メインメニューを開く

トキワ荘

東京都豊島区に所在したアパート
画像提供依頼:初代もしくは2代目の建物の画像提供をお願いします。2009年10月
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • トキワ莊

トキワ荘(トキワそう)は、東京都豊島区南長崎三丁目(住居表示16番6号、完成当時の住所表記は豊島区椎名町五丁目2253番地)に1952年から1982年にかけて存在した木造アパート手塚治虫藤子不二雄石ノ森章太郎赤塚不二夫ら著名な漫画家が居住していたことで知られ、漫画の「聖地」として豊島区により復元施設の建設が進められている[1]

トキワ荘
Tokiwasou Hanasaki Park.JPG
トキワ荘外観の復元ブロンズ像
(豊島区南長崎花咲公園)
情報
用途 集合住宅
階数 地上2階
開館開所 1952年
所在地 171-0052
東京都豊島区南長崎三丁目16番6号
座標 北緯35度43分26.7秒 東経139度41分17.9秒 / 北緯35.724083度 東経139.688306度 / 35.724083; 139.688306座標: 北緯35度43分26.7秒 東経139度41分17.9秒 / 北緯35.724083度 東経139.688306度 / 35.724083; 139.688306
備考 1982年に解体
テンプレートを表示
跡地の日本加除出版への入り口路地。現在はトキワ荘があった事を示す看板が立てられている。
中華料理「松葉」(2019年)。トキワ荘住人がよく利用し、藤子不二雄Ⓐまんが道』等にも登場する。

概要編集

上棟式1952年12月6日。老朽化により1982年11月29日に解体された。賃貸された部屋のうち二階部分は十室で、全て四畳半押入れと入り口部分のスペースを除く)。その他、共同の調理場、トイレなどが存在した[2]

手塚治虫は1952年に上京して最初は東京都新宿区四谷八百屋の2階に下宿していたが、やがて昼夜を問わぬ編集者の出入りの激しさについて八百屋の主人から苦情を言われるようになった。この時、手塚は、学童社の加藤謙一の次男・加藤宏泰から、宏泰の住む新築アパート「トキワ莊」へ入居するように誘われて、1953年の初頭に住人となった[3]。これを皮切りに、学童社が、自社の雑誌に連載を持つ漫画家の多くをトキワ荘へ入居させた。最も多い時期には7~8名の漫画家が居住し、またその仲間の漫画家も出入りするようになったため、「マンガ荘」というニックネームまで付けられた[4]

才能ある漫画家たちがトキワ荘に集まった背景には、寺田ヒロオの「空いた部屋には若い同志を入れ、ここを新人漫画家の共同生活の場にしていきたい」「新人漫画家同志で励まし合って切磋琢磨できる環境をつくりたい」との思いがあった。このほかに「漫画家が原稿を落としそうになった際、他の部屋からすぐに助っ人を呼べる環境が欲しい」という編集者側の思惑と、「他の漫画家の穴埋めでもいいから自分の仕事を売り込む機会が欲しい」という描き手側の利害の一致もあったとされている[5]

それら若手漫画家達の多くは後に著名になり、その漫画家達により同じアパートに住んでいたという事実が世間にも伝えられるようになった。なお、トキワ荘への入居と仲間入りに際しては、メンバーたちにより、

  • 『漫画少年』で寺田が担当していた投稿欄「漫画つうしんぼ」の中で優秀な成績を収めていること。
  • 協調性があること。
  • 最低限、プロのアシスタントが務まったり、穴埋め原稿が描けたりする程度の技量には達していること。
  • 本当に良い漫画を描きたいという強い意志を持っていること。

といった基準で厳格な事前審査が行われていたとされる[6][注釈 1]。こうした背景を考えると、トキワ荘に居住した(居住できた)のは単なる若手漫画家ではなく、選び抜かれた漫画エリート達であり、トキワ荘から多数の一流漫画家が世に出たのは偶然ではなく必然だったと指摘されている[7]

近所に『松葉』という中華料理店があり、藤子不二雄がラーメンの出前を取るなど[8]、住人らが頻繁に利用していた。この店のラーメンは、藤子不二雄の作品に登場する「小池さん」の設定に影響したとされる。松葉は現在も営業を続けている。

