松浦隆一

日本の将棋棋士

松浦 隆一(まつうら りゅういち、1951年12月24日 - )は、将棋棋士丸田祐三九段門下。棋士番号は132。2011年6月10日引退東京都台東区出身。

 松浦隆一 七段
名前 松浦隆一
生年月日 (1951-12-24) 1951年12月24日(68歳)
プロ入り年月日 1977年2月4日(25歳)
棋士番号 132
出身地 東京都台東区
師匠 丸田祐三九段
段位 七段
戦績
2015年3月20日現在
テンプレートを表示

棋歴編集

東京の下町で育ち、高校選手権戦に出場していた開成高校2年生のときに、腕試しで奨励会試験を受け、4級で仮入会[1]

プロ入り(四段)は1977年2月4日であるが、1976年に新人王戦の1回戦 - 3回戦で勝利。

第21期(1980年度)王位戦でリーグ入り。中原誠名人から金星を挙げ、破竹の勢いの谷川浩司六段にも勝利するが、2勝3敗でリーグから陥落する。

1982年度は39対局・21勝・勝率0.538、1984年度は42対局・23勝・勝率0.548の好成績を挙げる。

竜王戦では第1期から5組であったが、第11期に6組に降級。しかし、翌期(第12期、1999年度)の6組で準優勝し、5組に復帰した。第18期以降は再び6組に在籍した。

順位戦では、初参加からC級2組で昇級も降級点もない状態が長く続いたが、21期目(第57期=1998年度)から3期連続で降級点を喫したため2001年度からフリークラスに編入。10年間の在籍期間を満了した時点の最終対局(2011年6月10日・第24期竜王戦昇級者決定戦2回戦・対伊藤真吾四段)に敗れ、引退となった[2]

棋風編集

振り飛車も指すが、基本的には居飛車党で、矢倉の将棋が多い。玉を深く囲う前に戦うことが多い棋風である。

人物編集

夫人は上海生まれの元・中国人で、結婚していたことを長く秘密にしていたこともあり、それが明らかになったときは棋士達の間で大騒ぎになった[1]

  • 1982年から1989年の長きに渡って関東奨励会の幹事を務めた。
  • 東京大学の合格者数が多いことで知られる開成高校を卒業している。[3]

昇段履歴編集

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

主な成績編集

通算成績編集

881対局 361勝520敗 勝率0.4098

棋戦本戦出場歴編集

1977年度
1978年度
1980年度
  • 第21期王位戦(上述、2勝3敗で紅組リーグ陥落)
  • 第14回早指し戦(1回戦で大島映二に勝ち、2回戦で大内延介に敗れる。)
1981年度
  • 第15回早指し戦(1回戦で宮坂幸雄に敗れる。)
  • 第5回勝ち抜き戦(1回戦で勝浦修に敗れる。)
1983年度
1984年度
1986年度
1987年度
  • 第10回勝ち抜き戦(1回戦で石田和雄に敗れる。)
1991年度
  • 第41回NHK杯(1回戦で大内延介に敗れる。)
2000年度

在籍クラス編集

  • 竜王戦 自己最高5組
  • 順位戦 自己最高C級2組

表彰等編集

  • 2001年 現役勤続25年表彰

脚注編集

  1. ^ a b 将棋世界」2000年1月号付録
  2. ^ 松浦隆一七段が引退|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月26日閲覧。
  3. ^ 「勝ち将棋鬼のごとし」p177、河口俊彦(1982)

関連項目編集

外部リンク編集