橘家 圓三(たちばなや えんざ)は、落語。「橘家」の亭号は元来、東京三遊亭の傍流であるが、当代は上方落語家三遊亭圓三としても名乗った。


橘家たちばなや 圓三えんざ
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}橘家(たちばなや) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}圓三(えんざ)
橘ノ圓都一門の定紋「丸に九枚笹」
本名 土居どい しげる
生年月日 (1947-11-14) 1947年11月14日(73歳)
出生地 日本の旗 日本広島県
師匠 3代目林家染丸
2代目笑福亭松之助
橘ノ圓都
3代目桂米朝
名跡 1. 林家染和(1967年 - 1968年)
2. 笑福亭つる松(1968年 - ?)
3. 明石家つる松(時期不明)
4. 橋本円三(時期不明)
5. 扇屋圓三(? - 1971年)
6. 橘家圓三(1971年 - )
活動期間 1967年 -
所属 フリー
備考
上方落語協会会員

橘家 圓三(たちばなや えんざ、1947年11月14日 - )は、上方落語家。本名: 土居どい しげる

経歴編集

40歳以降は医療関係書籍の編集出版を手がけ、食、健康、介護に関する講演も行っている。若手の時からその実力に注目されていたが、このころは、落語家として高座には上がっていなかった。

2012年2月、8月の2代目桂ざこばの動楽亭で高座に復帰。以降不定期ながら動楽亭に出演。

出典編集