また、1955年(昭和30年)5月に結成された新漫画党のメンバー、すなわち寺田ヒロオ(総裁)、藤子不二雄(藤子不二雄藤子・F・不二雄)、鈴木伸一森安なおや1957年に除名処分を受ける)、つのだじろう石森章太郎赤塚不二夫園山俊二は、トキワ荘に当時かかっていたカーテンに各自、結成を祝って漫画を描いた。現在そのカーテンは、おもちゃコレクター・鑑定士の北原照久の所有となっており、漫画界の「釈迦の衣」と呼ばれている。

雑誌『COM』では1969年から翌1970年にかけ、各漫画家たちがトキワ荘に住んでいた頃の状況を自伝として描いた(後にまとめられ、『トキワ荘物語』として翠楊社より1978年に出版。以後も再刊、再編集)。さらに1970年代からは『週刊少年キング』等に連載された藤子不二雄(藤子不二雄)の『まんが道』や、つのだじろうの『その他くん』などによってトキワ荘のエピソードが語られ、後進の漫画家、或いは漫画ファンに知られるようになった。その結果、トキワ荘自体も著名な存在となり、既に各漫画家が全員退出してしまった時期においても見学者がはとバスで訪れる[9]といった聖地的な扱いをされるに至った。解体前の1978年には翠楊社より『トキワ荘物語』が刊行され、解体が決まった1981年、手塚治虫を中心としたかつての居住者らが集まって同窓会が開かれ、その模様はNHK特集『わが青春のトキワ荘~現代マンガ家立志伝~』(NHK)として5月25日放送、ビデオも発売された。この時、建物に残っていた寄せ書きが作成された。これは『驚き桃の木20世紀』(テレビ朝日)で公開された[注釈 2]。また、10月3日にはフジテレビでアニメ『ぼくらマンガ家 トキワ荘物語』(脚本・辻真先、監修・小池一夫、監督・鈴木伸一、キャラクターデザイン・石森章太郎)が放映された。さらに1996年には市川準監督、本木雅弘主演で映画『トキワ荘の青春』が公開されている。

トキワ荘自体は解体された1982年12月に新築され、バス・トイレ付きのアパートになった。そして赤塚不二夫作画の看板が掲げられていた。しかし、バブル景気の最中に地上げに巻き込まれて更地化した。現在は日本加除出版の新館社屋となっている。

トキワ荘の解体を聞きつけて取材した新聞記者に手塚は、かつて住んでいた2階14号室の天井板に『リボンの騎士』のサファイアの絵と自画像を描いて贈った。これは警視庁記者クラブに保存されており、豊島区への寄贈が検討されている[10]

トキワ莊の居住者編集

 
トキワ荘住人の自画像とサインを集めたモニュメント(豊島区南長崎花咲公園)

漫画家編集

その他編集

  • 赤塚藤七(1962年1月 - 1964年頃、赤塚不二夫の実父。妻のリヨと共にトキワ荘に居住していた時期がある)
  • 遠藤景子NHK松山放送局元放送局長。漫画家ではないが、トキワ荘で生まれ、幼い頃に居住していた)
  • 当時、一般の若夫婦が居住していたが、二人の名前が「フジコ」と「フジオ」であったという。

トキワ荘に頻繁に出入りしていた漫画家編集

  • 長谷邦夫
  • 園山俊二
  • つげ義春 - 『漫画少年』の投稿欄を通じて知り合った赤塚不二夫を訪ね、トキワ荘に出入りしていた。「まだデビュー前で、トキワ荘に移ってからも、彼だけがなかなか芽が出ないでいたんですね。ぼくがトキワ荘を訪ねても、相手をしてくれるのは、赤塚さんくらいでした」「トキワ荘には、まだ赤塚さんたちが入られる前、手塚(治虫)さんが一人で住んでおられた時に訪ねたこともありました。マンガ家になろうと思い立ち、原稿料がいくらくらいか訊きに行ったんですが、きちんと対応してくれて、親切でしたよ」と語っている[20]。また、トキワ荘グループは苦手だったと認め、「デビューしてまもない無名でしたから、寺田ヒロオさんや藤子不二雄さんとかは、ほとんど相手にしてくれなかったです。赤塚不二夫さんと、あとは石森(石ノ森)章太郎さんがちょっとだけ相手にしてくれました」とも発言している[21]
  • つのだじろう - スクーターで通っていた[22]
  • 坂本三郎
  • 永田竹丸
  • 横山孝雄
  • しのだひでお

