メインメニューを開く

松原 良香(まつばら よしか、男性、1974年8月19日 - )は、静岡県浜松市出身の元サッカー選手、サッカー指導者、解説者、実業家。Jリーグ選手OB会副会長。元サッカー選手の松原真也は兄、サッカー選手の松原后は甥(真也の息子)。

松原 良香 Football pictogram.svg
松原良香wiki.jpg
名前
カタカナ マツバラ ヨシカ
ラテン文字 MATSUBARA Yoshika
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1974-08-19) 1974年8月19日(45歳)
出身地 静岡県浜松市
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW
ユース
東海大一高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993 ペニャロール
1994-1998 ジュビロ磐田 33 (10)
1996 清水エスパルス (loan) 13 (3)
1997 ジェフユナイテッド市原 (loan) 25 (8)
1999 リエカ 2 (0)
1999 ドレモン 5 (0)
2000 湘南ベルマーレ 35 (12)
2001 プログレッソ
2001 アビスパ福岡 (loan) 8 (0)
2002 デフェンソール
2003-2004 沖縄かりゆしFC
2004-2005 静岡FC
監督歴
2005 静岡FC
2015 SC相模原
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

プロ入り前編集

プロサッカー選手となる3歳年上の兄・真也にあこがれ小学校3年生よりサッカーを始める。真也は高校2年生の時にアルゼンチンに渡り、プロ契約を果たした[1]。その影響を受け、自らもアルゼンチン行きを周囲に相談するが反対され断念。

東海大一高校の同学年には伊東輝悦白井博幸がいる[2]。高校卒業後、特待生として阪南大学に進んだが、3日間で辞めて静岡に戻る[3][2][4][5]。世代別日本代表コーチとして面識があったヤマハ発動機(のちのジュビロ磐田)の山本昌邦から連絡を受け、海外に挑戦することを勧められる[5]。帰国後はジュビロ磐田でプレーするという約束を交わした上で、山本に紹介されたウルグアイCAペニャロールにてプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせる[5]

プロ入り後編集

CAペニャロールには1993年4月から12月まで在籍し、トップチームのひとつ下のカテゴリーに所属した[5]。帰国後は同年よりJリーグに参入したジュビロ磐田に加入。FWには中山雅史サルヴァトーレ・スキラッチがおり、松原はスーパーサブとして起用された[6]。1年目は18試合に出場し、チーム内ではスキラッチに次ぐ7ゴールを記録した[7]

磐田監督のハンス・オフトと折り合いが悪く[8]、1996年は清水エスパルス、1997年はジェフユナイテッド市原でプレー。1998年に磐田に復帰したが、1度も出場機会が訪れないままシーズンを終えた。

1999年はプルヴァHNL(クロアチア1部)のNKリエカに移籍[9]。チームメイトには財前宣之がいた。移籍にまつわる手続きに時間がかかり、実際に試合に出場できるようになったのは4月ごろからだった[9]。移籍先を探してスイスやドイツを転々とし[9][10][11]、10月にスイス・スーパーリーグ(スイス1部)のSRドレモンに加わり、年末まで在籍した[11]

2000年、日本に戻りJリーグ ディビジョン2湘南ベルマーレに加入。前園真聖は「自分の年俸を削って構わない。だから松原を獲得してくれ」とクラブのフロントに懇願したと語る[12]。松原はこの年のリーグ戦でチーム最多の12点をあげた[13]

2001年、ウルグアイのCAプログレッソから1年間の期限付き移籍という形でアビスパ福岡に加入[14][15]

2002年には代理人からの紹介によりウルグアイのデフェンソール・スポルティングに渡ったが、すでに同クラブでは外国人枠が埋まっており登録できなかった[16]。同年後半はブラジルのクラブで練習に参加していた[16]

2003年、加藤久が監督を務める九州サッカーリーグ所属の沖縄かりゆしFCに加入、主将を任された[17]。メインスポンサーの撤退を受けて同クラブの全所属選手が退団するなか、松原も2004年11月に全国地域リーグ決勝大会を間近に控えた静岡FCに移籍[17][18][19]。 2005年は静岡FCで選手兼任監督を務めた[20]

引退後編集

2005年にFELICEサッカースクールを開校[21]。2009年にFELICE MONDO株式会社、2017年に一般社団法人FELICEスポーツクラブを設立し、それらの代表を務めている[21]。 現在Uー15は千葉県1部で奮闘中

2009年から2015年までは暁星国際学園アストラインターナショナルコースゼネラルマネージャーを務めた[21]

2015年11月、SC相模原の監督に就任した[22]J3リーグ残り3戦での監督就任で2勝1分けの好成績を残すも2015年シーズン限りで退任。

2016年4月より、筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ健康システム・マネジメント専攻に在学。

エピソード編集

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ウルグアイ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
1993 ペニャロール ウルグアイリーグ
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1994 磐田 - J 18 7 0 0 0 0 18 7
1995 15 3 - 2 0 17 3
1996 清水 13 3 3 0 0 0 16 3
1997 市原 9 25 8 7 3 2 0 34 11
1998 磐田 26 0 0 0 0 0 0 0 0
クロアチア リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
1998-99 リエカ プルヴァHNL 2 0
スイス リーグ戦 スイス杯オープン杯 期間通算
1999-00 ドレモン スーパーリーグ 5 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2000 湘南 17 J2 35 12 2 1 3 0 40 13
ウルグアイ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2001 CAプログレッソ ウルグアイリーグ
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2001 福岡 37 J1 8 0 4 0 0 0 12 0
ウルグアイ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2002 デフェンソール ウルグアイリーグ
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2003 沖縄かりゆし 9 九州 20 11 - 2 1 22 12
2004 - -
静岡 東海1部 -
2005 -
通算 ウルグアイ ウルグアイリーグ
日本 J1 79 21 14 3 4 0 97 24
日本 J2 35 12 2 1 3 0 40 13
日本 東海1部 -
日本 九州 -
クロアチア プルヴァHNL 2 0
スイス スーパーリーグ 5 0
総通算

