橘高淳

日本の元プロ野球選手、プロ野球審判員
本来の表記は「橘髙淳」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

橘高 淳(きったか あつし、1962年12月17日 - )は、滋賀県大津市出身の元プロ野球選手捕手)、プロ野球審判員。審判員袖番号は9

橘髙 淳
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県大津市
生年月日 (1962-12-17) 1962年12月17日(57歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1980年 ドラフト外
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴編集

瀬田工業高では、捕手として布施寿則(豊橋技科大)とバッテリーを組み、3年次の1980年夏の甲子園にチーム初出場を果たす。3回戦でエース高山郁夫を擁する秋田商を降し、準々決勝では浜松商に大勝。しかし準決勝で早実高荒木大輔に完封を喫する[1]

同年オフに、ドラフト外阪神タイガースに入団。しかし、一軍公式戦に出場のないまま1983年オフに戦力外通告を受け、現役を引退。ブルペン捕手として球団に残るが、1年で退団。

1985年からブリンクマン審判学校を経て、セントラル・リーグ審判部入局。後に審判部主任→クルーチーフを務め、現在は審判長補佐。同じセ・リーグの審判を務めた渡真利克則は現役時代、阪神の同期生。

現役時代の背番号65、ブルペン捕手時代の背番号は92。審判員袖番号は91988年の初採用から)。

2017年シーズン終了時点での通算出場試合数は2626試合。オールスターゲーム出場5回(1993年、2001年、2004年、2011年、2016年)、日本シリーズ出場7回(1999年、2003年、2004年、2007年、2011年、2014年、2017年)。オールスターゲームでは1993年第2戦、日本シリーズでは、2004年に第1戦、2003年に第4戦、2017年第5戦でそれぞれ球審を務めている。

2011年5月25日の広島東洋カープ埼玉西武ライオンズ戦に二塁塁審として出場し、通算2000試合出場を達成した。

また2016年7月31日には、オリックス・バファローズ対埼玉西武ライオンズ第17回戦(京セラドーム大阪)で二塁塁審を務め、史上42人目となる通算2500試合出場を達成した[2]

