メインメニューを開く

棚下 照生(たなか てるお、本名:田中- 、1934年3月22日 - 2003年)は、日本漫画家。児童向け剣戟漫画で人気となったが、その後は青年誌に活動の場を移し、「女侠客・股旅もの」の作品を多数発表、映像化作品も多い。代表作は『ヒマラヤ天兵』『めくらのお市物語』『旅がらすくれないお仙』など。妻は元女優の松山容子

棚下照生(たなかてるお)
本名 田中照生
生誕 1934年3月22日
日本の旗 宮崎県延岡市
死没 2003年
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1951年 - ?年
ジャンル 劇画
代表作 『ヒマラヤ天兵』
『めくらのお市』
『ハンターお竜』
テンプレートを表示

来歴編集

宮崎県延岡市生まれ。16歳のときに単身上京し、戦災で焼けた公衆便所をねぐらにしながら、新聞配達給仕で生計を立て、独学で漫画を勉強した。1951年、17歳の時『ハンスと魔王』(鶴書房)でデビュー[1]1959年から1月から1960年6月まで「少年ブック」に連載された『ヒマラヤ天兵』が人気を博し、テレビドラマ化(KRテレビ、1959年8月~1960年9月)[2]

少年誌への投稿漫画がきっかけで寺田ヒロオと知り合い、親交を深めた。電電公社(現・NTT)に勤めていた寺田をプロ漫画家に誘い、上京を勧めたのは棚下だという。しかし、上京後「トキワ荘」のリーダー的存在となった寺田に対し、棚下はそうした仲間意識や連帯感を好まず、「生きるために」漫画を描いた。また、傍らには常に酒を離さず、稼いだ金は遊興費に注ぎ込むなど、無頼を貫いた[3]

その後、一時筆を絶つが、芳文社の編集長・稲葉武太郎に請われ、1966年から大人向けの長編漫画として「女侠客物」を描き始める。1967年に発表した『めくらのお市物語』[4]週刊漫画TIMES連載)がヒット[5]1969年松竹で松山容子主演の下、映画シリーズ化(のちに日本テレビ / ユニオン映画でテレビドラマ化)され、1968年には『旅がらすくれないお仙』(週刊漫画サンデー連載)が同じく松山と大信田礼子主演でテレビドラマ化(東映京都テレビプロダクション / NET製作)。同作は松山にとっても代表作の1つとなり、これが縁で1971年に結婚した。

他に映像化された作品として『ハンターお竜』(プレイコミック連載)を原案とした『女殺し屋 花笠お竜』(主演・久保菜穂子1969年東京12チャンネル / 国際放映)や、『笹笛お紋』(主演・安田道代1969年7月26日公開、大映作品)、『モナリザお京』(「ヤングレディ連載、主演・渥美マリ1971年6月23日公開、大映 / ダイニチ映配)などがある。

棚下の描く、柔かい曲線で描かれる女性には定評があり、草森紳一は著述の中で、小島功〜棚下〜石ノ森章太郎の3人の漫画家の共通点として、「色気のある線」を挙げている[6]。しかし、70年代以降は青年誌のリアルな画調の劇画の隆盛に押され、発表作も激減、晩年は若い頃からの無頼漢な性格も災いして不遇な面もあった。 晩年に知り合った、俳優で殺陣師の室町大助を見出したのも棚下である。

2003年肝硬変のため死去。

著書編集

  • 断頭台の司令官 曙出版 1954 (名作漫画曙文庫)
  • 巌窟王 東京漫画出版社 1954 (名作漫画文庫)
  • ひえつき武士 曙出版 1954 (感激漫画美談文庫)
  • 熊谷陣屋 曙出版 1954 (感激漫画美談文庫)
  • 三日月童子 鶴書房 1954
  • 三つの宝 東京漫画出版社 1954 (名作漫画文庫)
  • 筑波太郎 曙出版 1954 (感激漫画美談文庫)
  • 電報クイズのミーコちゃん 鶴書房 1955
  • 母を尋ねて幾山河 鶴書房 1955
  • 星空とおく母がよぶ 東京漫画出版社 1955 (東京漫画文庫)
  • 怪傑鷹 鶴書房 1955
  • 公園小僧 東京漫画出版社 1955 (東京漫画文庫)
  • かっぱ太閤記 ます美書房 1956 (あり文庫)
  • 密林の決闘 ます美書房 1956 (あり文庫)
  • 女侠無宿 朝日ソノラマ 1968 (サンコミックス)
  • ハンターお竜 秋田書店 1969 (プレイコミックデラックス)
  • モナリザお京 実業之日本社 1970 (ホリデーコミックス)
  • ずうふる 1-3 日本文芸社 1978.5 (ゴラク・コミックス)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『劇画・マンガ家オール名鑑』 p252 徳間書店
  2. ^ 主演・松本松之助(現・三代目 市山松翁)。三田佳子のデビュー作品でもある。提供・極洋捕鯨株式会社(現・株式会社極洋)。
  3. ^ 生真面目な寺田に対して、入ってくる原稿料を芸者遊びや酒につぎ込む無頼派の棚下。一見「水と油」のような組み合わせだが非常に気が合い、「トキワ荘」では話のわかる兄貴分だった寺田も、棚下の前では悩みを吐露していたという。 特集 寺田ヒロオ(1)「背番号0」”. チンピラ☆馬鹿一代 (2011年4月20日). 2013年6月22日閲覧。
  4. ^ もともとは「週刊漫画TIMES増刊」に掲載された『白杖お閃』をモチーフにリニューアルしたもの。
  5. ^ 日本の漫画の棚その4「もうひとりの座頭市『めくらのお市物語』」”. 総本家漫棚通信 (2003年9月24日). 2013年6月19日閲覧。
  6. ^ トークイベント「大人マンガはいつ消えたのか」(2)”. すがやみつるblog (2010年8月4日). 2013年7月1日閲覧。