松田 沙紀(まつだ さき、1980年[1]11月18日[2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組の娘役[2][3]

まつだ さき
松田 沙紀
別名義 咲花 杏(旧芸名)
生年月日 (1980-11-18) 1980年11月18日(40歳)
出生地 京都府京都市
身長 160cm
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 2001年 -
活動内容 2001年:宝塚歌劇団入団、宙組配属
2007年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
配偶者 瀬川亮
事務所 フリー
主な作品
ドラマ
夏の秘密
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

京都府京都市[2]京都外大西高等学校出身[2]。身長160cm[2]。愛称は「さき」、「あんこ」、「さきあん」[2]。宝塚歌劇団時代の芸名は咲花杏(さきはな・あん)[2]

来歴編集

1999年、宝塚音楽学校入学。

2001年、宝塚歌劇団に87期生として入団。宙組公演「ベルサイユのばら2001」で咲花杏として初舞台[2]。その後、宙組に配属。

2005年の「ホテル ステラマリス」で新人公演初ヒロイン[3]

2007年2月12日、貴城けい紫城るいトップコンビ大劇場お披露目であり退団公演でもある「維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[4]

退団後は松田沙紀と改名し、芸能活動を再開。

2012年に俳優の瀬川亮と結婚し、2014年に第一子となる男児を出産している[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

初舞台編集

宙組時代編集

出演イベント編集

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

舞台編集

  • 歌謡シアター『ラムネ』〜木綿のハンカチーフ編〜(2008年3月、新宿FACE)しおり 役
  • バッド・アフタヌーン〜独立弁護士のやむを得ぬ嘘〜(2011年8月、赤坂RED/THEATER)
  • ミュージカル黒執事 -The Most Beautiful DEATH in The World- 千の魂と堕ちた死神(2013年6月、赤坂Actシアター、ほか) - メイリン 役

ドラマ編集

映画編集

CM編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b 瀬川亮&松田沙紀に第1子男児誕生「スーパームーンベイビー」 スポニチAnnex。
  2. ^ a b c d e f g h 『宝塚おとめ 2006年度版』 阪急コミュニケーションズ、2006年、151頁。ISBN 4-484-06504-5
  3. ^ a b c d 宙組 咲花杏 ENAK。
  4. ^ 『2007年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2008年、81頁。ISBN 978-4-484-08502-9

参考文献編集

  • 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク編集