メインメニューを開く

白石 洋一(しらいし よういち、1963年6月25日 - )は、日本政治家国民民主党所属の衆議院議員(2期)。

白石 洋一
しらいし よういち
生年月日 (1963-06-25) 1963年6月25日(55歳)
出生地 日本の旗 愛媛県今治市
出身校 東京大学法学部
カリフォルニア大学バークレー校
所属政党民主党→)
民進党→)
希望の党→)
国民民主党
称号 法学士
経営学修士(MBA)
アメリカ合衆国公認会計士合格
公式サイト 白石よういち(白石洋一)公式WEBサイト

選挙区 愛媛3区
当選回数 2回
在任期間 2009年8月30日 - 2012年11月16日
2017年10月24日 - 現職
テンプレートを表示

目次

来歴編集

愛媛県今治市生まれ[1]愛媛県立今治西高等学校東京大学法学部卒業[2]。大学卒業後、日本長期信用銀行に入行[1][2]1993年カリフォルニア大学バークレー校経営大学院MBAを取得した[2]1997年、長銀ニューヨーク支店に赴任[2]。長銀の経営破綻により、2000年に監査法人KPMGニューヨーク事務所に入所[2]2004年稲盛財団イナモリフェローに入塾した(第2期生)[2]

2007年2月、次期衆議院議員総選挙への立候補を表明[1]2009年第45回衆議院議員総選挙民主党公認で愛媛3区から出馬し、自由民主党新人の白石徹を破り初当選した。小選挙区比例代表並立制の導入後、愛媛県の小選挙区では自民党の候補者が議席を独占してきたが、白石洋一が初めて非自民系の候補ながら議席を獲得した。2012年第46回衆議院議員総選挙では、前回下した白石徹に敗れ、重複立候補していた比例四国ブロックでも復活できず、落選した。2014年第47回衆議院議員総選挙でも自民党の白石徹に敗れ、再び落選。

2017年3月、白石徹が現職のまま死去[3]。白石徹の死去に伴う愛媛3区補欠選挙に出馬の意向を表明し、7月に民進党から公認を受けた[4]。しかし、衆議院解散により補選は中止され、総選挙のなかに組み込まれた。前原誠司民進党代表が9月27日、民進党を事実上解党し、希望の党からの立候補を容認する方針を表明[5]したため、白石も希望の党から出馬し[6]、白石徹の次男であり自民党の公認を受けた白石寛樹ら3候補[7]を破り、5年ぶりに国政復帰を果たした[8]

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加した[9]

政策・主張編集

公開された所得および資産編集

各年の所得公開
当時の身分 給与 不動産
利子等
事業
その他
合計 出典
2011年 衆議院議員 1,546 万円 0 万円 0 万円 1,546 万円 [14][15]
2010年 衆議院議員 1,831 万円 0 万円 0 万円 1,831 万円 [16]
各年の資産公開
年月日 当時の身分 土地 建物 預貯金
等総額
合計 出典
面積 価格 価格
2009年8月30日 衆議院議員 14 17 万円 449 万円 39 万円 505 万円 [17]

著作編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “有力2候補の横顔 愛媛3区”. 朝日新聞. (2009年8月26日). http://www.asahi.com/senkyo2009/localnews/TKY200908260167.html 2017年11月19日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f ごあいさつ - 白石よういち(白石洋一)公式WEBサイト
  3. ^ “自民・白石徹衆院議員が死去、60歳 愛媛3区、10月補選へ”. 産経新聞. (2017年3月18日). http://www.sankei.com/politics/news/170318/plt1703180012-n1.html 2017年11月19日閲覧。 
  4. ^ “民進が白石洋一氏公認 衆院愛媛3区補選”. 朝日新聞. (2017年7月19日). http://www.asahi.com/articles/DA3S13042983.html 2017年11月19日閲覧。 
  5. ^ “衆院選:民進党、事実上解党 「希望の党」に合流へ”. 毎日新聞. (2017年9月28日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00m/010/120000c 2017年11月18日閲覧。 
  6. ^ “【衆院選】希望の党・第1次公認リスト(192人)”. 産経新聞. (2017年10月3日). http://www.sankei.com/politics/news/171003/plt1710030139-n4.html 2017年11月19日閲覧。 
  7. ^ “衆院選2017:立候補者の横顔 3区/愛媛”. 毎日新聞. (2017年10月17日). https://mainichi.jp/articles/20171017/ddl/k38/010/527000c 2017年11月19日閲覧。 
  8. ^ “愛媛3区、希望元職白石洋一氏当選”. 愛媛新聞. (2017年10月23日). https://www.ehime-np.co.jp/article/news201710239179 2017年11月19日閲覧。 
  9. ^ “国民民主党、結党大会を開催”. Qnewニュース. (2018年5月7日). https://qnew-news.net/news/2018-5/2018050702.html 2018年5月23日閲覧。 
  10. ^ a b c d e “第48回衆院選 希望 愛媛3区 白石 洋一”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A38003004004 2017年11月19日閲覧。 
  11. ^ a b c d e “第47回衆院選 民主 愛媛3区 白石 洋一”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A38003003003&st=tk 2017年11月19日閲覧。 
  12. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  13. ^ “衆院選 候補者アンケート 3区=愛媛”. 読売新聞. (2014年12月11日). http://www.yomiuri.co.jp/database/rekishikan/ 2017年7月25日閲覧。 
  14. ^ “2011年 国会議員の所得一覧 その1”. 読売新聞. (2012年7月3日). http://www.yomiuri.co.jp/database/rekishikan/ 2017年7月25日閲覧。 
  15. ^ “国会議員平均1595万円 県議1334万円 昨年分所得公開=愛媛”. 読売新聞. (2012年7月3日). http://www.yomiuri.co.jp/database/rekishikan/ 2017年7月25日閲覧。 
  16. ^ “2010年 国会議員の所得一覧 その1”. 読売新聞. (2011年7月5日). http://www.yomiuri.co.jp/database/rekishikan/ 2017年7月25日閲覧。 
  17. ^ “衆院議員の資産公開”. 読売新聞. (2010年2月9日). http://www.yomiuri.co.jp/database/rekishikan/ 2017年7月25日閲覧。 

外部リンク編集