メインメニューを開く
画像提供依頼:和寒中継局の画像提供をお願いします。2012年11月

和寒中継局(わっさむちゅうけいきょく)は上川郡和寒町南丘(増子山北西高地)にある、NHK旭川放送局(総合テレビ・教育テレビ)と道内民放テレビ各局の中継局である。和寒町には当中継局のほか、町内西和地区に和寒西和中継局があるが、こちらについてもあわせて記述する。

目次

概要編集

  • 旭川市旭山の基幹送信所(北海道放送(HBC)・札幌テレビ放送(STV)のアナログテレビは、東旭川送信所)からの電波を受けて、上川名寄上士別、温根別の各中継局への伝送の役目であるのと同時に、その先の上川北部・留萌北部・宗谷全域への放送波の受け渡しにも重要な役割を果たしている重要中継局である。
  • 地上デジタル放送の中継局はNHK旭川放送局旭川送信所(旭山)と同時に2007年10月1日(当初は民放各局とともに2008年を予定していたがNHKのみ計画より1年前倒しされた)に開局し、民放各局もアナログ未開局だったTVh以外の各局が2008年11月10日、TVhは2012年10月30日にそれぞれ開局した。TVhは当中継局の試験放送が開始以前から和寒町の多くで旭川送信所からのデジタル波が直接波もしくは回折波により視聴可能[1]であり、高利得アンテナ(多素子やパラスタック型)の使用で和寒中継局並みに高いアンテナレベルに達しているため、事実上アナログ波での難視聴状態からは完全に解消されていた。視聴できない場合は深川中継局波で受信する(和寒町の西和・福原地区のみ)。札幌送信所も2006年の地上デジタル放送開始当初は安定しない状態ながらも受信することができたが、旭川送信所のデジタル放送開始後は物理チャンネルがすべて重複するため受信は不可能となった(アナログ放送では感度が劣化しながらも受信できていた)。
  • TVhの中継局は長らく設置されない状況が続いていたが、2012年10月に富良野地区[2][3][4][5]とともに道北地方および上川総合振興局管内初のデジタル新局として開局した。(後述)
    • TVhの市町村別カバー世帯数では和寒町全世帯の1710世帯中、受信可能な世帯はアナログ710世帯・デジタル670世帯で全世帯の半数以下にとどまっているが、旭川送信所の電界強度が強い状態となっていることから、実際にはこれよりも多くの世帯で受信可能であると思われる。一方、隣接する剣淵町では全世帯の1400世帯中、アナログでは1290世帯、デジタルでは1220世帯と8割近くの世帯でTVhが受信可能とされている。ただ、2012年10月30日に和寒中継局が開局し、これに先立つ形で9月27日から試験放送を開始したため、市町村別カバー世帯は飛躍的に増えている。
    • 和寒町の朝日・東和・西和・福原・大成の各地区では一部の地域・世帯で地デジ難視対策衛星放送の対象地域になっているが、受信可能な放送局が地域により分かれており、朝日・東和・福原各地区の一部世帯ではTVhのキー局であるテレビ東京を含めて全放送局が受信可能対象となっているものの、西和・大成各地区の一部世帯ではテレビ東京だけが受信不可能対象となっている。
  • 和寒町内の一部地域でも高利得アンテナ(多素子やパラスタック型)使用により旭川送信所からの民放各局のデジタル波が視聴可能になっている(NHK旭川放送局の旭山送信所も受信できなくはないが、電界強度が強い和寒中継局が優先される上、同じ放送局名であるため枝番はつかず、受信機に同じ放送局名が複数メモリーされることはない。但し、ワンセグなど一部機種では同じ放送局名であっても旭川送信所と和寒中継局双方のメモリーが記憶される場合がある)。
  • 和寒中継局の受信エリアは和寒町(西和・福原地区を除く)、剣淵町のほぼ全域と、士別市の一部地域(西側)となっている。UHF送信アンテナは北側に指向性を持たせているが、南側の比布町鷹栖町旭川市のごく一部地域でも高利得UHFアンテナで受信できることもある。一部地域を旭川送信所(主に塩狩地区)、名寄中継局(主に北原地区)、上士別中継局でカバーする。また、エリアから外れる士別市の半数以上(主に中心部)の地域と名寄市のごく一部の地域でも高利得UHFアンテナで受信できることもある。
    • 和寒中継局の受信エリア内でも町内の朝日地区のごく一部ではすぐ近くに障害となる山がそびえており、同中継局の受信が不可能となっている(受信できても実用的に視聴できる状態になっていない)ため、名寄中継局(一部旭川送信所)の電波を受信している世帯もある。
    • 当中継局には上川中継局への伝送のためにグリッドパラボラの送信アンテナが設置されている(UHF送信アンテナが北方向に指向性を持たせているため)。
  • 和寒西和中継局の受信エリアは和寒町の西和・福原地区の全域となっている。一部地域を旭川送信所・深川中継局でカバーする。
  • FMラジオの送信所は設置されておらず、旭川送信所または名寄中継局の電波を受信するが、外部のFMアンテナを使用しないと受信しにくいことがある(町内でも携帯ラジオやコンポ付属のワイヤーアンテナだけではノイズが入るか聴取困難となる場合が多い)。また、高性能FMアンテナ、カーラジオの使用によっては多少のノイズはあるものの旭川シティネットワーク(FMりべーる)、エフエムなよろ(Airてっし)、中頓別町の知駒中継局や札幌送信所のFM放送が受信できることもある(和寒中継局の設置場所付近である山頂周辺では手持ちの携帯ラジオの付属アンテナのみで前述のいずれの送信所もFMラジオが良好に受信可能)。
  • 和寒中継局の周辺にはNTTドコモなどの携帯電話基地局も置かれている。

