気狂いピエロ』(きちがいピエロ、フランス語: Pierrot Le Fou)は、1965年フランスイタリア合作映画。アンナ・カリーナジャン=ポール・ベルモンド主演、ジャン=リュック・ゴダール監督。ヌーヴェルヴァーグを代表する作品の1つ。日本公開は1967年。

気狂いピエロ
Pierrot Le Fou
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
製作 ジョルジュ・ド・ボールガール
出演者 アンナ・カリーナ
ジャン=ポール・ベルモンド
音楽 アントワーヌ・デュアメル
撮影 ラウール・クタール
編集 フランソワーズ・コラン
配給 日本の旗日本ヘラルド映画
公開 フランスの旗 1965年11月5日
日本の旗 1967年7月7日
上映時間 110分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
製作費 $300,000
テンプレートを表示

あらすじ編集

「ピエロ」と呼ばれるフェルディナン(ベルモンド)は、不幸な結婚をしていた。退屈な生活から逃げ出したい衝動に駆られていたフェルディナンは、ふと出会った昔の愛人であるマリアンヌ(カリーナ)と一夜を過ごすが、翌朝見知らぬ男性の死体を見つけ、彼女と共に逃避行を始める。

キャスト編集

備考編集

  • ライオネル・ホワイトの小説『Obsession』(1962年)を原作とする。しかし他の多くのゴダールの作品と同じく脚本と呼べるものはなく、ほとんどのシーンは即興で撮影された。
  • 映画のタイトルの読みは「きちがい-」であり、「きぐるい‐」は誤りであるが、近年は差別用語にまつわる表現の自主規制によって、テレビなど各種メディアでは「きぐるい」と読ませる場合がある。また近年のテレビ放送では、原題のフランス語片仮名書きして「ピエロ・ル・フ」とされることもある(例:1989年深夜フジテレビでの放送)。
  • 当初ゴダールはマリアンヌ役にシルヴィ・ヴァルタンを考えていたが、ヴァルタンのエージェントに断られている[1][2]
  • 俳優のジャン=ピエール・レオが、スタッフとして助監督を務めた。
  • 海のシーンは、溝口健二監督の「山椒大夫」へのオマージュである。

脚注編集

  1. ^ Interview with Sylvie Vartan (in French)
  2. ^ Jean-Luc Godard's Pierrot le fou ed. David Wills, Cambridge University Press, 2000 (first 20 pages)

外部リンク編集