石見都賀駅(いわみつがえき)は、島根県邑智郡美郷町都賀本郷300番地にかつて設置されていた、西日本旅客鉄道(JR西日本)三江線廃駅)である。三江線の廃止に伴い、2018年(平成30年)4月1日に廃駅となった。

石見都賀駅
JRW iwami-tsuga sta.jpg
駅入口(2008年7月27日)
いわみつが
Iwami-Tsuga
石見松原 (5.6 km)
(6.4 km) 宇都井
所在地 島根県邑智郡美郷町都賀本郷300
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 F 三江線
キロ程 68.4 km(江津起点)
電報略号 ツカ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
1人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1975年昭和50年)8月31日
廃止年月日 2018年平成30年)4月1日
備考 無人駅
路線廃止に伴う廃駅
テンプレートを表示

地名の由来編集

下野国都賀と同じで、「の木」のあった所と言われている。駅名は所在地名が由来だが開業時には既に総武本線都賀駅千葉県千葉市若葉区)が存在していたため旧国名を冠した。

歴史編集

駅構造編集

島式1面2線のホームを持ち、列車交換設備を有する無人駅浜田鉄道部管理)であったが、2010年3月13日のダイヤ改正では当駅での列車交換は設定されなかった。地上駅であったが、ホームは築堤の高いところにあった。西側に入口があり、そこから築堤下のトンネルにある階段でホームまで登ることができた。なお、自動券売機などは設置されなかった。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1 F 三江線 上り 浜原江津方面
2 F 三江線 下り 三次方面

2017年3月時点で駅掲示時刻表にのりば番号が記載されている。入口側(上り)が1番のりばとなっており、列車運転指令上の番線番号(下りが1番線)とは逆転している。

駅周辺編集

利用状況編集

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。なお、1994年度は35人、1984年度は63人だった。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 23
2000 25
2001 23
2002 29
2003 27
2004 20
2005 20
2006 17
2007 12
2008 6
2009 5
2010 5
2011 4
2012 4
2013 2
2014 3
2015 3
2016 2
2017 1

その他編集

  • 三江線活性化協議会により、石見神楽の演目名にちなんだ「髪掛けの松」の愛称が付けられていた[1]

隣の駅編集

西日本旅客鉄道
F 三江線
石見松原駅 - 石見都賀駅 - 宇都井駅

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集