奥志賀高原スキー場

森の音楽堂から転送)
志賀高原 > 志賀高原スキー場 > 奥志賀高原スキー場
奥志賀高原スキー場上部
右端 奥志賀高原スキー場
中央右 奥志賀高原スキー場 起伏の少ないなだらかな地形になっている

奥志賀高原スキー場(おくしがこうげんスキーじょう)は、長野県下高井郡山ノ内町にあるスキー場志賀高原一帯の志賀高原スキー場で一番北にあり、一ノ瀬方面の最奥部に当たる焼額山の北東斜面に広がる。

スキー以外にも避暑や登山等、通年リゾートである。各施設は基本的にそれぞれ独立しているが、一体として奥志賀リゾートをなすようになっている。ホテル以外はほとんどが奥志賀高原ホテルの物であるが、奥志賀滞在者等の非宿泊者にも解放されている。

宿泊キャパシティーをも計画し、静かさを維持してきた。近年はゆっくりと過ごす、長期滞在リゾートとしての性格をさらに強めている。

「奥志賀」と言えば基本的に広義の奥志賀エリア全域を指すが、エリア内では上部最奥のホテルがあるエリアを指し、大洞(おおぼら)と言えば下部手前のゴンドラがあるエリアを指す。基本的に奥志賀エリアがベースとなっており、各種施設も集中して充実している。大洞エリアには杉山スクール直営宿舎 スポーツハイム奥志賀とレストラン サンクリストフが奥志賀ゴンドラより徒歩1分にある。

スキー編集

志賀高原一帯では最もリゾート感覚に富み、現在は隣接している焼額山スキー場と行き来ができるが、焼額山スキー場が出来るまで、一の瀬方面と長年切り離されていたことと、奥志賀高原ホテルを中心とした一体開発により、独特の雰囲気と静けさのある高級リゾート地である。奥志賀高原ホテル・ホテルグランフェニックス奥志賀が中心となる。

リフト6本(内ゴンドラ1本)、コース8本がある。標高は1,500~2,000mと高く、初雪が10月下旬には降り、例年12月上旬にはオープンし、5月の連休まで営業している。ただし、4月上旬以降は数本(主に第1リフトの平日運休)リフト運休の場合がある。特に尾根沿いを走るダウンヒルコースは、適度な斜度とカーブがある中斜面で、ゴンドラ1本で約2,800mの滑走ができ一番の人気コースとなっている。リフトの運営主体は、奥志賀高原リゾート

リフトパスは標準的な一回券やポイント制回数券、一日券が用意され、一日で5000円弱と設定されている。数日券やシーズン券、白馬八方尾根スキー場野沢温泉スキー場、その他との共通券もある。また割引になる食事券付きやファミリー券なども。ICチケットが導入され、チケットを返却すれば戻る保証金がひとつにつき1,000円かかる。

志賀高原全域に長野電鉄のシャトルバスが運行され、全山共通券(一般的な1日券)があれば、別に料金を出す事無く利用でき、滑らずに他のスキー場とのアクセスなどに使える。熊の湯スキー場横手山スキー場方面へは滑走で向かうことは出来ない。


ゲレンデ編集

最低標高1,470m、最高標高2000m。尾根伝いのコースが多く、視界が開けており景観がすばらしい。目の前には志賀高原最高峰の岩菅山系(最高峰は裏岩菅山(標高2341m))がそびえる。反対側には黒姫山妙高山があり、晴れていれば遠く北アルプスを望むこともできる。急斜面など難しいところには迂回コースが設置され、少々狭かったりする所があるものの、初級者でも滑ることができる。

奥志賀エリアとおおぼらエリアとに分かれ、どちらのエリアも第3リフト上部とゴンドラ山頂駅で接続している。焼額山山頂の第4ゲレンデ最上部と第6ゲレンデ下方でとなりの焼額山スキー場と接続している。

基本的にひとつのコースにひとつのリフトが掛かっていたこともあり、それぞれの数字はリフトと相対している。いくつ目の、ではなく何番リフトの、と言う意味合いが強く、省略される場合もある。数字の無いコースはゴンドラのコースとなる。例外として、現在の第2高速リフトは第1ゲレンデ下部から第3ゲレンデの下部を結ぶ。

