越後憲

越後 憲(えちご けん、1929年12月2日 - 没年不詳)は、日本の元俳優である[1][2][3]。別名は越後 憲三(えちご けんぞう)[1][2][3]。趣味はクレー射撃[2]。妻は元女優寺沢弘子[2][4]

えちご けん
越後 憲
別名義 越後 憲三 (えちご けんぞう)
生年月日 (1929-12-02) 1929年12月2日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 秋田県
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇特撮映画トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1947年 ‐ 1971年
配偶者 寺沢弘子
主な作品
怪獣総進撃

目次

来歴・人物編集

1929年(昭和4年)12月2日秋田県に生まれる[1][2][3]

1947年(昭和22年)、第2期東宝ニューフェイス東宝に入社[1][2][3]。同期には塩沢とき杉葉子がいた。

クレジットされている作品は少ないが、ジャンルを問わず多くの作品に出演した[1][2][3]東宝特撮映画の出演も多く、1954年(昭和29年)に公開された本多猪四郎監督映画『ゴジラ』ではハーモニカを吹く栄光丸船員、1964年(昭和39年)に公開された本多監督映画『モスラ対ゴジラ』では記者の一人、1968年(昭和43年)に公開された本多猪四郎監督映画『怪獣総進撃』ではムーンライトSY-3号乗員の吉川を好演した[1][2][3]

1971年(昭和46年)、専属制度廃止と共に芸能界を引退[1][2][3]。東宝の斡旋で俳優仲間だった岩本弘司と共に東宝の本社近くにあった喫茶店に就職した[1]

妻の寺沢弘子によると既に故人であるというが、詳細な没年月日は不明である[4]没年不詳

出演作品編集

映画編集

テレビ編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『東宝特撮映画全史』東宝株式会社、1983年、527-528頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』洋泉社(洋泉社MOOK)、2014年、106頁。
  3. ^ a b c d e f g 『モスラ映画大全』洋泉社(洋泉社MOOK)、2011年、31頁。
  4. ^ a b 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』洋泉社(洋泉社MOOK)、2014年、92-94頁・110頁

関連項目編集

外部リンク編集