メインメニューを開く

夢に見た日々』(ゆめにみたひび)は、日本のテレビドラマ主演千葉真一脚本山田太一制作テレビ朝日ANN系列にて1989年10月19日から同年12月21日まで『木曜ドラマ』の『シリーズ街』として、毎週21:00 - 21:54に放送された。全10回。

シリーズ街
夢に見た日々
ジャンル テレビドラマ
脚本 山田太一
演出 深町幸男油谷誠至北島隆
出演者 千葉真一
桃井かおり
佐野量子
坂上忍
三崎千恵子
なぎら健壱
中島唱子
すまけい
淡路恵子
オープニング アンヌ・ドゥールト・ミキルセン『フォトリエ』
プロデューサー 杉崎隆行岩永惠
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1989年10月19日〜1989年12月21日
放送時間 木曜日21:00〜21:54
放送枠 木曜ドラマ (テレビ朝日)
放送分 54分
回数 10

目次

概要編集

『シリーズ街』の第15作目で、本作は同シリーズ初の1クール(3か月)の放送となった。東京隅田川沿いの吾妻橋近辺を舞台にしており、中年も若者も心に傷を持つ人々が集まり、それぞれのやり方で再出発に挑む姿を中心に、注目を集めることが無くても地道かつ誠実に働く人々のその生き方や大人の恋の人間模様などを、人情喜劇風やサスペンス調なエピソードを交えつつ、“大人のメルヘン”といったようなタッチで描かれたドラマである[1][2][3]。千葉真一と山田太一は『深夜にようこそ』に続くタッグで、千葉にとってテレビ朝日系のホームドラマは『七色とんがらし』以来の主演である。山田は『シリーズ街』第1作『表通りへぬける地図』以来で、2作目の脚本を執筆した。

ストーリー編集

土屋多恵子は独身で倹約家の銀行員。ある日多恵子は、職場の同僚に二股をかけられていたことを知ってふられた米村洋子を連れて高級フランスレストランにやって来た。気まずくなった洋子を配置転換させて欲しいと多恵子が頼まれ、洋子に話をするためだった。そこで多恵子は、関本慎作という男性と出会う。多恵子は酔って「何で私を見るんですか」と関本に絡みながら問うが、関本はその時は名前も仕事も明かさなかった。しかしそんな関本に多恵子は興味をそそられる。関本は隅田川沿いの喫茶店『河』を経営していたが、客足はさっぱりという状態だった。そこへ多恵子は、自分の貯金を元手として店の立て直しに参加。関本の店はレストラン『テラス』として再出発する。

キャスト編集

サブタイトル編集

話数 放送日 サブタイトル 演出
第1話 1989年10月19日 河へ行くまで 深町幸男
第2話 1989年10月26日 本当のこと
第3話 1989年11月2日 できごと
第4話 1989年11月9日 店の名はテラス
第5話 1989年11月16日 あたたかな夜… 油谷誠至
第6話 1989年11月23日 開店の日 深町幸男
第7話 1989年11月30日 人の内側
第8話 1989年12月7日 下町レストラン 北島隆
第9話 1989年12月14日 揺れながら
第10話 1989年12月21日 仲間のいる店 深町幸男

スタッフ編集

主題歌

書籍編集

  • 山田太一作品集 19 夢に見た日々 (大和書房 1989年12月25日第一刷)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)1989年「夢に見た日々」の項目
  2. ^ a b 朝日新聞(1989年10月19日・10月26日)テレビ欄での本作紹介記事より
  3. ^ 読売新聞(1989年10月26日)、しんぶん赤旗(1989年10月19日)各テレビ欄での本作紹介記事より
テレビ朝日 木曜21時台・木曜ドラマシリーズ街
前番組 番組名 次番組
夢に見た日々