メインメニューを開く

深夜にようこそ』 (しんやにようこそ) は、日本テレビドラマ主演千葉真一製作著作TBS1986年6月13日 - 7月4日まで毎週金曜日22:00 - 22:54に、全4話がカラーアナログ放送された。

深夜にようこそ
ジャンル ホームドラマ
脚本 山田太一
演出 放映リストを参照
出演者 千葉真一
松本伊代
松田洋治
冨士真奈美
名取裕子
オープニング 池辺晋一郎
時代設定 1986年
プロデューサー 大山勝美市川哲夫
制作 TBS
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1986年6月13日 - 7月4日
放送時間 金曜日 22:00 - 22:54
放送枠 金曜ドラマ (TBS)
放送分 54分
回数 4
深夜にようこそ
テンプレートを表示

目次

解説編集

様々な人々が集う深夜のコンビニエンスストアを舞台に、出逢い・触れ合い・人間模様を描いたテレビドラマ[1]千葉真一扮する訳ありの男が深夜に営業しているコンビニエンスストアへ来訪し、どこか頼りないアルバイト大学生松田洋治)と遭遇するところから物語は始まる。脚本家山田太一の切望により千葉は主人公として迎えられたが、ホームドラマ1978年主演した『十字路』以来となり、「フィルムでなく、VTR撮影によるドラマは7年ぶり」と当時のインタビューで語っている。こののち千葉と山田は1989年のテレビドラマ『夢に見た日々』でもコンビを組む。

日本に普及していたコンビニエンスストアは既にテレビドラマや映画に登場していたが、そのものが連続テレビドラマのモチーフとなったのは本作が初めてで金曜ドラマにて放映された[1]。山田太一とプロデューサー大山勝美にとって、青春ドラマ『ふぞろいの林檎たち』(1983年)に続く作品でもある。ロケーション撮影東京都品川区西大井大田区東雪谷2丁目、東急池上線石川台駅前のなどで行われ、2013年9月TBSチャンネル2CS初放送された。

ストーリー編集

矢崎省一(松田洋治)は大学に通いながら、24時間営業のコンビニエンスストアで深夜アルバイトをしている。ある晩、いつもと変わりなく働いていた省一は、てっきり客と思っていた村田耕三(千葉真一)に今日から働くアルバイトと挨拶された。店長から聞いていないと驚くが、耕三に本部からの紹介状を見せられる。省一は渋々仕事を教え始めるが、易々と受け入れるつもりはない。働き盛りの男がする仕事でないと判らせようと、一度で覚えきれない内容を矢継ぎ早にまくし立てた。耕三は一切文句を言わず、穏やかに対応して仕事に手を付け出す。

そんな耕三に省一は不満だったが、夜も更けてきたときに万引きをしようと若者たちが来店。しかし彼らを耕三がねじ伏せたのを機に、省一の耕三に対する印象が変わり、心を開き出した。美しい常連客・中山絹代(名取裕子)や同級生・有馬由子(松本伊代)に失恋したことなど、いろいろな想いを省一は話し始めるが、耕三は「(省一の恋を)応援するよ。絶対に諦めるな」と励ます。

耕三と省一の年の離れたアルバイトが切り盛りする深夜のコンビニエンスストアに様々な人々が来店するが、彼らは店員と客以上の交流・絆を繋いでいくこととなる。

キャスト編集

※ ( ) の数字は登場話数で、無しは全話出演。

放映リスト編集

※ゲストはクレジットタイトルに役名表記された出演者のみ記載。複数話を同じ配役で出演した場合は#キャストを参照。

No. 放映日 演出 ゲスト
1 1986年6月13日 大山勝美 小林克也サラリーマン)、市川かおり高良隆志カップル
2 6月20日 高橋一郎 柳沢慎吾(十万人目の学生)
3 6月27日 高橋一郎 坂上忍(大沢英樹)
4 7月4日 大山勝美 岩本千春菊地陽子市川通世女子学生

スタッフ編集

演出放映リストを参照。( )の数字は担当話数で、無しは全話担当。[※]は最終回のエンディングクレジットのみ表記。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ クレジットには新人と表記。
  2. ^ クレジットには特別出演と表記。

出典編集

  1. ^ a b 深夜にようこそ”. TBSチャンネル. 2013年11月8日閲覧。
JNN 金曜ドラマ (TBS)
前番組 番組名 次番組
深夜にようこそ