代表歴編集

  • 1990年 U-17日本代表
  • 1993年 U-20日本代表
  • 1994年 U-21日本代表
  • 1995年 U-22日本代表
  • 1996年 U-23日本代表:アトランタ五輪代表

指導者歴編集

JFA公認ライセンス取得歴編集

  • 2005年 JFA公認C級ライセンス取得
  • 2005年 JFA公認B級ライセンス取得
  • 2008年 JFA公認A級ライセンス取得
  • 2010年 JFA公認S級ライセンス取得
  • 2012年 JFA公認A級U-12ライセンス取得

メディア出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

コラム連載編集

  • サッカー人
  • マノアマノ

講演実績編集

  • ジュニア育成地域推進事業 品川区サッカージュニアユース強化教室
  • 港区 若年公務員対象 勉強会

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 松原良香コラム「サッカー人」
  2. ^ a b 田崎健太 (2015年9月11日). “第95回 落ちこぼれ寸前の若き日々 〜松原良香Vol.3〜”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2018年10月1日閲覧。
  3. ^ 森 大樹 (2015年10月19日). ““奇跡”を経験した松原良香。セカンドキャリアはサッカーへ恩返しをするために。”. AZrena. 2018年10月1日閲覧。
  4. ^ 田崎健太 (2015年9月11日). “第95回 落ちこぼれ寸前の若き日々 〜松原良香Vol.3〜”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2018年10月1日閲覧。
  5. ^ a b c d 田崎健太 (2015年10月9日). “第96回 山本昌邦の導き 〜松原良香Vol.4〜”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2018年10月1日閲覧。
  6. ^ 田崎健太 (2015年11月13日). “第97回 スキラッチ、ドゥンガの凄さ 松原良香Vol.5”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2018年10月1日閲覧。
  7. ^ 田崎健太 (2015年12月11日). “第98回 世界を見据えた五輪予選 ~松原良香Vol.6~”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2018年10月1日閲覧。
  8. ^ 田崎健太 (2015年12月11日). “第98回 世界を見据えた五輪予選 ~松原良香Vol.6~”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2018年10月1日閲覧。
  9. ^ a b c 田崎健太 (2016年3月11日). “第101回 躓きの始まり ~松原良香Vol.9~”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2018年10月1日閲覧。
  10. ^ 田崎健太 (2016年4月8日). “第102回 代理人とのすれ違い ~松原良香Vol.10~”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2018年10月1日閲覧。
  11. ^ a b 田崎健太 (2016年5月13日). “第103回 移籍とはタイミングや巡り合わせ ~松原良香Vol.11~”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2018年10月1日閲覧。
  12. ^ “【前園連載20】「J2湘南はヤバイ」だから松原を推薦した”. 東スポweb. (2014年5月11日). https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/special/264708/ 2018年10月1日閲覧。 
  13. ^ 選手出場記録 湘南ベルマーレ 2000Jリーグ ディビジョン2”. Jリーグ. 2018年10月1日閲覧。
  14. ^ 新加入選手のお知らせ(2/21) - ウェイバックマシン(2001年10月20日アーカイブ分) アビスパ福岡 (2001年2月21日)
  15. ^ “FW松原「点取れる」 開幕スタメンも アビスパ入団会見 「DFに威圧感与えたい」”. 西日本スポーツ. (2001年2月23日). オリジナルの2004年12月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20041229153606/http://www.nishinippon.co.jp:80/nishispo/avispa/bn/01kiji/0102-2kiji.html#006 2018年10月1日閲覧。 
  16. ^ a b 田崎健太 (2015年7月10日). “第93回 ブラジルの小さなクラブでの出会い 〜松原良香Vol.1〜”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2018年10月1日閲覧。
  17. ^ a b スポンサー撤退説明なし 退団選手ら不満訴え かりゆしFC - ウェイバックマシン(2004年12月4日アーカイブ分) 琉球新報 (2004年9月14日)
  18. ^ 11人の移籍発表 沖縄かりゆしFC - ウェイバックマシン(2004年12月11日アーカイブ分) 琉球新報 (2004年10月31日)
  19. ^ 新加入選手11名の紹介 - ウェイバックマシン(2005年2月5日アーカイブ分) 静岡FC (2004年11月1日)
  20. ^ 田崎健太 (2016年10月14日). “第108回 順調だったセカンドキャリア…… ~松原良香Vol.16~”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2018年10月1日閲覧。
  21. ^ a b c FELICEについて”. 一般社団法人 FELICEスポーツクラブ. 2018年10月1日閲覧。
  22. ^ 辛島監督退任および松原新監督就任のお知らせ”. SC相模原 (2015年11月3日). 2016年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月3日閲覧。
  23. ^ 松原良香コラム「サッカー人」第55回 ディエゴ・マラドーナさん
  24. ^ 松原良香コラム「サッカー人」第70回 松原真也さん
  25. ^ 松原良香 欧州サッカー探訪記~2つのファイナルを巡り歩く~

外部リンク編集