メインメニューを開く

横山 昌弘(よこやま まさひろ、1935年2月27日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手外野手)。

横山 昌弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県
生年月日 (1935-02-27) 1935年2月27日(84歳)
身長
体重
173 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1959年
初出場 1959年4月14日
最終出場 1961年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

静岡商業高では1952年にエース田所善治郎を擁し、中堅手として春の選抜に出場。準決勝は八尾高木村保の好投に苦しむが辛勝。決勝では日野美澄のいた鳴門高を降し、田所が全試合完封勝利、静岡商を選抜初優勝に導いた[1]。同年夏は、山静大会準決勝でエース矢頭高雄を擁する都留高に敗退。他のチームメートに捕手阿井利治がいた。

高校卒業後は、明治大学に進学。東京六大学野球リーグでは3年生までに3度の優勝を経験するが、自身の活躍はなかった。しかし1956年秋季リーグでは打率.378(ベストテン3位)の好成績を残す。大学同期には佐々木重徳田村満(いずれも中退)、関口一郎荻孝雄がいた。

大学卒業後は、社会人野球大昭和製紙に入社。1957年都市対抗野球に三番打者として出場するが、2回戦(初戦)で全鐘紡に敗退[2]。同年秋にデトロイトで行われた第3回世界野球選手権に鈴木隆古田昌幸らと日本代表として参加し、中心打者として優勝に貢献する。1958年都市対抗にも連続出場するが、1回戦で丸善石油に敗れる[2]。同年の産業対抗では打撃賞を獲得した。

1959年中日ドラゴンズに入団。1年目から一軍で起用され、主に中堅手として14試合に先発出場。翌1960年左翼手に回り、主に二番打者として21試合に先発。しかし1961年には江藤慎一が外野手に回ったこともあり、出場機会が減少、同年限りで現役引退。

引退後は、中日新聞社記者を経て、中日球団フロントに入った。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1959 中日 51 87 81 4 18 2 0 1 23 3 3 0 2 0 3 0 1 10 4 .222 .259 .284 .543
1960 68 112 99 8 22 3 2 1 32 4 2 0 7 0 6 0 0 13 0 .222 .267 .323 .590
1961 36 48 45 3 12 2 0 0 14 1 0 1 1 0 2 0 0 9 0 .267 .298 .113 .609
通算:3年 155 247 225 15 52 7 2 2 69 8 5 1 10 0 11 0 1 32 4 .231 .270 .307 .577

背番号編集

  • 25 (1959年 - 1961年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集