和寒中継局編集

地上デジタルテレビジョン放送送信設備編集

 
和寒中継局
(NHK旭川放送局)
 
和寒中継局
(民放)
リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 開局日
1 HBC
北海道放送
16 3W 38W 北海道 約3,700世帯 水平偏波 2008年
11月10日
2 NHK
旭川教育
18 50W 全国 2007年
10月1日
3 NHK
旭川総合
38 49W 道北圏
上川留萌
宗谷・北空知
5 STV
札幌テレビ放送
36 34W 北海道 2008年
11月10日
6 HTB
北海道テレビ放送
35
7 TVh
テレビ北海道
17 39W 2012年
10月30日
8 UHB
北海道文化放送
34 33W 2008年
11月10日
  • NHK旭川放送局は、2007年7月26日予備免許交付、9月10日試験放送開始、9月26日に本免許交付となり、10月1日に本放送開始(旭川送信所と同時開局)。
  • TVhを除く道内民放各局は、2008年8月21日に予備免許交付、9月1日午後に試験放送開始、11月10日に本免許交付となり、同日本放送開始。
  • TVhは、2012年8月20日に予備免許交付、9月27日午前11:00から試験放送開始、10月30日に本免許が交付され、同日から本放送開始[6]。なお、近隣の旭川送信所、旭川台場中継局幌加内中継局は開局済みだったものの、当中継局は長らく開局の見通しが立たない状況が続いていた。北海道における長期不況と地上デジタル放送開始に伴うアナログ中継局の設置が打ち切りになったことに加え、割り当て可能な空きチャンネルがなく、完全デジタル化までチャンネル割り当てが事実上できない状況となっていた。しかし、2011年7月24日にアナログテレビ放送が完全停波されて空きチャンネルが発生し、割り当てもできる状況になったことに加え、後述する金銭的支援が得られるようになったことから、開局する見通しが付いた。
    • 稚内中継局まで結ぶための重要な役割を果たす名寄中継局知駒中継局、この和寒中継局の電波を受信している上川中継局は、この和寒中継局が長らく開局しない状況が続いていたことから、上川町及び和寒町以北から礼文町に至る道北各地では、原則としてTVhが視聴できない状況が続いていた(羽幌中継局または札幌送信所が受信できる留萌全域と宗谷の利尻島・礼文島、旭川送信所の受信できる名寄市以南の一部および地デジ難視対策衛星放送でテレビ東京を含めた全放送局が受信可能対象としてホワイトリストに指定されている和寒町の朝日・東和・福原、士別市朝日町の岩尾内・茂志利、上川町の愛山渓・越路の各一部地域の当該世帯を除く)。その状況の中、2012年10月にTVhの和寒中継局を開局したことで、当中継局のエリア内における難視聴解消の実現のみに限らず、その先の上川町、上川北部・留萌北部・宗谷全域における中継局設置・難視聴解消の実現にも向けて一歩前進する運びとなった[3][4]
    • 建設に当たってはカバー率拡大を目指すTVh側の要望を受けた和寒町が事業主体となって整備することになった。当中継局の事業費(建設費用)4300万円を盛り込んだ2011年度の一般会計補正予算案を2011年12月21日に町議会で可決したが、実際の建設費用は総務省が所管する「地デジ移行に伴う中継局整備支援策」(建設費用の半額を補助するというもの)とTVhが町に支払う負担金などでまかなうため、実質的に和寒町側の負担はないという。スケジュールでは2012年3月に着工し、工事が完了する同年9月にも試験放送を開始する予定で整備が進められた[3][4]
