竹内久人

竹内 久人(たけうち ひさと、1955年5月10日 - )は、岐阜県笠松町出身の元競輪選手日本競輪学校第37期生。

目次

来歴編集

競輪学校の在校競走成績は第2位。同校卒業記念レースでは優勝した。

1976年5月20日、ホームバンクだった岐阜競輪場でデビューし初勝利。その後の2走も勝ち、デビュー場所で完全優勝を果たした。

特別競輪(GI)の常連選手として活躍し、決勝の通算進出歴は実に11回。しかしなかなか表彰台(3着以内)に上がれなかった。中でも1983年第36回日本選手権競輪前橋競輪場)では、カマシを打った石川浩史の番手でレースを進め、最終バック付近では、3番手に10車身近くの差をつけていたことから優勝は濃厚と見られたが、中野浩一が2角付近から捲りを放ち、4角で優勝の井上茂徳、3位の亀川修一を引き連れ、竹内を捲り切ってしまった。結果、竹内は4着に終わった。しかし、1987年競輪祭は最後のGI決勝進出となったが、最終2センター8番手から捲り追込みを放って3着に入り、悲願の表彰台入りを果たした。

2000年代に入ると、S級とA級を行ったり来たりする『エレベーター選手』となってしまったが、2006年、実子の公亮(86期)とともにS級にランクされ、史上初となる、「親子S級選手」となった。また同年7月12日の松阪競輪場で通算400勝を達成。しかし、A級陥落が決まった2007年7月9日に選手登録を削除されて引退した。通算成績2569戦401勝、通算優勝回数47。

エピソード編集

  • 実子の公亮もそうだが、加藤慎平(81期)の師匠でもある。2005年KEIRINグランプリ05平塚競輪場)で優勝した加藤が敢闘門に引き上げてきた際、待ち構えていた竹内はいの一番に加藤を抱きしめた。
  • 漫画・ギャンブルレーサーの主人公である関優勝も37期生という設定となっており、竹内とは「同期」の間柄である。そのため、作中でまれに登場するケースもあった。
  • 中野浩一とは年齢が一緒(中野は1955年11月14日生)だが、競輪学校では中野のほうが期別が上ということもあってか、常に「中野さん」と、さん付けしていた。

参考文献編集

外部リンク編集