貴城けい

日本の女優

貴城 けい(たかしろ - 、1974年5月22日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組トップスター。オスカープロモーション所属。夫は元歌舞伎俳優で現在は新派の俳優の二代目 喜多村緑郎[2]。身長170cm[1]血液型はO型[1]東京都出身[1]

たかしろ けい
貴城 けい
生年月日 (1974-05-22) 1974年5月22日(47歳)
出生地 日本の旗東京都
血液型 O
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1992年 -
活動内容 1992年宝塚歌劇団入団
1993年雪組に配属
2004年:宝塚90周年の一環として星組月組に特別出演する
2006年宙組トップスター就任
2007年:宝塚歌劇団退団、以降女優として活躍。
配偶者 二代目 喜多村緑郎
著名な家族 姉:都々城あい(宝塚歌劇団77期生
主な作品
宝塚歌劇
維新回天・竜馬伝!
コパカバーナ
舞台
サイド・ショウ
受賞

宝塚歌劇団年度賞』 2001年度努力賞(2002年) 2004年度努力賞(2005年)

阪急すみれ会パンジー賞』2006年度男役賞
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

来歴編集

中学3年生の1年間に歌とダンスのレッスンに通い、中学卒業時に宝塚音楽学校に合格。

1992年78期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は40人中15番[3]。『この恋は雲の涯まで[3]』で初舞台。

1993年1月9日[3]雪組に配属。当時のトップスターだった一路真輝のもとで経験を積む。1995年の『JFK』新人公演でカストロ役、1996年の『エリザベート』初演の新人公演でルドルフ役(本公演でジュラ役)を経て、1997年の『仮面のロマネスク』新人公演で初主演。1年先輩の安蘭けいと共に次世代の雪組を担う人材として注目され、また同期で花組に配属された瀬奈じゅん、月組に配属された大空祐飛より早く新人公演主演を果たす。

2002年、雪組のトップスターに朝海ひかるが昇格するに伴い、2番手となる。初舞台も組回りも雪組で、雪組しか経験したことのない生粋の雪組育ちだったが、2004年の2番手特別出演期間には、星組・月組に連続出演を果たし、その間宝塚OG達による梅田コマ劇場公演「新版桜吹雪狸御殿」にも外部出演。

2006年、宙組に組替え。7月に宙組トップスターに就任。相手役には紫城るいを迎える。お披露目公演は同年8月の博多座公演『COPACABANA』。大劇場お披露目は、維新の英雄坂本龍馬を題材にした『維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック』。また、この公演が退団公演でもあり、ショー『ザ・クラシック』では宙組生のアドリブで「I love カシさん(貴城の愛称)」などというセリフや歌詞がふんだんに盛り込まれていた。

2007年2月12日[3]、東京公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団。相手役の紫城も同時退団だった。同年4月1日よりオスカープロモーションに所属し、女優としての活動をスタートさせた。退団後はミュージカルストレートプレイ朗読劇・ショー等、多岐にわたる分野で舞台を中心に精力的に活動。

2010年4月に日本初演となったブロードウェイ・ミュージカル『サイド・ショウ』では、実在した「結合双生児デイジー&ヴァイオレット・ヒルトン姉妹」の数奇な運命をデイジー役の樹里咲穂とともに演じ、『代表作を確立した』との評価を受ける。同作品は、直後の2010年6月10日にダイジェスト版とも言えるミュージカル・ライブが上演された。2009年から2010年に掛けては、映画・TVドラマへと活動の場所を広げる。

2011年芸能生活20周年には、主演舞台2作、ライブ、CDリリース等が行われた。本人がインタビューで運命的な役であり作品と語った『サイドショウ』の再演も叶ったが、東京公演の千秋楽において20年の舞台人生初の休演(急性肺炎による)により、公演自体も中止になるという事態になった(大阪公演は1役を2名で分けて行う異例な代役で公演が行われた)。同年夏、「王様と私」にアンナ役での出演の制作発表が、病気療養による欠席の中行われたが、その後体調不安を理由に早々に降板が発表される。