    • 前述のとおり、和寒中継局が開局する以前からも同中継局のエリアでも、旭川送信所からは和寒町市街地までは直線距離で約30km(剣淵町市街地の場合は約35km)しか離れていない上、障害物となる山も少ないため高性能UHFアンテナ(パラスタックアンテナ)の使用で旭川送信所からのTVhのデジタルテレビ(21ch)が放送エリア内と同等の安定した状態で受信でき、アンテナレベル・ERPも旭川送信所の各局の中では最も高く、和寒中継局並みに高いレベル(場所やアンテナの高さによっては数デシベルの差がある程度)であるため、TVhを除く民放各局の和寒中継局が開局(9月1日の試験放送開始)した時点で実質全局(NHK総合・教育、TVhを含めた民放5局の計7波)で良好に受信可能となっている[7]が、今回の開局で和寒中継局を受信していた上士別、温根別、名寄、上川の各中継局開局も可能になった(上川を除く各中継局は2012年度内に、上川中継局は2013年度開局済)。
  • 民放各局の和寒中継局開局以降、チャンネルスキャンで旭川送信所からのデジタルテレビが選局・メモリーされるのはTVhのみとなったが、アンテナレベルがかなり低い場合は視聴できない場合があった。なお、ワンセグでは同じ放送局名でも複数の放送局がメモリーされる。
  • NHKの地上デジタル放送中継局は道北地方では初の設置である(旭山送信所はコールサインが付いて親局として位置づけられているため)。TVhを除く民放各局の中継局も旭川送信所管轄下としては試験電波発射を含め、初となっている。
  • HTBデジタルテレビの物理送信チャンネルはかつて同局が使用していた札幌親局函館送信所網走送信所のアナログテレビと同じチャンネルである。また、TVhデジタルテレビの物理送信チャンネルはかつて同局が使用していた札幌親局のアナログテレビ放送と現在同局が使用している帯広送信所と近隣の旭川台場中継局のデジタルテレビと同じチャンネルである。
  • TVhを除く民放各局のデジタル中継局開局当初のERPはHBCが40W、STVが36W、HTBが35W、UHBが34Wだったが、送信アンテナ移設とTVhの試験放送開始後は微小ながらも若干減力された状態となっている。

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

物理
チャンネル
放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 開局日
41 UHB
北海道文化放送
映像30W/
音声7.5W
映像520W/
音声130W
北海道 不明 水平偏波 1977年
6月9日[8]
44 HTB
北海道テレビ放送
映像500W/
音声125W
1972年
11月29日[9]
46 NHK
旭川教育
映像550W/
音声135W
全国 1965年
11月15日[10]
48 NHK
旭川総合
道北圏
(上川・留萌・
宗谷・北空知)
51 STV
札幌テレビ放送
映像580W/
音声145W
北海道 1965年
11月18日[11]
54 HBC
北海道放送
映像600W/
音声150W
1966年
9月26日[12]
(割当なし) TVh
テレビ北海道
(開局せず)
  • 全局2011年7月24日廃局。
  • NHK教育は1965年の中継局開局当初、45chで放送されていたが、1970年6月15日に46chへ変更された[13]
  • 先述のとおり、TVhのみチャンネルは割り当てられていなかったが、デジタル放送では2012年10月30日開局。当中継局の開局までは旭川送信所(デジタル21ch)が受信可能。かつてはアナログ放送(33ch)も受信可能だったが気象条件などにより画像の受信状態に変化が現れることがあった。なお、TVh旭川送信所(アナログ33ch)の次に隣接する34chは和寒中継局のUHBの地上デジタル放送のチャンネルとして、また、32chは名寄中継局のSTVの地上デジタル放送のチャンネルとしてそれぞれ割り当てられ、和寒中継局の試験電波発射開始後は一部地域で混信が生じていた。一方、デジタル(21ch)については両隣(NHK教育20ch、HTB22ch)に名寄中継局の地上デジタル放送のチャンネルとして割り当てられているが、こちらはアナログと異なり、地上デジタル放送同士のチャンネルが隣接していても混信を受けることがほとんどないため、和寒中継局・名寄中継局の民放の地上デジタル放送の試験電波発射後も問題なく受信可能となっている。

