メインメニューを開く

狸の王様』(たぬきのおうさま)は、1966年4月16日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ

狸の王様
監督 山本嘉次郎
脚本 坪島孝、山本嘉次郎
製作 菅英久
出演者 小林桂樹
草笛光子
藤木悠
伴淳三郎
団令子
音楽 広瀬健次郎
撮影 福沢康造
編集 大井英史
配給 東宝
公開 日本の旗 1966年4月16日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 狸の大将
次作 狸の休日
テンプレートを表示

目次

概要編集

車上窃盗常習犯の詐欺師・車田一平は、偶然子供を助け、その姉・明美に一目惚れして病院通いに、そこで明美の兄・虎造に出会い驚く。一平が前にオートレース場で騙した泥棒だったからだ。やがて二人は共闘するが……。

『狸シリーズ』第3作。本作ではクレージー映画で御馴染みの坪島孝が脚本の一部を手掛ける。なお主演の小林桂樹は本作でシリーズを離れ、次作『狸の休日』では高島忠夫が主演する。

スタッフ編集

  • 製作:菅英久
  • 脚本:坪島孝山本嘉次郎
  • 監督:山本嘉次郎
  • 撮影:福沢康道
  • 照明:西川鶴三
  • 美術:阿久根巌
  • 録音:刀根紀雄
  • 音楽:広瀬健次郎
  • 編集:大井英史
  • スチール:岩井隆志

出演者編集

同時上映編集

ひき逃げ

参考文献編集

「演技者 小林桂樹の全仕事」(ワイズ出版) 424頁 1996年