記念事業・関連事業編集

プロジェクト編集

トキワ荘プロジェクト編集

漫画家を目指す若者に格安の賃料でシェアハウスを貸し出し、本業に専念することでプロデビューを目指す事業。入居者は、漫画関係の勉強会の受講や、仕事の斡旋・仲介を受けることができる。中には漫画家の甲斐谷忍樹崎聖が指導を行うメンター荘もある。主な出身者は中川学西村ツチカら。NPO法人NEWVERYが運営。

トキワ荘通り協働プロジェクト編集

南長崎地域の町会や商店会が中心となって進めるトキワ荘の地域活性プロジェクト。トキワ荘のあった街である南長崎地域では豊島区との協働の元、トキワ荘の「記憶」を地域文化として後世に繋げるため、様々な取り組みを行っている。

1999年に、若者を中心とする地元有志が、記念館建設を呼びかける署名運動を開始。2007年には二つの商店会によりトキワ荘跡地の入り口に看板を、2009年に豊島区が南長崎花咲公園に記念碑を建てた。2012年には跡地にモニュメントが、翌2013年にはトキワ荘通りに「お休み処」がつくられた。こうした活動の母体として、地元の町会、商店会と豊島区が2011年に「トキワ荘通り協働プロジェクト協議会」を設立。2016年に「としま南長崎トキワ荘協働プロジェクト協議会」へ改称した[23]

記念碑・モニュメント・記念施設編集

記念碑「トキワ荘のヒーローたち」編集

地域住民と豊島区の協働で記念碑の建立が計画され、2009年3月にトキワ荘跡地近くに位置する豊島区立南長崎花咲公園において着工し、同年4月4日に完成した記念碑の除幕式が行われた[24]

トキワ荘跡地モニュメント編集

2012年4月6日には、トキワ荘の跡地に当時の建物をかたどった石造りのモニュメントが設けられ、除幕式が開かれた[25]。なお現在のトキワ荘跡地に通じる道路とモニュメントがあるのは、漫画などでよく描かれるトキワ荘の正面玄関側ではなく、裏口と非常階段があった側である[注釈 3]

作品モニュメント編集

2015年度から豊島区はモニュメント制作を開始し、トキワ荘に住んだ漫画家全11人分の記念碑を設置する予定[26]

  1. 手塚治虫「ジャングル大帝」レオ&ライヤ(2016年4月完成、西武池袋線東長崎駅南北自由通路)[27]
  2. 寺田ヒロオ「背番号0」ゼロくん(2016年4月完成、南長崎スポーツ公園)[27]
  3. 藤子不二雄「オバケのQ太郎」小池さん(2016年12月完成、区立南長崎公園)[26]
  4. 森安なおや「いねっ子わらっ子」(2016年12月完成、特別養護老人ホーム「風かおる里」)[26]

トキワ荘通りお休み処編集

豊島区がトキワ荘の情報発信のための拠点として整備した施設[28]

  • 1F - 休憩・物販・イベントスペース
  • 2F - 展示スペース:常設展示(テラさんの部屋の再現)、企画展示

トキワ荘復元事業編集

2020年東京オリンピックに間に合わせる形で、近くの南長崎花咲公園に、外観を復元した施設「マンガの聖地としまミュージアム」(仮称)が2019年1月15日着工され、2020年3月22日開館を予定している。内部は、漫画家たちの仕事場が再現されるほか、漫画の閲覧やアニメの上映スペースなどが設けられる。費用はふるさと納税による全国の漫画ファンからの寄付で賄われた[1]

東長崎駅前交番編集

警視庁目白警察署は、東長崎駅交番を、トキワ荘に似た外観に改築を進めている(2019年3月開所予定)。豊島区が要請し、図面などを提供した[29]