2011年10月10日の休演以降、1ヶ月入院、2012年4月に大阪・新歌舞伎座でのコンサートで舞台に復帰、2012年は朗読劇を含む数本の舞台に出演した。

2013年1月30日、同月27日に歌舞伎俳優、二代目 市川月乃助(現在は新派俳優・二代目 喜多村緑郎) と結婚したことを発表[4]。挙式は、2015年2月1日に執り行われた[5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演編集

初舞台・組廻り 編集

雪組時代編集

宙組トップ時代編集

コンサート・ディナーショー編集

  • 1999年6月『第3回エスプリコンサート Caution!』
  • 2000年1月 ディナーショー『Caution!』
  • 2002年3月 ディナーショー『off』
  • 2006年6月 ディナーショー『NEXT DOOR』
  • 2006年 コンサート『I have a dream』

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

舞台編集

テレビドラマ編集

テレビ(ドラマ以外)編集

映画編集

イベント等編集

本人プロデュース編集

  • 貴城けいオリジナルショーツストッキング(2010年10月)

雑誌編集

  • 2016年4月9日発売『JOYAU』(5月号)(音楽専科社)

著書編集

  • 宝塚式「美人」養成講座 伝説の「ブスの25箇条」に学ぶ「きれい」へのレッスン(2008年、講談社ISBN 4062147181
  • 宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座 (2011年、講談社+α文庫)ISBN 4062814722

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  • PASSER(パッセ)- 20th Anniversary(2011年5月22日)

アルバム編集

  • LIVE DVD『PASSER』(2011年10月)

ゲスト参加編集

  • 麗人 REIJIN(2015年1月21日) - 「接吻 KISS」(ORIGINAL LOVE)をカバー[9]
  • 越路吹雪トリビュートアルバム『越路吹雪に捧ぐ』(2016年12月21日) - 「セ・シ・ボン」「君を待つ」をカバー[10]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 貴城けい - 電子カタログ”. オスカープロモーション. 株式会社オスカープロモーション. 2021年8月14日閲覧。
  2. ^ 1月31日「おむりえ日記」!!”. beamie. オスカープロモーション (2013年1月31日). 2021年8月14日閲覧。
  3. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、104頁。ISBN 9784484146010
  4. ^ “歌舞伎の市川月乃助さんと女優の貴城けいさんが結婚”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2013年1月30日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130130/ent13013019240011-n1.htm 2013年1月30日閲覧。 
  5. ^ “市川月乃助&貴城けい挙式!香川照之、檀れいら500人出席”. スポニチ. (2015年2月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150202/mar15020205030005-n1.html 2015年2月3日閲覧。 
  6. ^ “公演日程・概要”. ピュアーマリー 舞台公演のプロデュース 公式サイト. (2008年3月9日). https://web.archive.org/web/20080309185346/http://www.puremarry.com/applause.html 2021年5月15日閲覧。 
  7. ^ “「I Love Musical」第三弾の上演決定!!”. アステージ. (2016年7月22日). https://www.astage-ent.com/stage-musical/i-love-musical-vol3.html 2021年5月15日閲覧。 
  8. ^ “「I Love Musical」作品紹介”. 「I Love Musical」公式ホームページ. (2017年5月15日). https://web.archive.org/web/20170515231553/http://ilove-musical.jp/ 2021年5月15日閲覧。 
  9. ^ “音楽史上初 宝塚歌劇団OGによるJ-POPカバーアルバムがリリース決定”. シアターガイド. (2014年11月21日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/11/21_05.php 2014年11月25日閲覧。 
  10. ^ “越路吹雪37回忌、トリビュートアルバム&メモリアルコンサートに宝塚OGら”. ステージナタリー. (2016年10月26日). http://natalie.mu/stage/news/206881 2016年10月26日閲覧。 

外部リンク編集