人物編集

関西審判部として長年審判員を務めており、日本シリーズには7度出場している。

高校の2学年後輩に西崎幸広(元日本ハム西武、投手)がいた。

判定が関連したトラブル編集

1994年5月10日、ヤクルト - 巨人戦(明治神宮野球場
8回裏、ヤクルトの飯田哲也が放ったショートへの打球を巨人の遊撃手、川相昌弘が捕球後、三塁手長嶋一茂に送球し、走者の野口寿浩にタッチしたが、セーフ判定。一茂はこの判定に不服として、即座に三塁塁審、橘高を押したため、暴力行為で一茂に退場を宣告した。ちなみに橘高にとって初めて退場処分を下した試合である。
1996年9月4日、広島 - 阪神戦 (広島市民球場)
6回裏、広島の野村謙二郎がショートへ放った打球を阪神の久慈照嘉がキャッチし、一塁へ送球。野村は一塁へヘッドスライディングしたが一塁塁審の橘高はアウトの判定を下した。この判定に不服とした広島監督の三村敏之がベンチから飛び出し、猛抗議。その際に橘高に蹴りを入れるなどの暴行を働いたため、橘高は三村に退場を下した。三村に退場宣告後今度は野村が激昂、橘高を突き飛ばしたため、野村にも退場を宣告した。
1998年7月31日、阪神 - 巨人戦(阪神甲子園球場
6回裏、巨人のバルビーノ・ガルベスが阪神の坪井智哉に本塁打を打たれた直後、ホームランを打たれる直前の際どいコースのボールがストライクであるとして、球審である橘高に不満な態度を見せる。投手交代のため、マウンドに内野陣が集まり、ベンチから監督の長嶋茂雄や投手コーチの堀内恒夫らが出て、長嶋がガルベスにベンチへ戻るように指示し、戻ろうとしていた途中、突然後ろを振り向き、橘高にボールを投げつけた(本人はボールボーイに返球しただけと主張)。橘高の方へはバウンドしたボールが転がっただけで橘高自身には当たらなかったが、この行為に橘高も激怒し、ガルベスに向かって走り寄ってしまったためガルベスも応戦し、乱闘騒ぎになった。(ガルベスはそのシーズンの残り試合出場停止処分となった。)
1999年6月1日、中日 - 巨人戦(ナゴヤドーム)
4対3と巨人の1点リードの6回裏、中日の攻撃。無死満塁から打者・渡邉博幸の打球は左足に当たったかと思われたが、橘高は当たっていないと判定し、その打球は捕手が処理して併殺打になった。この判定に中日監督の星野仙一が7分間に渡る猛抗議をしたが、判定は変わらず、試合もそのまま巨人が勝利した。
2000年5月6日、中日 - 横浜戦(ナゴヤドーム)
7回裏、中日の攻撃。立浪和義への内角球を、球審の橘高はストライクと判定した。判定に不満を示した立浪が橘高の胸を突いたとして退場処分を宣告した直後、中日監督の星野仙一が橘高に体当たりし、中日ベンチから選手・コーチが一斉に橘高のもとに詰め寄り、乱闘騒ぎになった。その際、大西崇之が橘高の胸付近を殴り、橘高は右肋骨骨折と左肩、背中などの軽傷と診断された。最終的に星野、立浪、大西の3人が退場処分を受けた。星野には5日間の出場停止と50万円の罰金、立浪に5日間、大西に10日間の出場停止と10万円の罰金がそれぞれ科された。その後、星野、立浪、大西の3人に対しては、それぞれ別地域に住む一般人2名が傷害罪で名古屋地方検察庁に刑事告発(刑事告発は誰でもできる)を行ったが、橘高本人から被害届が出ていない、3者とも反省の意思を示しているとのことで、書類送検された後に起訴猶予処分となった。
2000年6月7日、巨人 - 阪神戦(東京ドーム
打席を3回外した阪神の和田豊に対し、巨人のダレル・メイは和田の頭めがけて故意にボールを投げつけた。ボールは和田の頭部付近を通ったが、球審の橘高はその時点では処置をしなかった。しかし試合後、メイが「to him」と発言したため、後日連盟より、出場停止10日間、罰金50万円の処分を受けた。橘高を含む審判団は、本来ならば投球時点で確認を行い厳正な処分を行うべきであるとして、連盟より厳重戒告の処分を受けた。
2004年10月16日、中日 - 西武戦(2004年の日本シリーズ第1戦、ナゴヤドーム)
5回裏、中日の攻撃。一死一塁から中日の谷繁元信の打球は捕手前のゴロとなった。西武の野田浩輔がこれを処理し直ちに谷繁に触球を試みた。球審の橘高は野田が打者走者の谷繁に触球したと判定し、アウトを宣告した。続いて野田は二塁へ送球。橘高のアウトの宣告が聞こえていなかったのか、二塁塁審の杉永政信は一塁走者のオマール・リナレスフォースアウトを宣告した。この判定を受け、ショートを守っていた西武の中島裕之は一塁に送球。西武側は併殺したと判断し、ベンチに引き上げた。すると中日監督の落合博満は審判団に、「打者走者に対する触球によってアウトが宣告されたのなら、二塁はタッグプレーになる。一塁走者はアウトではない」と主張した。審判団は協議の上、杉永によるフォースアウトの判定を取り消し、二死二塁からの再開を決めた。この判定に対し西武監督の伊東勤が、「一度審判員がアウトと言ったのだから…」とこの決定に対して異議を唱える。この間、約49分にわたり試合が中断、最後はこの試合の責任審判であった左翼外審友寄正人と、橘高が場内アナウンスで謝罪する事態となった。この件で審判団はコミッショナーから厳重注意を受けた。
2005年9月7日、中日 - 阪神戦(ナゴヤドーム)
9回表、阪神の攻撃。阪神の中村豊の本塁突入の際のクロスプレーの判定を巡り、阪神監督の岡田彰布らによる抗議で試合が一時中断した。さらに9回裏、中日の攻撃。無死二・三塁の場面で、打者・谷繁元信の打球は二塁方向へのゴロで、セカンドを守っていた阪神の関本健太郎はスタートを切った三塁走者のアレックス・オチョアをアウトにしようと本塁に送球したが、球審の橘高はセーフと判定した。平田勝男ヘッドコーチはこれを不服としてベンチから飛び出し、橘高に暴力行為を働いたため、橘高は平田ヘッドコーチに退場を宣告した。岡田監督が選手全員を一旦ベンチに引き上げさせ、試合は18分間中断した。