紫雲荘編集

紫雲荘は、トキワ荘と同じ豊島区南長崎にあるアパートで、赤塚不二夫が仕事場として借りていたことで知られる[30]。紫雲荘の建物は1959年築の2階建て[30]。豊島区では2011年から若手漫画家のためにトキワ荘の代わりとして紫雲荘への入居費用補助などの支援をする「紫雲荘・活用プロジェクト」を実施している[25][30]

トキワ荘の関連作品編集

書籍・文献編集

  • 赤塚不二夫他:『トキワ荘物語』、翠楊社、1978年5月。
    • 手塚治虫と11人:『トキワ荘物語』、翠楊社、1983年(再刊)。
    • COM』1969年10月号-1970年9月号(1970年5,6月号は合併号)に掲載された水野英子、寺田ヒロオ、藤子不二雄、森安なおや、鈴木伸一、永田竹丸、よこたとくお、赤塚不二夫、つのだじろう、石森章太郎、手塚治虫(掲載順)[31]による「トキワ荘物語」に加え、『COM』1969年12月号に掲載された長谷邦夫「椎名町奇譚」(「長谷邦夫パロディー劇場9」)を収録。
  • 石森章太郎:『章説・トキワ荘・春』、スコラ、1981年9月。
  • 藤子不二雄:『トキワ荘青春日記』、光文社、1981年9月30日。
  • 手塚治虫&13人『トキワ荘青春物語― Playback Tokiwaso』、蝸牛社、1987年6月
    • 12人のCOM掲載作品に加え、監修者である横山孝雄による「トキワ荘傍役物語」や丸山昭のエッセイ、さらに各漫画家の初期作品等を収録。※ 後に文庫化(1995年12月、ISBN 978-4876612666
  • 丸山昭:『まんがのカンヅメ―手塚治虫とトキワ荘の仲間たち』、ほるぷ出版、1993年4月、ISBN 978-4593534272
    • 『トキワ荘実録―手塚治虫と漫画家たちの青春』、小学館(小学館文庫)、1999年、ISBN 978-4094034417。※ 上記作品の増補改訂文庫化
  • 梶井純:『トキワ荘の時代―寺田ヒロオのまんが道』、筑摩書房(ちくまライブラリー)、1993年7月、ISBN 978-4480051929
  • 竹熊健太郎:『マンガ原稿料はなぜ安いか?』、イースト・プレス、2004年2月1日、ISBN 978-4872574203
  • 水野英子:『トキワ荘日記』、自費出版、2009年10月。 ※ 著者の公式サイト(水野英子の部屋)の通信販売で入手可。
  • 豊島区立郷土資料館(編)、手塚プロダクション(編):『トキワ荘のヒーローたち~マンガにかけた青春~』、豊島区立郷土資料館[2009年度企画展図録](2009年10月24日発行)※ 企画展示(期間:2009年10月24日~12月6日)の図録。
  • 手塚治虫(他):『トキワ荘パワー!』、祥伝社、ISBN 978-4396781187(2010年8月31日)。
  • 伊吹隼人:『「トキワ荘」無頼派-漫画家・森安なおや伝』、社会評論社、2010年10月、ISBN 978-4784509409
  • 山内ジョージ:『トキワ荘最後の住人の記録 若きマンガ家たちの青春物語』、東京書籍、2011年6月20日、ISBN 978-4487805631
  • トキワ荘通り協働プロジェクト協議会(編):「写真集・トキワ荘通り」、トキワ荘通り協働プロジェクト協議会、平成25年(2013年)3月発行。
  • 藤子不二雄(A)(監修):完全保存版『まんが道 大解剖』、三栄書房(サンエイムック)、ISBN 978-4-7796-3054-5 (2017年4月13日)。
  • 中川右介:『手塚治虫とトキワ荘』集英社、2019/5/24

