょういん)は、東京都新宿区河田町にある大学病院である。略称は、女子医大病院、TWMUH。東京女子医科大学河田町キャンパスに併設されている。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 東京女子医科大学病院
中央病棟 中央病棟
情報
英語名称 Tokyo Women's Medical University Hospital
前身 東京女医学校附属病院
東京女子医学専門学校病院
標榜診療科 内科、血液内科、リウマチ科、外科、心療内科、精神科、神経内科、脳神経外科、呼吸器内科、呼吸器外科、消化器外科、消化器内科、腎臓内科、循環器内科、心臓血管外科、小児科、小児外科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、内分泌内科、糖尿病内科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、歯科口腔外科、麻酔科、ペインクリニック内科、乳腺外科
許可病床数

1316床
一般病床:1270床


精神病床:46床
開設者 学校法人東京女子医科大学
管理者 田邉 一成(病院長)
開設年月日 1908年
所在地
162-8666
位置 北緯35度41分50秒
東経139度43分11秒
二次医療圏 区西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

歴史編集

診療部門編集

医療機関の指定等編集

  • 救急告示病院
  • 臨床研修指定病院
  • 臨床修練指定病院
  • 東京都災害拠点病院
  • エイズ診療拠点病院
  • 神経難病医療拠点病院
  • 治験拠点医療機関
  • 肝臓専門医療機関
  • 移植認定施設(心臓・小児心臓・腎臓・膵臓・肝臓・骨髄・末梢血幹細胞)
  • このほか、各種法令による指定・認定病院であるとともに、各学会の認定施設でもある。

交通アクセス編集

医療事故・不祥事編集

  • 2002年 - いわゆる「東京女子医大事件」。厚生労働省より「特定機能病院」の指定が取り消される。2007年に「特定機能病院」の再承認を受ける。
  • 2013年、麻酔薬『プロポフォール』を使用禁忌の小児に投与し、小児患者12名が死亡したことが判明した。特定機能病院の承認が取り消される[注釈 1]
  • 2014年脳腫瘍の再発の疑いで入院していた当時43歳の女性に対し、抗てんかん薬の一種である『ラミクタール』を、添付文書に記載されている使用量の16倍に当たる過度な薬剤処方を実施し、患者が死亡していたことが判明。病院は「適切な処方だった」として、過失を否定している[6]

労働問題・労働争議編集

  • 2020年6月11日 - 11日、東京女子医科大学団体交渉に臨んだ東京女子医科大学労働組合に対して、全職種の「今期の上半期賞与は支給しない」と回答した。今回のボーナスゼロ回答を受けて、全看護師(3病院合計)の5分の1にあたる約400人が退職の意向を示した。日本医療労働組合連合会の調査によると、夏季ボーナスについて回答した全国の医療機関338のうち、約3割が去年より支給額が下がった。ただし「ボーナスゼロ」は、東京女子医科大学のみであった[7]。7月31日付で病院側が教職員向けに通知した文書によると、理事会で夏季賞与は基本給の0.9カ月分で一旦決定した。「コロナ感染症拡大に伴う様々な心労・負荷に対する慰労を込めて」0.1カ月分を上乗せし、合計で1カ月分を支給することにした、として賞与を支給することに方針を転換した[8][9]
  • 2020年6月末 - 4月に入職した女性看護師(21歳)が、新型コロナウイルス感染症の感染が拡大していた2月末から3月始めに海外への卒業旅行をした3週間後、病院から無給での自宅待機や自費でのPCR検査を求められた。こうした対応の詳しい理由を説明してほしいと伝えたところ、「勤務態度が芳しくない」などとみなされ。6月末に解雇された。女性看護師は、東京女子医科大学看護専門学校卒業し、看護師国家試験を終え、卒業を待つだけだった2月27日、ロサンゼルスに卒業旅行に出かけた。専門学校で2月中旬に海外渡航は控えるように言われたが、3カ月前から計画していたこともあり出発。現地の友人宅に滞在し、3月5日に帰国。海外へ渡航したことは、3月下旬にあった病院からのアンケートに答えて伝えた。病院の寮に転居し、初出勤に備えていた3月31日夜、病院から電話で3週間の自宅待機を言い渡された。さらに自費(5万5千円)でPCR検査を受けるよう指示された。検査の結果は陰性。女性は4月23日から働き始めた。ところが5月に入り、病院から①海外渡航についての弁明書か始末書の提出②PCR検査の自費負担③自宅待機中は無給の3点を自宅待機解除の要件として同意するという内容の書面の提出を求められた。女性看護師によると、就職前に海外渡航した新人看護師は30人以上おり、病院側に対応をただす質問が相次いでいたという。女性看護師は5月末に同意書を提出。同時に、法的根拠などを丁寧に説明してほしいと伝えた。すると3日後、6月30日に雇用契約を終了するとの通知書が届いた。通知書には、「海外渡航したことやPCR検査代金の自己負担にかかわる同意書の提出までの経緯などに鑑み、勤務態度が芳しくないものと判断した」などと書かれていた。寮からの退去も命じられ、4年働けば免除されることになっていた看護専門学校在籍中の奨学金計108万円の返却も求められた。東京女子医大は朝日新聞の取材に対し「双方の弁護士間で折衝中の事案であり、コメントは控えさせていただく」(広報室)としている[10]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 4月30日に「特定機能病院」の承認取り消しを事実上決定していたが[2][3]、正式な処分決定は5月27日で6月1日付で取消しとなった[1]

出典編集

  1. ^ a b “特定機能病院、取り消し決定 東京女子医大・群馬大”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2015年5月28日)
  2. ^ a b 田内康介、上田雅文、井上怜(2015年5月1日). “特定機能病院、取り消し 東京女子医大と群馬大 厚労省、月内に”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  3. ^ a b “事故続発 群馬大と東京女子医大 特定機能病院、取り消し”. 東京新聞 (中日新聞社). (2015年5月1日)
  4. ^ 群大と東京女子医大、「特定機能病院」取り消し 読売新聞 2015年5月27日
  5. ^ “がん拠点の指定更新せず 厚労省”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2015年6月2日)
  6. ^ 東京女子医大病院 薬16倍投与、女性死亡…14年 毎日新聞 2016年7月24日
  7. ^ 岩澤 倫彦 (2020年7月16日). “東京女子医大病院「400人退職」の裏にある混沌 医療スタッフのボーナスをカットした本当の訳”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). https://toyokeizai.net/articles/-/363372 2020年9月4日閲覧。 
  8. ^ 東京女子医大、一転してボーナス支給へ 基本給1カ月分”. 朝日新聞 2020年8月1日 16時15分. 2020年8月4日閲覧。
  9. ^ 「文春オンライン」特集班 (2020年8月1日). “東京女子医大「夏の賞与1カ月分」支給決定 コロナ担当看護師「嬉しさはない」【内部文書を入手】”. 文春オンライン (文藝春秋). https://bunshun.jp/articles/-/39441 2020年9月4日閲覧。 
  10. ^ 渡航後に無給待機→説明求めた看護師解雇 東京女子医大”. 朝日新聞 2020年7月18日 10時49分. 2020年8月4日閲覧。

外部リンク編集