メインメニューを開く

松阪競輪場(まつさかけいりんじょう)は三重県松阪市にある競輪場である。施設所有および主催は松阪市。競技実施はJKA中日本地区本部中部支部。電話投票の競輪場コードは47#。

松阪競輪場
Matsuzaka-keirin-1.jpg
基本情報
所在地 三重県松阪市春日町3-1
座標 北緯34度33分52.6秒 東経136度32分1.8秒 / 北緯34.564611度 東経136.533833度 / 34.564611; 136.533833座標: 北緯34度33分52.6秒 東経136度32分1.8秒 / 北緯34.564611度 東経136.533833度 / 34.564611; 136.533833
電話投票 47#
開設 1950年(昭和25年)5月22日
民間委託 日本写真判定
施行者 松阪市
走路 400m
重勝式投票 チャリロト(グループG)
公式サイト 松阪競輪
実況
担当 立野純
ナイター競走
愛称 ミッドナイト競輪
開催期間 2018年6月19日~(不定期)
記念競輪
名称 蒲生氏郷杯王座競輪
開催月 11月(次回は2021年以降)
テンプレートを表示

概要編集

松阪競輪場は1950年に開設された。2003年11月より三連単(7賭式[1])が全国で最後に導入され、全ての競輪場で三連単が買えるようになった[2]

四日市競輪場と交互に開催され、四日市競輪場開催時は場外発売を行っていたが2007年度より四日市競輪場が記念競輪(GIII)を除きナイター競走による開催に移行した為、当場での場外発売は2006年度末をもって廃止された(昼間開催である記念競輪の場外発売は継続)。

記念競輪(GIII)として「蒲生氏郷杯王座競輪」が開催されており、元々は毎年7月に開催されていたが、近年は11月に開催時期が移動され、2014年2015年は5月、2016年度は2017年3月に開催される。開催2日目のシード優秀競走は、2013年までは現在の三重県松阪市出身の国学者の本居宣長の名を取り、「本居宣長賞」の名称で行われていたが、2014年から地元の特産品である松阪牛の名を取り、「松阪牛賞」の名称で行われている。

特別競輪は2002年2007年ふるさとダービーが開催され、「蒲生氏郷杯」の名称は2日目のシード優秀競走に使用された。また2011年2019年共同通信社杯競輪が開催された(2011年は共同通信社杯秋本番として開催)。今後は2021年3月25日から28日まで初めてウィナーズカップが開催される予定である。

2018年6月19日からミッドナイト競輪の開催が決定した。[3]

イメージキャラクターはの「マック」と「マッキー」、それにちなんで「マックカップ争奪戦」「マッキーカップ争奪戦」が開催されている。トータリゼータシステム日本トーターを採用している。

競輪場併設の選手宿舎には「松阪スポーツ振興研修センター」の名称が付けられており、競輪開催期間中や休館日以外であれば一般人の利用も可能である。宿泊(原則として15名以上の団体に限る)のほか、トレーニングジム(個人でも利用可)や貸会議室等での利用にも対応している。

チャリロト編集

2017年4月30日より重勝式投票「チャリロト」の発売が開始された。なお松阪は豊橋競輪場別府競輪場熊本競輪場小倉競輪場とキャリーオーバーを共有する『グループG』としての発売となり、キャリーオーバーの対象外であるチャリロト3については松阪の発売はない。

存続問題と民間委託編集

近年は赤字経営が続いていることから、民間企業への委託を図るための計画を市として作成[4]し、そのための補正予算案を議会に提出したが、2012年11月の松阪市議会と、12月28日の臨時市議会で、いずれも否決される。これを受け山中光茂松阪市長は「廃止の方向で協議」と表明した[5]

しかし直後の2013年1月に行われた市長選で、山中は再選を果たしたことから再び民間委託の方向を探ることになり、4月には他場の開催業務を受託している日本写真判定とアドバイザー契約を結び[6]、民間委託であれば今後の開催は市側が赤字とならないことを示した上で、改めて市民に対し公開プレゼンテーションを行なうための予算案を議会に諮り、可決された[7] 。これを受け業務委託企業が応募されたが、先にアドバイザー契約を結んでいた日本写真判定1社のみであったため、そのまま日本写真判定が6月1日に応募企業として公開プレゼンテーションを行なっている[8]

そして業務委託に向けた補正予算案が議会に提出され、6月21日に可決された。これにより松阪競輪場は2013年7月1日より日本写真判定による業務委託の下で運営されることになり、当面は存続されることになった[9][10]

バンク編集

1周の長さは400m。直線の長さは標準的だが、カントがややきついため捲りや追い込みが決まりやすく、先行タイプの選手には厳しいバンクといわれている。

交通アクセス編集

場外車券売場編集

  • 川越場外 - 三重郡川越町亀崎新田18-7(近鉄四日市駅より無料バス有)

歴代記念競輪優勝者編集

脚注編集

外部リンク編集