初級者向け編集

(距離・平均斜度/最大斜度)

  • 奥志賀エリア
    • 第1ゲレンデ 900m・6/8
      • ファミリー向けの広い緩斜面で、初心者でも楽に滑ることができる。奥志賀高原ホテルの正面に当たる。ポールが設置されることがある。
      • 第1リフト全長に沿ってもコースがある。こちらはエキスパートからの滑走がなく、林に挟まれて静かな所となっている。
    • 第1キッズ林間コース 900m・-
      • 第1ペアリフトの降り場向けの右方にリフトに沿ってある。コースと言うよりは林の中での遊び場的雰囲気がある。
    • キッズパーク 第1ペアリフト乗り場横。2010年12月よりオープン。15mのベルトコンベアー式リフトが設置されている。入場料は500円。杉山スクールによりキッズスクールも毎日開校されている(繁忙期を除く毎週水曜日は休み)
    • 第2林間コース 630m・10/17
      • エキスパートコースの迂回路としても機能している。その名のとおり、くねくねと林の中を通り、古い古木などいろいろな木があったり眺めもよい。
      • 途中でもエキスパートと接続している。
    • 第4ゲレンデ 400m・12/16
      • 前半は少し急な斜面、後半はなだらかとなるコース。初級・中級向け。雪が緩む季節になると最初の急な所にコブが出来ることがある。ポールが設置されることがある。
      • 焼額山スキー場との接続点。両スキー場との往来には滑走だけで滑り込むことは困難であり、どちらに向かうにも多少の登りがある(焼額山スキー場から奥志賀高原スキー場に向かう方が比較的楽)。
  • おおぼらエリア
    • 第6ゲレンデ 700m・8/9
      • 緩斜面が続き、あまり人もいない静かなコース。スクールレッスンなどがよく行われている。初心者向けでもあるものの、現在はゴンドラで一旦山頂まで登らなくては行けなくなった。
      • リフトの右方に熊落としコースがそびえ、望むことができる。
      • 焼額山スキー場との接続点。焼額山スキー場からのアクセスのみ可能で、ゲレンデ中程に接続点がある。
      • かつては、第6ペアリフト乗り場付近に焼額山スキー場との接続点があったが、焼額山第3ロマンスリフトの廃止により、奥志賀高原スキー場からのアクセスは不可となった。
    • ヒルサイドコース 820m・10/17
      • ダウンヒルコースの迂回路。コース入り口付近に未圧雪エリアがある。

中級者向け編集

  • 奥志賀エリア
    • 第3ゲレンデ 600m・13/16
      • 最後に少し急なところがある。ポールが設置されることがある。
      • プルークボーゲンができれば初級者でも問題はない。
      • 降り場付近はパトロールの待機場所となっている。また展望台があり、雪像かまくらなどの遊び場所でもある。
  • おおぼらエリア
    • ダウンヒルコース 2,200m・19/28(いくつかのコース取りによっては3,000mとも)
      • 一番人気のあるコース。中級・上級向け。山頂から一番下まで一気に滑る事が出来る。中級者は上級向け部分をヒルサイドで迂回できる。初級者も迂回のヒルサイドコースなどを使えば滑る事ができる。
      • 第6ゲレンデへの接続路。