漫画編集

映像作品編集

  • アニメ『ぼくらマンガ家 トキワ荘物語』(1981年)東映動画制作・スペシャル番組
  • ドキュメンタリー『わが青春の「トキワ荘」 〜現代マンガ家立志伝〜』(1981年) NHK制作(NHK特集)※ VHSテープ(ポニーキャニオン、品番:PCVK-30030 (1989年12月21日発売))。
    • なお、この番組を製作したディレクター2名のうちの1人、遠藤景子はトキワ荘生まれである[32]
  • ドラマ『まんが道』(1986年11月17日 - 1986年12月5日 放映) NHK制作(銀河テレビ小説
    • ドラマ『まんが道 - 青春篇』(1987年7月27日 - 1987年8月14日 放映) NHK制作(銀河テレビ小説)
  • ドキュメンタリー番組『驚きももの木20世紀』で「トキワ荘の時代・マンガが青春だったころ〜」朝日放送(ABC)(1995年1月6日)。
  • 映画『トキワ荘の青春』(1996年) 市川準監督作品。※ VHS、LD、DVDあり。
  • BS朝日番組『ザ・ドキュメンタリー』で「手塚治虫、赤塚不二夫、松本零士… 昭和の天才漫画家たち」、(2015年12月17日)。
  • 番組『20世紀のファイルから』の「マンガがすべてだった トキワ荘の頃」。

参考文献編集

  • いしかわじゅん『秘密の本棚』小学館クリエイティブ、2009年5月。ISBN 978-4778031121
  • 伊吹隼人『「トキワ荘」無頼派―漫画家・森安なおや伝』社会評論社、2010年10月。ISBN 978-4784509409
  • 手塚治虫&13人『トキワ荘青春物語-Playback Tokiwaso』蝸牛社、1987年6月。ISBN 978-4905579946
  • 手塚治虫ほか『まんがトキワ荘物語』祥伝社、2012年8月1日。ISBN 978-4396112882
  • 中川右介『手塚治虫とトキワ荘』集英社、2019年5月。ISBN 978-4087816686

関連団体・作品等編集

団体など編集

作品など編集

  • まんが道 - 藤子不二雄(安孫子素雄)作の漫画。トキワ荘について詳しい[34]
  • 「愛…しりそめし頃に…―満賀道雄の青春」藤子不二雄作の漫画。『まんが道』の続編。
  • ビアティチュード BEATITUDE - やまだないとの漫画。トキワ荘をモデルとして独自の解釈を加えた作品。
  • デトロイト・メタル・シティ - 『アートキワ荘』という、トキワ荘をもじった、アーティスト志望の人々が住むアパートが登場する。
  • SKET DANCE - 作中に登場する男子漫画研究部の名前がトキワ荘をもじった『卜打荘』(ぼくだそう)。
  • ケロロ軍曹 - 単行本8巻にて「トキノワ荘」なるアパートが登場。住人は藤子F、A、石ノ森、赤塚らいずれもトキワ荘の往時の住人をモデルにしており、「ローナッツ」や「酎ーラ」といったトキワ荘でのエピソードを取り扱っている。
  • ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜 - 原作:宮崎克、漫画:吉本浩二の漫画。手塚治虫の制作秘話や舞台裏を描いた実録漫画であり、トキワ荘でのエピソードもいくつか描写されている。

その他編集

  • ちばてつや
  • 出没!アド街ック天国 - 2009年、椎名町にてトキワ荘に関連したものが多くランクインした。
  • 南長崎花咲公園 - トキワ荘記念碑が設置されている。
  • 北原照久 - トキワ荘の寄せ描きカーテンを所有。ごく稀に展覧会等にて公開している。
  • 特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」 - 2013年6月の東京展を皮切りに全国を巡回した展覧会。会場内にトキワ荘(縮小モデル)や居室が再現された[35]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 水野英子の入居の際は、既にトキワ荘にいた石森章太郎、赤塚不二夫と水野の3人で合作し、U・マイヤ名義で作品を発表するという目的があったため、掲載誌『少女クラブ』の担当編集者だった丸山昭が部屋を押さえ、敷金・礼金も払うなど、トキワ荘のメンバーというより出版社・編集者主導で事前の準備がなされていた(丸山昭 『トキワ荘実録 手塚治虫と漫画家たちの青春』 小学館文庫、1999年)。
  2. ^ それを見たゲストのなぎら健壱はこの寄せ書きに感動し「全財産を投じて永久保存をするからこれを譲ってほしい」と発言した。
  3. ^ もとは旧落合電話局側に正面玄関に通じる路地があったが、現在では住宅が建っており、かつての正面玄関側からモニュメントを見たり、トキワ荘跡地を訪れたりすることは不可能になっている(トキワ荘について)Internet Archives

