比亜迪汽車

中国の自動車メーカー

比亜迪自動車販売株式会社BYD Auto簡体字中国語: 比亚迪汽车繁体字中国語: 比亞迪汽車拼音: Bǐyàdí Qìchē)は、広東省深圳市に拠点を置く中華人民共和国自動車メーカー

BYD Auto
比亜迪自動車株式会社
公開企業
(SEHK1211)
業種 輸送用機器
設立 2003
本社
主要人物
王伝福(総裁)
製品 自動車
従業員数
60,000 ウィキデータを編集
親会社 比亜迪
ウェブサイト www.byd.com
比亜迪自動車
(比亜迪汽車)
各種表記
繁体字 比亞迪汽車
簡体字 比亚迪汽车
拼音 Bǐyàdí Qìchē
英文 BYD Auto
テンプレートを表示

概要編集

中華人民共和国のバッテリーメーカー比亜迪股份有限公司の子会社である。会社の前身は、西安秦川自動車責任株式会社であり、同社が倒産したため、比亜迪により現社名に変更され、新会社として2003年に設立された。創業者で現会長王伝福は、2009年度版の胡潤百富榜の評価では総資産350億元(日本円で約4,556億円)と、中国一の資産家である [1]

2008年12月15日に世界初の量産型プラグインハイブリッドカーBYD F3DM」を発売した。

2010年4月1日日本金型メーカーオギハラ館林工場を買収し、館林工場の土地建物設備従業員約80人を引き継いだ。今後、オギハラが開発した金型を中国本土に持ち込み、中国人社員への技術移転を進める[2]

中国政府のEVへの補助金を受け、中国本土と一部海外にも積極的に販売している。2016年時点で電気自動車の販売数では世界一である[3]

2015年に京都市内の路線バス「プリンセスライン」に電気バス「K9」を導入[4][5]したのを皮切りに、日本国内では同社の電気バスを導入する事業者が増え、日本市場向けのモデルも登場している[6]

主要株主編集

世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイ会長CEOウォーレン・バフェットが、MidAmerican Energy社を通じて親会社の比亜迪出資している[7]。「M6」発売のセレモニーには、バフェットと盟友のビル・ゲイツが出席している[8]

車種編集

乗用車編集

バス編集

  • C6
  • C7
  • C8
  • C9
  • J6 - 小型電気バス(K6をベースにした日本市場向け車種[8]
  • K6 - 小型電気バス
  • K7 - 中型電気バス
  • K8 - 大型電気バス(全長10.5m)
  • K9 - 大型電気バス(全長12.0m)
    • K9A
    • K9B
    • K9DA
    • K9FE
    • K9R
    • K9RA
  • K10 - 二階建電気バス
  • K11M - 電気連節バス
  • K11U - 電気連節バス
  • K12A - 電気二連節バス(全長26.8m)

ギャラリー編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集