上級者向け編集

  • 奥志賀エリア
    • 第2エキスパートコース 630m・23/30
      • 人気の上級コース。2010年12月よりウインチ付の雪上車で整備されるようになったが、混雑した日の午後あたりにはコブが出来る。ライブカメラによって正面からすべてを見ることが出来る。滑り出しの急な所は第2林間コースで迂回できる。コース右脇に第2高速ペアリフトが架かる。第2高速ペアリフトとなる以前のシングルリフト時代は、リフトがコース中央に架設されていたことから、リフトの支柱が影響して現在よりも難易度が高かった。
  • おおぼらエリア
    • 熊落としコース 400m・20/30
      • 一番の急斜面。また幅も狭く、非常に迫力がある。圧雪車が入らないので、常時大きなコブが出来ている。春先などは、雪崩の危険等もあり、閉鎖されることもある。
    • 第7上級コース
      • ダウンヒルコースの最後の斜面のこと。旧第7リフトがあった名残である。
  • 廃止されたコース
    • かもしか落としコース 610m・19/34 
      • ダウンヒルコースより分岐していた。第5シングルリフトを利用して繰り返しすべることができた。
      • 逆S字型に湾曲した幅の狭いコースは熊落としコース以上に圧迫感があった。かつてのスキー場ゲレンデガイド本には、「熊落としコース」のコメントとして「鹿落としコースよりは楽」と解説されていたことからも、このコースの難易度の高さを垣間見ることができる。
      • 現在、コースの名残を焼額山スキー場の第1ゴンドラリフトから確認できる。
    • 企業向け保養施設連絡路 
      • 大洞地区と奥志賀地区との間に企業用保養施設用地として分譲された地区がある。ここに大洞地区からスキーで滑り込める連絡路があったが、保養施設の廃止が相次いだことから利用者が減り、2015年頃以降は利用できない。連絡路入口は、サンクリフトフの西側(林道を利用)。

ツアースキー編集

  • 竜王越えツアースキー
    • 焼額山の山頂より向かう。入山届けが必要。

リフト編集

(距離・高低差・時間)

  • 奥志賀エリア
    • 第1ペアリフト 824m・106m・8m35s
    • 第2高速ペアリフト 1,555m・344m・6m29s 第1ペアリフトに並行して架設されている。高速リフトに架け替えられる以前は、第2シングルリフトとして、第1ペアリフト降り場の左横に乗り場があり、第2エキスパートコースのみを繰り返し滑る上級スキーヤーに人気であった。
    • 第3高速ペアリフト 526m・115m・2m12s 第2高速ペアリフトとともにシングルリフトから架け替えられた。ゲレンデ下部から見上げて右脇に架設されているが、シングルリフトの時代は左脇であった。
    • 第4ペアリフト 376m・62m・3m08s
  • おおぼらエリア
    • 第6ペアリフト 667m・102m・6m11s
      • 週末・祝日のみの運転。
    • ゴンドラリフト 1,917m・478m・6m23s
  • 廃止されたリフト
    • 第5シングルリフト 768m・260m・7m07s 第6リフトの上部に設置。ゴンドラリフトが開設されるまでは、第7リフト、第6リフトを乗り継いで山頂に至る重要なリフトであった。1990年代前半に廃止された。
    • 第7シングルリフト 517m・118m・4m47s ゴンドラ乗り場から第7上級、中級コースの分かれ目までを結んでいた。連絡コースを経由して第6ペアリフトに乗り継ぐことができた。長野オリンピック以降廃止された。

レストラン編集

各ホテルやペンションなどにあるものの他に、スキーシーズン向けの独立したレストランがある。これら独立レストランは基本的にスキーシーズンオフには休業しているところもある。詳しくはスキー場サイトのレストラン案内へ。

  • 奥志賀エリア
    • レストラン奥志賀(奥志賀高原ホテル内)・ホテルグランフェニックス奥志賀・ペンション シャレークリスチャニア
    • 2014-15年シーズンよりバスターミナルの旧奥志賀レストランにスポーツバーがオープンした。
  • おおぼらエリア
    • レストラン サンクリストフ
    • レストラン シャモア (奥志賀高原ホテルが営業)。2000年代の数年間は閉鎖していた時期があったが、現在は営業を再開している。

その他編集

  • キッズパーク
    • 奥志賀バスターミナルのゲレンデ側にある。ソリやスコップ等が用意され、雪遊びを楽しめる。
    • 動く歩道式のリフトがあり、ここを使ってのスクールもある。
  • ツリーハウス
    • 第1ゲレンデから第1リフトへ向かう分岐の第2高速リフトをくぐったそばの林にある。少し見づらいが、ライブカメラで見ることが出来る。
  • 無料キッズルーム(奥志賀バスターミナル 無料休憩所内)
  • 託児所
    • 奥志賀高原ホテル
  • 展望台
    • 第3リフト降り場付近にある。雪像やかまくらが出来ることも。
  • レンタル
    • 奥志賀高原ホテルと奥志賀バスターミナルでスキー、ウェアのレンタルを行っている。他、一部ホテル等でも行われている。

