メインメニューを開く

泣き虫しょったんの奇跡

泣き虫しょったんの奇跡』(なきむししょったんのきせき)は、将棋棋士瀬川晶司自伝[1]、及びその映像化作品である。サブタイトルは『サラリーマンから将棋のプロへ』。

泣き虫しょったんの奇跡
著者 瀬川晶司
発行日 2006年4月
発行元 講談社
ジャンル 自伝
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 285
コード 9784062133296
9784062765824(文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

全国中学生選抜将棋選手権大会で優勝して奨励会入りしたが、年齢制限で退会し、大学を経てサラリーマンになって安定を得たものの、アマ強豪としてプロ公式戦に参加して7割を超える勝率を挙げ、多くの人々の支援を得て日本将棋連盟を動かし、規定に存在しないプロ編入試験を実現し、合格するまでの瀬川の前半生を記している。

映画編集

泣き虫しょったんの奇跡
監督 豊田利晃
脚本 豊田利晃
原作 瀬川晶司
製作 森恭一(企画・プロデュース)
大瀧亮
行実良
平部隆明
製作総指揮 青木竹彦
岡本東郎
出演者 松田龍平
野田洋次郎
永山絢斗
染谷将太
渋川清彦
駒木根隆介
新井浩文
早乙女太一
妻夫木聡
上白石萌音
石橋静河
板尾創路
藤原竜也
大西信満
奥野瑛太
遠藤雄弥
山本亨
桂三度
三浦誠己
渡辺哲
松たか子
美保純
イッセー尾形
小林薫
國村隼
音楽 照井利幸
撮影 笠松則通
編集 村上雅樹
制作会社 ホリプロ
エフ・プロジェクト
製作会社 「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会
配給 東京テアトル
公開  2018年9月7日
上映時間 127分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 1.2億円[2]
テンプレートを表示

2018年9月7日公開。監督は映画『王手』(阪本順治監督)の脚本で映画界デビューし、新進棋士奨励会に所属していた豊田利晃。主演は豊田作品に多く出演している松田龍平。音楽はBLANKEY JET CITYの元ベーシスト、照井利幸。本作には多くの棋士女流棋士が出演した。瀬川を除く登場人物は、モデルが存在しても変名になっているが[3]、元になった人物の多くは別の役[4]エキストラとして出演している。

8月24日から開催される第42回モントリオール世界映画祭のフォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式出品[5]

キャスト編集

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ “【今週の注目記事】将棋の〝虎の穴〟奨励会退会経験持つ映画監督が描く棋士の世界、藤井七段の存在が後押し” (日本語). 産経新聞. (2018年9月2日). オリジナルの2018年9月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180904173725/https://www.sankei.com/west/news/180902/wst1809020003-n1.html 2018年9月22日閲覧。 
  2. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.63
  3. ^ 名のみ登場の加藤一二三谷川浩司羽生善治、そして時代背景を語るために言及される麻原彰晃は、変名になっていない。
  4. ^ 神田宏充役の神吉宏充は、実質的に本人役である。
  5. ^ “松田龍平主演「泣き虫しょったんの奇跡」上白石萌音&石橋静河&板尾創路&藤原竜也らが参戦!”. 映画.com. (2018年7月1日). https://eiga.com/news/20180701/2/ 2018年7月3日閲覧。 
  6. ^ “窪塚洋介のイケメン息子、映画デビュー<泣き虫しょったんの奇跡>”. モデルプレス. (2018年7月2日). https://mdpr.jp/news/detail/1776898 2018年7月3日閲覧。 

外部リンク編集