メインメニューを開く

矢上 (川崎市)

神奈川県川崎市幸区の町名

地理編集

北加瀬2丁目・3丁目・南加瀬4丁目、中原区木月4丁目・西加瀬横浜市港北区日吉三丁目と隣接する。

河川編集

歴史編集

  • 大字矢上の大部分を承継した横浜市港北区日吉一~六丁目には、横浜市立矢上小学校(日吉三丁目)、慶應義塾大学矢上校舎(日吉三丁目)、日吉矢上バス停(日吉二丁目)が存在する。

沿革編集

  • 1889年 橘樹郡矢上村が鹿島田村南加瀬村小倉村、駒林村、駒ケ橋村、箕輪村と合併して日吉村が成立。その大字となる。
  • 1926年 字一本松付近に東急東横線日吉駅が開設される。(現在の横浜市域部分)
  • 1937年 日吉村が横浜市川崎市に分割編入され、大字矢上の矢上川東岸(字橋向、根搦、三軒家の一部、袋河岸の一部)は川崎市に編入され、そのまま同市の大字となる。なお、大字矢上の大部分は横浜市神奈川区に編入され、日吉町が置かれた。(現在の横浜市港北区日吉一~六丁目。日吉の項を参照のこと。)
  • 1972年4月1日 川崎市が政令指定都市に昇格し、新設された幸区の大字となる。なお字根搦は中原区大字木月字諏訪町(現在の木月4丁目)に編入される。
  • 1990年 住居表示が実施され、大字矢上を廃し、字橋向の部分に新たな町として矢上を設置。字三軒家、字袋河岸は南加瀬4丁目に編入される。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
矢上 600世帯 947人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

番地 小学校 中学校
全域 川崎市立日吉小学校 川崎市立日吉中学校

交通編集

バス編集

どちらも北加瀬バス停が矢上7番および13番先にある。

道路編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ 区別町名一覧表”. 川崎市. 2018年2月15日閲覧。
  6. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  7. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。

外部リンク編集