メインメニューを開く

真山 知子(まやま ともこ、1941年1月22日 - )は、日本の女優キルト作家。身長162cm、体重52kg。本名は蜷川 宏子。キルト作家での活動では本名を用いている。旧芸名は中条 宏美

まやま ともこ
真山 知子
本名 蜷川 宏子(旧姓:生江)
別名義 中条 宏美[1]
生年月日 (1941-01-22) 1941年1月22日(78歳)
出生地 日本の旗 日本東京都渋谷区
血液型 A型
職業 女優キルト作家
ジャンル 映画・演劇・テレビドラマ
活動期間 1979年 -
配偶者 蜷川幸雄(死別)
著名な家族 蜷川実花(娘)
谷崎十郎(祖父)
蜷川有紀蜷川みほ(義姪)
主な作品
五人の賞金稼ぎ[1]
子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる[1]
テンプレートを表示

夫は演出家蜷川幸雄[1]。娘は写真家蜷川実花[1]。祖父は俳優谷崎十郎[1]。義姪に女優の蜷川有紀蜷川みほ

来歴・人物編集

東京都渋谷区出身。東京家政大学附属女子高等学校卒業。1959年東映ニューフェイスに合格[1]。同期には千葉真一亀石征一郎太地喜和子茅島成美新井茂子都築克子らがいる。2年後、東映を退社して1962年劇団青俳に入る[1]1965年、蜷川幸雄と結婚。1968年には夫とともに劇団現代人劇場を結成する[1]清水邦夫の演劇『戯曲』や、妖艶な悪女で映画・テレビドラマに出演した。

1978年に育児のため休業。1984年から本格的にパッチワークを始め、現在は芸能活動は休止しパッチワーク作家として活動している。

2016年に夫・蜷川幸雄の死去に伴い、蜷川幸雄の作品記録の承継、著作権、肖像権及び商標権の管理する(株)ニナガワカンパニーを設立。

エピソード編集

  • 東映に所属した当初は東映東京撮影所に配属されていたが、撮影中に脚に火傷を負い、和服なら脚を隠せるため東映京都へと移った[1]
  • がんばれ!!ロボコン』への出演は当時『ロボコン』のファンであった娘の実花の要望によるもので、出演が実現し撮影所にも見学に行った際には実花から尊敬されたという[1]

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

吹き替え編集

著書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 「Pickup Interview 真山知子」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、98頁。ISBN 978-4-8003-0209-0

外部リンク編集