和寒西和中継局編集

地上デジタルテレビジョン放送送信設備編集

 
和寒西和中継局
Iリモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 開局日
1 HBC
北海道放送
48 10mW 33mW 北海道 約20世帯 水平偏波 2010年
10月29日
2 NHK
旭川教育
43 全国
3 NHK
旭川総合
44 道北圏
(上川・留萌・
宗谷・北空知)
5 STV
札幌テレビ放送
46 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
40
7 TVh
テレビ北海道
49 2013年
1月21日
8 UHB
北海道文化放送
42 2010年
10月29日
  • TVhを除く各局は2010年10月29日に、TVhは2013年1月21日にそれぞれ開局した。民放は当初自力建設困難となっていた。場所によっては旭川送信所・深川中継局・和寒中継局(いずれもTVh込み)からの電波が受信できるところもある。TVhについては当初、2012年度内の開局が予定されていなかったが、2012年9月に行われた定例会で160万円の予算が付けられることになったため[14]、一転して2013年1月に開局することとなった。当初2012年度内での開局が予定されていなかったのは、当中継局が名寄中継局からの電波を受信しており、2012年12月27日の名寄中継局開局を待つことになっていたためである。[15]
  • 以下の和寒西和中継局デジタル放送チャンネルは以前使用していた和寒中継局のアナログ放送と同一のチャンネルを使用している(左側が和寒西和中継局の放送局名・右側が和寒中継局の放送局名)。
    • HBCデジタル-NHKアナログ総合(48ch)
    • NHKデジタル総合-HTBアナログ(44ch)
    • STVデジタル-NHKアナログ教育(46ch)
  • デジタル新局で開局するTVhに割り当てられた49chは当中継局でUHBのアナログ放送に割り当てられていたチャンネルである。

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

物理
チャンネル
放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
47 HTB
北海道テレビ放送
映像100mW/
音声25mW
映像470mW/
音声115mW
北海道 不明 水平偏波
49 UHB
北海道文化放送
53 NHK
旭川総合
道北圏
(上川・留萌・
宗谷・北空知)
55 STV
札幌テレビ放送
北海道
57 HBC
北海道放送
59 NHK
旭川教育
全国
(割当なし) TVh
テレビ北海道
(開局せず)
  • 全局2011年7月24日廃局。
  • 受信元の中継局はアナログ・デジタルとも名寄中継局となっている。

施設について編集

  • 和寒中継局の建物は2つある。
    • 1つはNHK旭川放送局の単独使用。一般的なAMラジオ送信所のように1本の鉄塔を数本のワイヤーで支えている。この施設(建物・鉄塔)は当初、NHK・STV共同のアナログテレビ中継局として1965年に開局。翌1966年にはHBCのアナログ放送設備、2007年にはNHKのデジタル放送設備もこの施設に追加して設置。建物は送信局舎と電源設備(自家発電装置など)で2棟に分かれている。放送局のロゴは壁面には描かれていない。
    • もう1つは民放各局の共同使用。鉄塔は自立鉄塔式で送信局舎の上に建てられている。この施設は当初、HTB単独のアナログテレビ中継局として1972年に開局。1977年にはUHBのアナログ放送設備、2008年にはTVhを除く民放各局のデジタル放送設備もこの施設に追加して設置したが、2012年8月までにHTB・UHBのアナログ放送設備の撤去と入れ替えでTVhのデジタル放送設備も追加設置された[4][16]
前述の画像にもあるとおり、民放各局の地上デジタル放送ではこれまでアナログテレビ放送を行ってきた既存のHTB・UHBの共同施設をそのまま使用し、前者2局に加えて、HBC・STV・TVhもこの施設を使用している。壁面に放送局のロゴが描かれている(HBCは2001年12月からの現行ロゴ。STVは1959年開局時の正式ロゴでなく、2000年のスピカ登場時のロゴ。HTBは2006年1月からの現行ロゴ(長方形部分のダイナミックスクエアは省略)。UHBは1983年10月からの現行ロゴ)。
そのため、これまで1965年のアナログ中継局開局からNHK旭川放送局・HBC・STVの3局で共同使用してきた施設のうち地デジ完全移行となる2011年7月25日以降はNHK旭川放送局のみが残り、NHKの単独施設となる。
2012年10月30日開局のTVhについては、民放施設へ相乗りすることになった[4]
  • 旭山・東旭川送信所からの電波を受ける受信場所は送信場所と同じく和寒町であるが、アナログ放送ではHBCのみ鷹栖町で受けていた。
  • 和寒西和中継局は各局共同使用である。

