森山 恵佑(もりやま けいすけ、1994年5月2日 - )は、富山県黒部市出身[1]の元プロ野球選手外野手)。左投左打。

森山 恵佑
Moriyma44.jpg
2018年3月14日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 富山県黒部市
生年月日 (1994-05-02) 1994年5月2日(25歳)
身長
体重
188 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2016年 ドラフト4位
初出場 2017年4月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

黒部市立荻生小学校5年から荻生ジャガースで野球を始める[2]黒部市立桜井中学校時代[3]は、軟式野球部に所属した[4]

中学3年時に星稜高校と母体を同じとする星稜中学校と練習試合をし、投手として先発、ノーヒットノーランを達成した[4]。これが契機となって星稜高等学校に進んだが、これがなければ地元・富山の公立高校に進んでいたという[4]

星稜高校では1年春からベンチ入りをする[2]。高校1年時には大谷翔平と練習試合で4番打者として対戦し4打数4三振と完璧に封じられたという[5]。2年夏の石川県大会決勝では、金沢高等学校と対戦し、釜田佳直からホームランを放つ[4]。2年秋から背番号を1にし[2]、エースとなる。3年春には石川県大会で優勝し、北信越大会への進出を経験した[4]。3年夏は石川県大会決勝で遊学館高等学校に敗れ[4]、準優勝に終わった[2]。甲子園出場はなし[6]。高校時代は最速144キロのスリークォーター左腕として活躍した[4]。星稜高校の1学年上に西川健太郎がいる[4]

高校1年時からプロ野球スカウト陣に注目されていたが、「今のレベルでは通用しない」と専修大学に進学、東都大学野球連盟加盟の専大硬式野球部に入部した[6]。投手として入部したが、1年秋のリーグ戦が終わった後に野手に転向した[4]。2年春は2部ながら打率.297をマークする[7]。2年秋にはリーグ2位の打率.341をマークし、チームの2部優勝に貢献した[7]。1部と2部の入替戦では青山学院大学と対戦し、3試合目に無死満塁から押し出し四球を選ぶなど3試合で12打数2安打1打点、チームの1部昇格に貢献した[8]

3年秋の新チーム始動時は主将の指名を受ける[9]。4年時は背番号1の主将を務めた[10]。4年春の日大戦で神宮球場バックスクリーンを越える推定135メートルの特大中越えソロホームランを放ち、視察した7球団のスカウトに実力をアピールした[11]。この春は満票で[12]自身初のベストナインに外野手部門で選ばれた[6]。また4年秋はチームは最下位の6位に沈むが、国士舘大学との入替戦に勝ち、チームの1部残留を決める[13]。1回戦では7回表に2ランホームランを放つなど、チームの1部残留に貢献した[13]。東都大学野球1部では通算4本塁打を放った[6]

2016年のNPBプロ野球ドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズから4巡目で指名[14]。契約金4,500万円、年俸840万円(金額は推定)という条件で入団した[15]。背番号は44[3]

プロ入り後編集

2017年には、レギュラーシーズン開幕直後の4月11日の対福岡ソフトバンクホークス戦(札幌ドーム)で代打として一軍公式戦にデビュー。翌12日の同カードでは「8番・左翼手」としてスタメンに起用された。7月13日のフレッシュオールスターゲーム静岡県草薙総合運動場硬式野球場)ではイースタン・リーグ選抜の4番打者としてフル出場を果たした[16]。一軍公式戦全体では、5試合の出場で11打数ノーヒット8三振に終わった。イースタン・リーグ公式戦には、99試合の出場で規定打席に到達。新人ながら18本塁打を放ち、本塁打王のタイトルを獲得した。

2018年には、イースタン・リーグ公式戦95試合に出場し、2年連続でリーグの規定打席に到達。打率は.247と前年(.237)より上昇したものの、本塁打数が9本に半減したほか、一軍公式戦への出場機会はなかった。

2019年には、イースタン・リーグ公式戦84試合に出場したが、7本塁打、打率.199と不振で、規定打席に到達できなかった。結局、一軍公式戦への出場機会はないまま、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[17]。通告の直後には現役からの引退を検討したものの、11月9日には12球団合同トライアウト大阪シティ信金スタジアム)へ参加。独立リーグに所属する複数の球団から入団を打診されたものの、希望していたNPB他球団から獲得のオファーを受けるまでには至らず、現役引退の道を選んだ[18]。12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示された[19]

