武士彠

中国の隋末から唐初の政治家。利州都督

武 士彠[1](ぶ しやく、577年 - 635年)は、中国末から初にかけての政治家。は信明。本貫并州文水県武則天の父。

経歴編集

財産家の武華の子として生まれ、広く交友を結んだ。隋末に鷹揚府隊正に任ぜられた。唐国公李淵太原留守となると、士彠は召し出されて行軍司鎧参軍となった。劉弘基長孫順徳が李淵の命を受けて兵を集めたとき、副留守の王威・高君雅らがその意図を疑ったが、士彠は「これはみな唐公の客である」と言って誤魔化した。また司兵参軍の田徳平が募兵の状況を王威に訴えようとすると、士彠は田徳平を脅して報告を止めさせた。

李淵が起兵すると、士彠は大将軍府鎧曹参軍となった。長安の平定に参加した功績により、光禄大夫となり、太原郡公に封ぜられた。この頃、士彠が「陛下が長安に入られ、天子の位に昇られる夢をかつて見たことがあります」と言うと、李淵は「おまえは以前は王威の党与だった。劉弘基らが獄につながれるのを防いでくれたし、その功績をくんだからこそ、おまえを官位につけてやった。いま見え透いた媚びを私に売るのか?」と笑っていった。

士彠は工部尚書に累進し、応国公に封ぜられ、利州都督荊州都督を歴任した。貞観9年(635年)に死去すると、礼部尚書の位を贈られ、を定といった。

永徽年間に士彠の次女の武照皇后に上ると、并州都督・司徒の位を追贈され、周国公に追封された。咸亨年間、太尉・太子太師の位を加えられ、太原郡王に追封され、功臣の上に列した。武照が朝政をみるようになると、士彠は忠孝太皇と追尊され、崇先府が建てられて、属官が置かれ、五代にさかのぼって王位を追贈された。武周が建てられると、東都に武氏七廟が建てられ、帝に追冊された。先天年間、士彠の帝号が削られ、太原郡王とされ、武氏七廟も廃止された。

初め、士彠は相里氏を妻として、武元慶武元爽の二男をもうけた。その後、楊氏(栄国夫人、楊達の娘)を後妻として、三女をもうけた。長女は賀蘭越石の夫人となり、韓国夫人に封ぜられた。次女の武照は高宗の皇后となり、帝位に上った。三女は郭孝慎の夫人となった。

兄に武士棱・武士譲・武士逸がおり、兄の武士譲の子として武懐亮(名は惟良)・武懐道武懐運(名は弘度)らがいた。

武周王朝系図】(編集
  • 網掛けは正史あるいは異説において、武則天によって処刑・賜死されたとされる人物。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高祖
李淵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)周顕祖
武華
 
韓王
李元嘉
 
霍王
李元軌
 
舒王
李元名
 
斉公
長孫晟
 
趙瓌
 
常楽公主
李氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太宗
李世民
 
魯王
李霊夔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楚王
武士譲
 
(追)周太祖
武士彠
 
上党公
李諶
 
黄国公
李譔
 
豫章王
李亶
 
趙公
長孫無忌
 
文徳皇后
長孫氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
廃后
王氏
 
 
 
 
 
 
范陽王
李藹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
善氏
 
 
武懐亮
 
魏王
武元爽
 
韓国夫人
武順
 
薛懐義
 
則天皇帝
武照
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高宗
李治
 
 
 
 
 
 
淑妃
蕭氏
 
越王
李貞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武懐運
 
武懐道
 
魏王
武承嗣
 
賀蘭敏之
 
魏国夫人
賀蘭氏
 
城陽公主
李氏
 
安定公主
李氏
 
 
 
 
 
 
梁王
李忠
 
杞王
李上金
 
雍王
李素節
 
琅邪王
李沖
 
李規
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(前妻)
 
定王
武攸曁
 
 
 
 
 
 
太平公主
李氏
 
 
 
 
 
薛紹
 
中宗
李顕
 
沛王
李賢
 
(追)唐義宗
李弘
 
睿宗
李旦
 
(九子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
魏王
武延基
 
 
 
 
 
永泰公主
李仙蕙
 
邵王
李重潤
 
殤帝
李重茂
 
義豊王
李光順
 
(追)唐譲帝
李憲
 
玄宗
李隆基
 
 
 
 
 


脚注編集

  1. ^ 「彠」は「約(やく)」と読む。唐の孫処(字は茂道)と韋仁(字は思謙)は避諱により字を用いた。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻58 列伝第8 「武士彠伝」
  • 新唐書』巻206 列伝第131 外戚 「武士彠伝」