東彼杵町立音琴小学校

東彼杵町立音琴小学校(ひがしそのぎちょうりつ ねごとしょうがっこう、Higashisonogi Town Negoto Elementary School)は、長崎県東彼杵郡東彼杵町大音琴(おおねごと)郷にあった公立小学校

東彼杵町立音琴小学校
過去の名称 彼杵小学校音琴分校
蔵本小学校音琴分校
公立中等彼杵小学校大楠分校
尋常彼杵小学校音琴分校
音琴尋常小学校
彼杵尋常高等小学校音琴分教場
彼杵町国民学校音琴分教場
彼杵町立彼杵小学校音琴分校
彼杵町立音琴小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 東彼杵町
設立年月日 1877年(明治10年)
閉校年月日 2016年(平成28年)3月31日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 859-3811
長崎県東彼杵郡東彼杵町大音琴郷1621番地

北緯33度3分30.3秒 東経129度53分40.8秒 / 北緯33.058417度 東経129.894667度 / 33.058417; 129.894667座標: 北緯33度3分30.3秒 東経129度53分40.8秒 / 北緯33.058417度 東経129.894667度 / 33.058417; 129.894667
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

2016年(平成28年)3月末に閉校し、東彼杵町立彼杵小学校へ統合された。

概要編集

歴史
1877年明治10年)創立。2012年平成24年)に創立135周年を迎えた。
学校教育目標
「夢や希望の実現に向けて、見通しを持ち自立できる児童の育成」
校章
中央に校名の「音小」の文字(縦書き)を置いている。
校歌
1960年(昭和25年)7月に制定。作詞は堀池正夫、作曲は深町一郎による。歌詞は3番まであり、3番に校名の「音琴」が登場する。
校区
住所表記で「長崎県東彼杵郡東彼杵町」の後に「小音琴郷、浦郷、大音琴郷、口木田郷」が続く地区。中学校区は東彼杵町立彼杵中学校

沿革編集

  • 1877年明治10年)- 大音琴郷浜田に「彼杵小学校 音琴分校」が設置される。
  • 1878年(明治11年)7月22日 - 郡制の施行により、彼杵郡が東西に分割され、東彼杵郡に属することとなる。
  • 1880年(明治13年)12月 -「 蔵本小学校 音琴分校」に改称。
  • 1881年(明治14年)5月 - 「公立中等彼杵小学校 音琴分校」に改称。
  • 1886年(明治19年)
    • 5月 -「尋常彼杵小学校 音琴分校」に改称。
    • 9月 - 大村(現・大村市立大村小学校前)に「長崎県第十一高等小学校」が設置される。
  • 1889年(明治22年)4月 - 町村制の施行により、彼杵村立の小学校となる。
  • 1892年(明治25年)
    • 9月 - 長崎県第十一高等小学校が廃止される。
    • 12月 - 「彼杵尋常高等小学校 音琴分校」に改称。
  • 1897年(明治30年)7月 – 鉄道敷設のため、学校敷地のうち2坪を譲る。
  • 1902年(明治35年)12月23日 - 現在の校地が寄贈される。
  • 1903年(明治36年)10月 - 彼杵尋常高等小学校から分離し、「音琴尋常小学校」として独立。同月26日に新校舎で授業を開始。
  • 1908年(明治41年)4月 - 小学校令の改正により、義務教育年限(尋常科の修業年限)が4年から6年に延長されたため、尋常科5年を新設。
  • 1909年(明治42年)4月 - 尋常科6年を新設。
  • 1913年(大正2年)4月 - 統合により「彼杵尋常高等小学校 音琴分教場」となる。
  • 1923年(大正12年)7月 - 彼杵農業補習学校音琴分教場が併置される。
  • 1925年(大正14年)3月22日 - 彼杵農業補習学校に商業科が加えられたため、「彼杵実業補習学校 音琴分教場」に改称。
  • 1926年(大正15年)7月 - 実業補習学校が青年訓練所として認定される。
  • 1935年(昭和10年)6月1日 - 青年学校令の施行により、実業補習学校分教場が「彼杵青年学校音琴分教場」に改称。
  • 1940年(昭和15年)11月3日 - 彼杵村が町制施行により彼杵町となる。これに伴い彼杵町立の小学校となる。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令の施行により、「彼杵町国民学校 音琴分教場」に改称。尋常科を初等科に改める(初等科6年)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)により「彼杵町立彼杵小学校 音琴分校」となる。
  • 1950年(昭和25年)
    • 3月- 2教室が完成。
    • 4月1日 - 彼杵小学校から独立し、「彼杵町立音琴小学校」として独立。
    • 7月 - 本館・付属施設が完成。
    • 11月5日 - 独立を記念して造林を行う。
  • 1952年(昭和27年)1月 - 運動場を整備。
  • 1958年(昭和33年)8月 - 渡り廊下を設置。
  • 1959年(昭和34年)5月1日 - 彼杵町と千綿村が合併し東彼杵町が発足。これに伴い「東彼杵町立音琴小学校」(現校名)に改称。
  • 1960年(昭和35年)
    • 4月 - 児童数が最大の164名(6学級)を記録。
    • 7月 - 校歌を制定。
  • 1962年(昭和37年)5月 - 放送室が完成。運動場を拡張。
  • 1965年(昭和40年)3月 - 校門を設置。
  • 1966年(昭和41年)5月 - 簡易水道を導入。
  • 1967年(昭和42年)3月 - 給食を開始。
  • 1970年(昭和45年)6月 - 校旗を制定。
  • 1974年(昭和49年)3月 - 屋内運動場(体育館)が完成。
  • 1986年(昭和61年)3月 - 新校舎が完成。運動場を整備。
  • 1990年(平成2年)7月 – プールが完成。
  • 1992年(平成4年)3月 - 運動場を整備。
  • 2016年(平成28年)3月31日 - 東彼杵町立彼杵小学校への統合に伴い、閉校。

跡地の活用編集

跡地に「ながさき東そのぎ子どもの村小学校」が2019年(平成31年)4月1日に開校し、翌2020年、中学校が開校した。

アクセス編集

最寄りのバス停
最寄りの国道・県道

周辺編集

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 「東彼杵町誌 水と緑と道」巻(1999年(平成11年)11月1日、東彼杵町教育委員会)p.1064 -(明治から昭和初期)
  • 「東彼杵町誌 水と緑と道」巻(1999年(平成11年)11月1日、東彼杵町教育委員会)p.228 - (戦後から現在)

関連事項編集

外部リンク編集