現役引退後編集

日本ハム時代のチームメイトで、自身と同時に戦力外通告を受けた森本龍弥への相談がきっかけで、2020年4月から森本と共に「日本営業大学」(一般社団法人)でビジネススキルを学ぶ予定[18]

選手としての特徴・人物編集

力まずに遠くへ飛ばせる天性の長距離砲[20]。星稜高校時代は松井秀喜の在学時に設置された右翼ポールから左中間にかけての高さ10メートルの「松井ネット」を越す当たりを放ち[7]、専修大学ではグラウンドの右中間後方に設置された夜間照明塔のライトに打球をぶつけた[7]

長打力が武器で、左打ちだという点は松井と共通し[21]、イメージが重なるため「ゴジラ2世」と呼ばれる[15][20]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2017 日本ハム 5 12 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 9 0 .000 .083 .000 .083
通算:1年 5 12 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 9 0 .000 .083 .000 .083
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



外野












2017 日本ハム 3 4 0 1 0 .800
通算 3 4 0 1 0 .800
  • 2019年度シーズン終了時

記録編集

背番号編集

  • 44 (2017年 - 2019年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「主軸打てる選手に」森山外野手(黒部出身) 日本ハム入団発表”. 北日本新聞ウェブ[webun ウェブン] (2016年11月23日). 2017年2月5日閲覧。
  2. ^ a b c d 【日本ハム】星稜高出身「ハムのゴジラ」ドラ4森山「印象に残る一発を」”. スポーツ報知 (2017年1月21日). 2017年2月5日閲覧。
  3. ^ a b 日本ハム入団会見 森山選手 背番号は44”. チューリップテレビニュース (2016年11月22日). 2017年2月5日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「野手ではなく、投手としてプロ注目だった高校時代」・前編”. 高校野球ドットコム (2016年11月6日). 2017年2月5日閲覧。
  5. ^ 140Mの大砲、日ハム・ドラ4森山「大谷選手は同級生でも雲の上の存在」”. ニフティニュース (2016年11月23日). 2017年2月4日閲覧。
  6. ^ a b c d 専大・森山に中日高評価、中田スカウト部長「大化けする可能性がある選手」”. スポーツ報知 (2016年10月10日). 2017年2月5日閲覧。
  7. ^ a b c d 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「理想の打撃実現は、無駄な力を抜くことから」・後編”. 高校野球ドットコム (2016年11月7日). 2017年2月5日閲覧。
  8. ^ 東都大学野球連盟 26年度秋季入替戦”. 東都大学野球連盟ホームページ. 2017年2月4日閲覧。
  9. ^ 専修大学野球部の主将で、日本ハムへの入団が決まった森山 恵佑さん 多摩区 タウンニュース”. タウンニュース (2016年11月25日). 2017年2月5日閲覧。
  10. ^ 一般財団法人 東都大学野球連盟 大学一覧-選手情報”. 東都大学野球連盟ホームページ. 2017年2月4日閲覧。
  11. ^ 専大・森山“新ゴジラ弾”7球団驚がく”. デイリースポーツ (2016年4月22日). 2017年2月5日閲覧。
  12. ^ 専大スポーツ編集部 ニュース【野球部】森山恵佑がベストナインに初選出!”. 専大スポーツ (2016年5月25日). 2017年2月5日閲覧。
  13. ^ a b 一般財団法人 東都大学野球連盟 試合情報-試合結果詳細”. 東都大学野球連盟ホームページ. 2017年2月4日閲覧。
  14. ^ 選手名鑑 北海道日本ハムファイターズ 外野手 森山恵佑”. 北海道日本ハムファイターズ公式サイト. 2017年2月4日閲覧。
  15. ^ a b 日本ハム4位森山恵佑が偉大な先輩松井超え誓う”. 日刊スポーツ (2016年11月10日). 2017年5月7日閲覧。
  16. ^ 2017年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果NPB日本野球機構
  17. ^ 来季契約について”. 北海道日本ハムファイターズ (2019年10月1日). 2020年3月10日閲覧。
  18. ^ a b 同級生は大谷翔平... 日ハム戦力外の25歳が今、「セカンドキャリア」に向き合う”. J-CASTニュース (2020年2月9日). 2020年3月10日閲覧。
  19. ^ 2019年度自由契約選手NPB日本野球機構
  20. ^ a b 森山恵佑プロフィール”. スポーツナビ. 2017年2月4日閲覧。
  21. ^ 日本ハム4位の専大・森山、レギュラー狙う「試合を一打で決められる選手に」”. サンケイスポーツ (2016年10月20日). 2017年2月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集