泣かないで!かあちゃん』(なかないで かあちゃん)は、1970年4月2日から同年9月24日までNET系列局で放送されていたテレビドラマである。NETテレビ(現・テレビ朝日)と東映の共同製作。全26話。放送時間は毎週木曜 21:00 - 21:56 (日本標準時)。

泣かないで!かあちゃん
ジャンル テレビドラマ
原作 山野貞子(原案)
脚本 椎名龍治
八住利雄
八木柊一郎
北村篤子
監督 渡辺成男
中村経美
畠山豊彦
出演者 加藤治子
大坂志郎
オープニング 「泣かないで!かあちゃん」
プロデューサー 服部尚雄
制作 NETテレビ
東映
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1970年4月2日 - 1970年9月24日
放送時間 木曜 21:00 - 21:56
放送分 56分
回数 26
テンプレートを表示

作品概要編集

月刊誌『主婦の友』が読者から募集した『婦人の書いた実話シリーズ』において入選した、山野貞子の作品をドラマ化したものである。前年1969年に同じ時間帯に放送されていた『頑張れ!かあちゃん』とは、同じ『主婦の友』での入選作を原案としていること、オープニングがこけしの映像であること、プロデューサー・脚本担当者・音楽担当者などの一部のスタッフが共通していることから「姉妹編ともいえる作品」と紹介されている[1]。ただし、モノクロ作品の『頑張れ!かあちゃん』と違って本作はカラー16mmフィルムで撮影され、テレビ放送もカラーで行われていた。

本作の時代背景は、第1話から第13話までが昭和36年(1961年)で、第14話から最終話の第26話までが昭和45年(1970年)、すなわち本作放送当時となっている。そのため、第14話をもって一部のキャストを変更するという、『頑張れ!かあちゃん』と同じ手法が試みられた。なお、本作には各回のサブタイトルが用意されていなかった。

ストーリー編集

山野佐多子は、隣で模型店を営む福田寅松の援助もあって文房具店を開業。佐多子の夫・健造はかつて中小企業の工場の社長だったが、事業に失敗して倒産し、平のサラリーマンとして再出発した。健造には、太平洋戦争前に商売をするために一人フィリピンに渡り、そこで現地の女性と結婚し、娘も一人もうけたが、戦争勃発でやむなく帰国したという過去があった。そしてフィリピンでその妻と娘・マリーアが健在で、さらにマリーアは結婚してその娘・カタリーナがいることを知る。健造はフィリピンへ妻と娘と孫に会いに行くが、それからしばらくしてマリーアとカタリーナが日本にやって来る。その後マリーアは一人でフィリピンへ帰国していくが、船の事故で夫とともに亡くなってしまう。健造と佐多子の夫婦はカタリーナを養子として引き取り、文化や習慣の違いなど困難を乗り越えて彼女を育ててゆく。

キャスト編集

レギュラー編集

ゲスト編集

スタッフ編集

  • 原案:山野貞子(『主婦の友』応募入選作)
  • プロデューサー:服部尚雄
  • 脚本:椎名龍治、八住利雄八木柊一郎、北村篤子
  • 監督:渡辺成男、中村経美、畠山豊彦
  • 助監督:三村道治 ほか
  • 音楽:塚原晢夫
  • 制作:NET、東映

主題歌編集

「泣かないで!かあちゃん」
作詞:薩摩忠 / 作曲:塚原晢夫 / 歌:大庭照子(ポリドール

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1970年4月2日付『毎日新聞』テレビ欄での番組紹介より。
  2. ^ 作中で、6歳の誕生日を迎えたのを機にカタリーナから梨南子に改名した。
NET系列 木曜21:00枠
前番組 番組名 次番組
夫よ男よ強くなれ
(1969年10月2日 - 1970年3月26日)
泣かないで!かあちゃん
(1970年4月2日 - 1970年9月24日)
明日のしあわせ
(1970年10月1日 - 1970年12月24日)