 奥志賀バスターミナル内ではキッズ~セミファットスキーまである。

  • スクール
    • 杉山スキー&スノースポーツスクールがある。全くの初心者からレース向け、1時間から複数日の長期滞在レッスンまでメニューは幅広く、志賀高原各地を使ってレッスンが行われる。時々海外などから有名スキーヤーを講師として招いたり、一緒に滑るツアーや海外へ行くものもある。
  • スキーチューンナップ
    • レストラン サンクリストフ内にプロショップ タクトスキーラボがある。ホットWAX~本格チューンまで可能。
  • 常設の竜王越え以外に、ときおりクロスカントリースキーのツアーも開催される。
  • スノーモービルや圧雪車(いわゆるピステンの事)に乗ることもできる。奥志賀高原にはピステンブーリーシリーズが導入されている。

グリーンシーズン編集

 
グリーンシーズン

夏期もまた、集客力のある娯楽商業施設の無い立地でありながらも、その静けさを求めて訪れる者が少なからず存在し、避暑地としての隠れた人気を維持している。ホテルでのウェディングや、音楽堂でのコンサート、周辺のハイキング渓流釣りなど自然と触れ合う静かなリゾート

ハイキング編集

ホテル周辺などにコースが整備されている。

  • ゲレンデが綺麗に刈り込まれ、高山植物が咲いていたり、コース外の林などに行く事ができるときがある。
  • 奥志賀の更に奥へ向かう、数kmある白樺林の簡単な山道、白樺苑路整備されている。途中に湧き水や沢があり、出口付近に小さな池が存在する。出口で合流する車道から帰ってくることも可能。(車道への車両乗り入れは禁止されている)
  • 単に道路沿いを歩くだけでも眺めがよく、山菜なども採ることが出来る。
  • 近くに奥志賀高原牧場がある。
    • 近年、観光にも開放されるようになった。シーズン中、週末などに受け入れており、トップシーズンには連日開放されている。非開放日であっても、予約と言う形で連絡すれば受け入れることもあるようだ。
    • 100haの広さがあり、毎年6月ごろから10月ごろまで若いが数十頭放牧される。牧場では野菜飼料有機栽培が行われている。試行錯誤を続けていた自家製ヨーグルトも完成した。これらは一般にも販売され、通信販売も行われている。季節を収めたDVDもある。
    • 非常に古い炭焼き釜が発見され、その石が利用されてピザ釜が作られた。借りたり、場合によっては食べることもできる模様。発見のきっかけは埋もれていたに牛が落っこちたとのこと。
  • なども随所にある。禁漁の時期もあるが、解禁時はホテル等で販売されている釣り券が必要となる。
  • 奥志賀高原から秋山郷へ抜ける林道沿いは紅葉がすばらしく、シーズンになると訪れる人が大変多い。またこの途中の奥志賀渓谷には8月まで残雪が残る。
    • この渓谷にも散策路が整備されている。

トレッキング編集

 
稚児池(2007年8月)
  • 焼額山
    • ゲレンデを通って山頂まで行くことが出来る。ルートは山頂を横断し、一の瀬まで続く。焼額山山頂には、珍しく、かつ山ノ内町天然記念物稚児池と言う池が存在し、高層湿原が広がる。夏休みや紅葉シーズンなど時期によってはゴンドラが運行し、ゴンドラ山頂駅から少し歩くだけで楽に登ることが出来る。紅葉が非常に綺麗。同じく焼額山スキー場のゴンドラが運行することもある。こちらだとほぼ山頂までゴンドラで登ることが出来る。
  • 岩菅山
    • 裏岩菅山は志賀高原の最高峰で2,341m。ルート自体は秋山郷切明温泉まで続いているが、裏岩菅山よりも向こうは距離もあったり、健脚向きとなる。
  • 東館山
    • 東館山高山植物園
    • 山頂、もしくはそばまでサマーリフトが通っているので楽に登ることができる。
    • 山頂から岩菅山へ向かうことも出来る。