2011年10月2日、埼玉西武 - 福岡ソフトバンク戦 (西武ドーム)
9回裏の西武の攻撃、打者・栗山巧のハーフスイングを 3塁塁審の橘高はスイングと判定、空振り三振で試合が終了した。橘高は自身に向かって来た西武の渡辺久信監督にハーフスイングの抗議は禁じられていることを伝えようとしたが、「ガタガタ言うな」と言いかけてしまい渡辺を激怒させた。橘高は発言をすぐに取り消したが渡辺の怒りは収まらず、約5分間猛抗議を受けることになってしまった。
2012年8月31日、阪神 - 広島戦 (阪神甲子園球場)
6回裏阪神の攻撃で一死 2・ 3塁の状況で、打者・能見篤史のスクイズに投手・ブライアン・バリントンはウエストしたが、能見のバット付近で急にボールの軌道が変わり、捕手・倉義和が捕球できずにボールがバックネット方向に転がった。球審の橘高が空振りストライクの判定をしたため、 3塁走者・平野恵一がホームインし得点が認められた(公式記録は平野の本盗)。なお、打者・能見、 3塁走者・平野ともに当初はファウルと認識していたような行動をとっており、 2塁走者・藤井彰人は、3塁付近まで行っていたものの帰塁している。この橘高の判定に対し、広島・野村謙二郎監督はファウルではないかと猛抗議したが認められず、 5分を越えた時点で遅延行為として退場処分を受けた。ちなみに複数のテレビカメラでボールがバットに当たっていることが確認でき、塁審も「当たったのでは?」と具申をしている。橘高の判定の根拠「一番近くで見ていた」が最大のネックとなった。
2013年4月29日、阪神 - 広島戦 (阪神甲子園球場)
6回裏、阪神の新井良太の打席で広島先発のブライアン・バリントンが投球モーションに入ろうとした際に新井がタイムを要求、直前ではあるものの橘高はタイムを宣言。だがバリントンはそれを不服とし、そのまま投球、その投球が新井の胸元へ通過したことから新井は驚いた表情を浮かべ、ベンチからは兄である新井貴浩が怒りを露わにしていた。攻撃終了後に阪神監督の和田豊と、投手コーチの中西清起が橘高に注意を与えるように抗議したが、橘高の判断で注意は与えられなかった。
2018年9月24日、阪神 - 巨人戦 (阪神甲子園球場)
7回表無死二塁で巨人・阿部慎之助の打席で阿部が4球目を引っ張って強烈なライナーを放ち、一塁手のエフレン・ナバーロが地面すれすれで捕球。一塁の塁審橘高はノーバウンド捕球としてアウトのコールをした。ナバーロは二塁走者であった岡本和真が飛び出したとみて二塁に送球も悪送球となり、岡本は三塁へ。1死三塁と思われたが、審判団が協議の結果、ナバーロの捕球はショートバウンドだったと判定が覆った。橘高は場内にで「ファーストライナーでアウトのジェスチャーをしましたが、4主審判で協議の結果ショートバウンドとし、ノーアウト一、三塁で再開します」と説明。それに阪神監督金本知憲が「ノーバウンド捕球、アウトと言ったから一塁ベースを踏まず、二塁に送球したとも言えるプレーだった」として抗議しリクエストを要求したが、塁審よりも前の打球のためリクエストの対象外として判定は覆らなかった。その後阪神側は日本プロ野球機構に意見書を提出した。
2019年5月4日、広島 - 巨人戦(マツダスタジアム
1回裏1死、菊池涼介がショートへの強いライナーを放つ。坂本勇人がそれを落球した後あわてて1塁に送球したが送球が高く浮き、一塁手の中島宏之がジャンプして捕球したがベースから足が離れてセーフとなった。菊池は中島との衝突を避けようとしてフェアライン側に入ってしまい、すぐに一塁へ戻るも、中島がタッチして一塁塁審の橘高はアウトを宣告した(記録は遊ゴロ失策と打者走者の走塁死)。このプレーに関して広島監督の緒方孝市によりリクエストが行われ、その判定に抗議した緒方に退場が宣告された。橘高は試合後、菊池が起き上がった瞬間に「二塁に向かう意思があった」と判定したことを述べた。それに対し緒方は「リクエストしたら、プレー自体を検証してくれるものだと思った」と本来リクエストできない内容まで検証すると勘違いしていたことに言及した[3]。広島は即日、この判定に至った審判団の判断について、「公認野球規則5.09b(4)の例外」の文面を理由に「直ちに帰塁するならタッチされてもアウトにならないはず」と、アウトセーフの判定でなくルールがどうなのかを確認するためセントラルリーグに意見書を提出した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 65(1981年 - 1983年)
  • 92(1984年)

審判出場記録編集

  • 初出場:1987年9月8日、阪神タイガースヤクルトスワローズ21回戦(阪神甲子園球場) - 左翼外審として
  • 出場試合数:2774試合
  • オールスター出場:5回(1993年、2001年、2004年、2011年、2016年)
  • 日本シリーズ出場:7回(1999年、2003年、2004年、2007年、2011年、2014年、2017年)

(記録は2019年シーズン終了時)[4]

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 橘高淳審判員 2500試合出場達成のお知らせ - NPBニュース(日本野球機構オフィシャルサイト)、2016年7月31日
  3. ^ 【広島】緒方監督退場の舞台裏を審判に聞く「菊池は二塁に向かう意思見せた」”. スポーツ報知. 2019年6月29日閲覧。
  4. ^ 2020年度審判員・記録員-橘高淳(2020年3月5日閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集