メインメニューを開く

林 穂之香(はやし ほのか、1998年5月19日 - )は、日本の女子サッカー選手。セレッソ大阪堺レディース所属。登録ポジションはミッドフィールダーボランチ)。

林 穂之香 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ハヤシ ホノカ
ラテン文字 HAYASHI Honoka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1998-05-19) 1998年5月19日(21歳)
出身地 京都府宇治市
身長 157cm
体重 50kg
選手情報
在籍チーム セレッソ大阪堺レディース
ポジション MF
背番号 10
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013- セレッソ大阪堺レディース 114 (25)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

人物編集

京都府宇治市出身。宇治市立神明小学校宇治市立西宇治中学校京都府立久御山高等学校を経て、同志社大学スポーツ健康科学部1年在学中[2]

5歳でサッカーを始め、小学校時代は神明J.S.Cスポーツ少年団でプレー[3]。小学校6年次に日本サッカー協会主催の『2009 ナショナルトレセンU-12 関西』に選出されたこともある[4]

宇治市立西宇治中学校入学時に「将来のなでしこジャパンを夢見て」、Jリーグ所属のセレッソ大阪が立ち上げたセレッソ大阪アカデミーに入り、セレッソ大阪レディースU-15に所属、実家のある宇治市から大阪にある練習場へ通い、プロコーチの指導を受け、体格の大きい大人選手との試合を重ねることで技術を磨く[2]。その後、セレッソ大阪レディースがなでしこリーグの2部に当たるチャレンジリーグに2013年から参戦することになったため[5]、育成年代のチームながら大人のチームを相手にリーグ戦を闘うこととなる。

また年代別日本女子代表では、トレーニングキャンプへの召集は度々あったものの、公式戦での出場機会に恵まれなかった。2016年にU-20日本女子代表に召集され、8月12日にメンヒェングラートバッハドイツ)で開催されたU-20ドイツ女子代表とのフレンドリーマッチが初の国際試合出場となった[6]。そして同年12月の2016 FIFA U-20女子ワールドカップパプア・ニューギニア)日本代表選手に選出され、グループリーグ初戦のナイジェリア戦で三浦成美に代わって途中出場[7]、第三戦のカナダ戦で先発出場を果たしている[8]

2017年はセレッソ大阪堺レディースの主将に抜擢され、チャレンジリーグを闘って2位に入り、なでしこリーグ1部・2部入れ替え戦に挑むチャンスを得る。12月に行われたちふれASエルフェン埼玉との入れ替え戦では2試合4-0で圧勝し、2018年度からのなでしこリーグ1部昇格を決めた[9]

また2017年はU-19日本女子代表に召集され、AFC U-19女子選手権2017にチームの副主将として出場[2]、大会では予選グループのオーストラリア戦で主将を務め、58分に得点を挙げた[10]。さらに準決勝(対 中華人民共和国戦)と決勝(対 朝鮮民主主義人民共和国戦)では長野風花(当時:浦和)とのダブルボランチのコンビを組んでフル出場し、日本の大会優勝に力を尽くした[11]

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2013 C大阪堺 14 チャレンジ 22 4 - 1 0 23 4
2014 7 22 3 - - 22 3
2015 チャレンジWEST 18 8 - - 18 8
2016 なでしこ2部 18 3 8 2 2 0 28 5
2017 18 6 9 2 2 0 29 8
2018 10 なでしこ1部 16 1 8 0 2 0 26 1
通算 日本 1部 16 1 8 0 2 0 26 1
日本 2部 80 16 17 4 5 0 95 20
日本 3部 18 8 - - 18 8
総通算 114 25 25 4 7 0 146 29

脚注編集

  1. ^ 『PlenusなでしこリーグPlenusチャレンジリーグオフィシャルガイドブック2017』ぴあ、2017年、76頁。ISBN 978-4-8356-3249-0
  2. ^ a b c 攻守でリードMF林「夢は世界一」 京都在住、サッカー女子 京都新聞 2017年11月30日
  3. ^ 当団の卒団生 神明JSCスポーツ少年団
  4. ^ 2009 ナショナルトレセンU-12 関西 日本サッカー協会
  5. ^ セレッソ大阪レディース 来季プレナスチャレンジリーグ加盟承認のお知らせ セレッソ大阪リリース 2012年11月27日
  6. ^ U-20日本女子代表 U-20ドイツ女子代表に勝利 日本サッカー協会
  7. ^ FIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア2016 JAPAN - NIGERIA 日本サッカー協会
  8. ^ FIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア2016 JAPAN - CANADA 日本サッカー協会
  9. ^ 桜咲く! 全員生え抜きC大阪堺、1部昇格できたワケ 日刊スポーツ 2017年12月20日
  10. ^ AFC U-19女子選手権中国2017 JAPAN - AUSTRALIA 日本サッカー協会
  11. ^ U-19日本女子代表 大会連覇、5度目の優勝に輝く~AFC U-19女子選手権~ 日本サッカー協会

外部リンク編集