ガイド編集

ゴルフ編集

  • 6ホールゴルフ
    • おおぼらエリアに整備。
  • パターゴルフ
    • 奥志賀高原ホテルそばに整備されている。以前3ホールのゴルフ場で、おおぼらエリアの6ホールと合わせて9ホールを周ることができた。第1ペアリフト、第2高速ペアリフトの架け替えによりコースの一部が使用不可となったことからパターゴルフ場に転換された。

テニス編集

  • 奥志賀高原ホテルにテニスクレーコート3面
  • スポーツハイム奥志賀にテニスオールウエザーコート2面

レンタルサイクル編集

レストラン編集

    • ホテルグランフェニックス奥志賀
    • レストラン サンクリストフ (スポーツハイム奥志賀)
    • ペンションがレストラン営業を行っている時もある。

その他編集

  • ホテルの企画する星空観察や観察、サイクリングツアーや釣りなどいろいろとある。
  • 近場の温泉など周辺にもいろいろな物が多数ある。
    • 奥志賀高原に温泉は無い。掘れば出る可能性が高いそうだが、温泉を排出すると川の生態系を激変させてしまうため、保護のために設置されていない。
    • 高天ヶ原より向こうは高天ヶ原湿原をはさんで水系が変わり、湯田中温泉方面へ流れるため温泉がある。
  • ホテルに相談すると各種の案内をしてくれる。

宿泊編集

1969年12月開業の奥志賀高原ホテルは2010年より夏季のみ休業中。その後に出来たホテルグランフェニックス奥志賀。どちらも歴史ある古きリゾートを目指した地という事もあり、格式高いものとなっている。双方とも皇族が定宿とされている。

ペンションも含め、ホテルメイドのちょっとした食べ物や、みやげ物などがある。また食事では、同じくホテルメイド物や数の少ない仕入れ品、直輸入品、地元銘酒などもある。それぞれ美味しさにこだわりつつ、いわゆる地産地消の意味合いもありながら、地元の名品を出す。

周辺を含め、ヨーロッパのリゾートのような雰囲気を持つ。そのままスキー場に接しており、バス停や駐車場とも接し、アクセスは簡単。

ホテル編集

宿泊キャパシティーを少なくしていることもあり、2軒しかない。また、グレードが高いため、安く滞在したい人など向けにペンションもある。

奥志賀高原ホテル編集

正面にゲレンデのある焼額山、後ろに岩菅山を望む新旧の二つがあるホテル。しかし繋がっており、一体感のあるものとなっている。ラウンジは広く景観もよく、大きな暖炉はホテルの顔。一級のフレンチレストランを持つ。奥志賀開発と同時に作られ、歴史が長いこともあり、バンケットルームや小澤征爾氏のかかわった森の音楽堂と言う小さなコンサートホールまである奥志賀の中心。どの施設もシックにまとめられている。長野電鉄の子会社が経営していたが、現在はグランフェニックスに経営権がある。

チェックイン15:00・チェックアウト11:00・シングル4・ツイン47・トリプル21・スイート2・総人数165

  • 客室
    • 本館
      • シングル 16㎡
      • スタンダードツイン 20㎡
      • スーペリアツイン 24㎡
      • トリプル 35㎡
    • 新館
      • スーペリアツイン 32㎡
      • トリプルルーム 47㎡
      • スイートルーム 72㎡
  • レストラン
    • フランス料理 メインダイニング「現代」
    • 日本料理 高原食堂
    • カクテルラウンジ
    • バンケットホール
  • 設備
    • 展望大浴場
    • テニスコート(レンタルあり)
    • スキーレンタル(ウェアもあり)
    • 6ホールゴルフ(ドライバー使用可)
    • レンタサイクル
    • ホテルショップ
    • コンサートホール&チャペル 森の音楽堂
    • インターネット 無線LAN(FREESPOT
  • その他
    • ウェディング
    • 客室内ペット宿泊可(中型犬まで)