その他編集

  • 2009年2月15日にNHK総合テレビの自己批評番組三つのたまご」で和寒中継局の設備周辺および送受信アンテナの除雪の様子が全国放送で紹介された。
  • 2012年2月13日にNHK総合テレビの「つながる@きたカフェ あさひかわ」(道北・北空知ローカル)で和寒中継局の設備周辺および送受信アンテナの除雪の様子のほか、中継局設備の電源局舎(非常用発電機が入っている電源局舎)と送信機器の入る局舎の内部もそれぞれ紹介された。同年2月上旬の撮影時点では運用を終えているアナログテレビ放送送信機は撤去せずに設備内に残されている。

脚注編集

  1. ^ 旭川送信所の放送エリアに近接しているため。テレビ東京ホームページのメディアデータ内にあるTVhの放送エリア図では和寒町の全域も受信可能エリア内に含まれている。地上デジタル放送の公式なエリアは塩狩地区のみとなっている。参考までに旭山から和寒町内中心部までは直線距離で約30kmしか離れていない。
  2. ^ 上富良野中継局富良野中継局同時開局を予定していたが、両中継局は和寒中継局に先立ち、すでに開局済み。
  3. ^ a b c 2011年12月22日付の北海道新聞(朝刊)の道北版(名寄・士別版)「TVH、和寒に中継局。来年10月、3800世帯が受信可能に」より
  4. ^ a b c d e テレビ北海道 TVh中継局を整備へ 今秋開局予定(広報わっさむ2012年2月号2ページ)2月2日UPされたPDFを当日閲覧。
  5. ^ 富良野市議会平成23年定例会会議録(17/23)及び(18/23)2012年3月7日閲覧。
  6. ^ 地上デジタルテレビジョン放送局(中継局)の予備免許 -株式会社テレビ北海道の和寒、忠類及び白糠中継局- - 総務省北海道総合通信局(2012年8月20日プレスリリース)
  7. ^ 和寒中継局の民放デジタルが開局する前にもパラスタックアンテナの使用で2007年9月の試験放送開始から実質的にNHK・民放の全チャンネルが受信できていたところもあった
  8. ^ 日本民間放送連盟(編) 『日本放送年鑑'78』 洋文社、1978年、556頁。 
  9. ^ 日本民間放送連盟(編) 『日本放送年鑑'73』 千秋社、1974年、27頁。 
  10. ^ 日本放送協会 編 『NHK年鑑'66』 日本放送出版協会、1966年、200頁。 
  11. ^ 札幌テレビ放送創立50周年記念事業推進室 編 『札幌テレビ放送50年の歩み』 札幌テレビ放送、2008年、329頁。 
  12. ^ 北海道放送 編 『北海道放送三十年』 北海道放送、1982年、741頁。 
  13. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'71』 日本放送出版協会、1971年、237頁。 
  14. ^ 議会だよりワットサム第69号2ページ目と3ページ目「こんなことが決まりました」
  15. ^ 地上デジタルテレビジョン放送局(中継局)の予備免許 -株式会社テレビ北海道の名寄、和寒西和、足寄及び厚内中継局- - 総務省北海道総合通信局(2012年11月22日プレスリリース)
  16. ^ その際、UHF送信アンテナも鉄塔隅についていたデジタル放送用がこれまで鉄塔先端についていたアナログ放送用の撤去と入れ替わりで移設された。