出典編集

  1. ^ a b 「トキワ荘」復元 寄付絶好調/2億7000万円 15日に施設着工産経新聞』朝刊2019年6月12日(東京面)2019年1月17日閲覧。
  2. ^ トキワ荘青春物語― Playback Tokiwaso P.87 - 鈴木伸一によるトキワ荘二階見取図より。
  3. ^ 「トキワ荘」無頼派 漫画家・森安なおや伝 P.39
  4. ^ トキワ荘青春物語― Playback Tokiwaso P.161
  5. ^ 「トキワ荘」無頼派 漫画家・森安なおや伝 P.42
  6. ^ 「トキワ荘」無頼派 漫画家・森安なおや伝 PP.42-43
  7. ^ 「トキワ荘」無頼派 漫画家・森安なおや伝 PP.42-43
  8. ^ 藤子・F・不二雄大全集オバケのQ太郎』1巻、2009年、443-446頁。
  9. ^ トキワ荘青春物語― Playback Tokiwaso P.462
  10. ^ 「トキワ荘外伝 記者のリレー/手塚さん筆の天井板、警視庁クラブが区に寄贈検討」朝日新聞』夕刊2019年2月26日(1面)2019年3月4日閲覧。
  11. ^ まんがトキワ荘物語 P.186
  12. ^ まんがトキワ荘物語 P.30
  13. ^ まんがトキワ荘物語 P.36
  14. ^ まんがトキワ荘物語 P.14
  15. ^ まんがトキワ荘物語 P.20
  16. ^ a b まんがトキワ荘物語 P.190
  17. ^ a b まんがトキワ荘物語 P.22
  18. ^ まんがトキワ荘物語 P.184
  19. ^ まんがトキワ荘物語 P.189
  20. ^ 『芸術新潮』2014年1月号、p.71-72。
  21. ^ 『東京人』2014年7月号、p.27。
  22. ^ 東京「トキワ荘通り」伝説のマンガ家たちゆかりの地を訪ねるおさんぽ旅!
  23. ^ 【だいあろ~ぐ--東京彩人記】トキワ荘通り協働プロジェクト協議会会長 足立菊保さん(83)漫画文化で町おこしを毎日新聞』朝刊2019年2月27日(東京面)2019年3月10日閲覧。
  24. ^ 記念碑「トキワ荘のヒーローたち」除幕式(豊島区公式ホームページ)更新日:平成21年4月15日 Archived 2009年7月16日, at the Wayback Machine.
  25. ^ a b マンガの天才たちが過ごした「トキワ荘」跡にモニュメント(47NEWS)更新日:平成24年4月6日
  26. ^ a b c 「トキワ荘」のまち 記念碑でPR 小池さんなど新たに2基東京新聞』、2016年12月13日。
  27. ^ a b 16日、トキワ荘のあった街に作品モニュメント誕生 豊島区、2016年4月12日。
  28. ^ 豊島区トキワ荘通りお休み処 豊島区。
  29. ^ 「トキワ荘 治安も守るのだ/そっくり交番 来月登場/豊島・東長崎駅前」『産経新聞』朝刊2019年2月10日(社会面)2019年2月16日閲覧。
  30. ^ a b c 紫雲荘から漫画家デビュー 赤塚不二夫さんゆかりの仕事場 東京新聞、2016年12月17日。
  31. ^ くだん書房 (n.d.). “『目録:漫画:雑誌:虫プロ』”. 2012年1月29日閲覧。
  32. ^ 定年再出発 トキワ荘の伝説
  33. ^ 秘密の本棚 P.204
  34. ^ 番組エピソード 銀河テレビ小説「まんが道」 -NHKアーカイブス
  35. ^ 展覧会|東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO”. 東京都現代美術館. 2014年4月14日閲覧。

外部リンク編集