ホテルグランフェニックス奥志賀編集

90年代に2つめのホテルとして誕生した。フェニックスホテルはその名のとおり、スポーツ用品関係のフェニックスが建設した。

客室総数35

  • 客室
    • スタンダードツイン 42㎡
    • デラックスツイン 53㎡
    • ジュニアスイート 57㎡
    • デラックススイート 70㎡
    • ロイヤルスイート 100㎡
    • 和室 8+10畳
  • レストラン
    • イタリア料理 La Stella Alpine
    • 日本・中華料理 篝火
    • ラウンジ Largo
  • 設備
    • 展望台浴場
    • サウナ&リラクゼーションルーム
    • 温水プール
    • スキーレンタル(テレマークもあり)
    • ホテルショップ
    • インターネット 無線LAN(FREESPOT
  • その他
    • ウェディング
    • ペット宿泊可(中型犬まで)

ペンション編集

第1ゲレンデ右方近くに小さくペンション街が作られている。どれもさほど大きいものではなく、こぢんまりとした雰囲気がある。離れている訳ではなく、ゲレンデや駐車場のそばにある。

  • 小本ペンション
  • プチホテル Epi(エピ)
  • ベルサルームズ
  • ペンション オードヴィー
  • ペンション 樹の子
  • ペンション シャレークリスチャニア
  • ペンション コットンハウス
  • ペンション コンテ・デ・ネイジュ
  • ペンション 白
  • B&B ブルーエ
  • ロッジ やまのまにまに

その他編集

  • スポーツハイム奥志賀
    • 杉山スキースクールの中心で、ここに宿泊してレッスンを受けることも出来る。

イベント編集

例年、以下のようなものが催されている。各ホテル等の独自のものなどもある。

  • シーズン初滑り
    • スキーオープン後の12月頭に志賀高原の4地区持ち回りのどこか一箇所で行われ、イベントなどが行われる。
  • クリスマス・新年
    • カウントダウンや花火、たいまつ滑走など。
  • 雪の迷路
  • 杉山進&マスターズ チャレンジカップ
  • 奥志賀高原タクトカップ
  • フェニックスレーシングカップ
  • コンサート
    • 森の音楽堂を使った小澤征爾氏や森のオーケストラなどによるコンサート。各ホテルのラウンジ等を使ったミニコンサートも随時行われる。
  • 春スキー感謝祭
    • 各スキー場で開かれ、割引やスタンプラリーなどが行われる。
  • 志賀高原内の各山の開山祭や新緑祭
  • 志賀高原大蛇祭り・ミス志賀高原コンテスト
  • 紅葉フェスタ
    • 紅葉シーズン、10月前半の週末に行われて出店やペンション等の出店などがある。
  • フォトイベント
    • 概ね夏季冬季に分かれてそのシーズンの写真の応募となる。スキー場のサイトに過去の受賞作が展示されている。

交通編集

1998年に長野オリンピックが開催され、志賀高原が競技地となった事もあり、交通事情は格段に良くなった。しかし車の場合、峠道なのは変わりようもなく、注意も必要。 標高が高いこともあり、除雪はされるものの、スキーシーズンには必ず滑り止めが必要。場合によっては高速道路を降りた所から雪道となる。10月終わり以降や5月に入っても、天候の急変などにより数時間で雪道になったりする事もある。峠途中のトンネルではスリップ事故が非常に多い。気温は-20度以下まで下がる事があるのでディーゼル燃料凍結などに注意。ホテル等のサイトから詳しい情報を得ることが出来る。

その他編集

  • 志賀高原の各地にライブカメラが設置されており、志賀高原観光協会のサイトから見ることが出来る。
  • 志賀高原全域にごく初期から光ファイバー網が整備されている。また同時にバッファローFREESPOTが展開され、各所で無線LAN接続の無料インターネットが利用できる。ホテル独自の接続サービスなどを含めれば、ほとんどの所で何らかのインターネット利用が出来る。
  • 毎年、奥志賀高原フォトコンテストが開かれており、スキー場のサイトにいくつもの写真が掲載されている。
  • 奥志賀高原の開発者でもある長野電鉄は経営していたスキー場やホテルなどを2007年に野村ホールディングス系列の投資会社ユニファイド・パートナーズに売却したが[1][2]、同社は2009年に撤退し、ズイカインターナショナル(ホテルグランフェニックス奥志賀の経営会社)に売却した[3]

脚注編集


関連項目編集

外部リンク編集