第41回日本ラグビーフットボール選手権大会

第41回日本ラグビーフットボール選手権大会は、2004年平成16年)2月7日から3月21日まで[1]東平尾公園博多の森球技場及び秩父宮ラグビー場及び近鉄花園ラグビー場及び国立霞ヶ丘競技場陸上競技場で行われた日本ラグビーフットボール選手権大会である。

概要 編集

今大会は歴代最多となる22チームが出場。また今大会から第50回大会まで全国クラブ大会優勝チーム枠が出来た。

出場チーム 編集

22チーム [2]

トップリーグ[3]
トップチャレンジ[4]
大学[6]
クラブ

試合結果 編集

1回戦 編集

2月7日(土) 近鉄花園ラグビー場 第1試合 

近鉄花園ラグビー場 第2試合 

2回戦 編集

2月14日(土) 近鉄花園ラグビー場 第1試合 

近鉄花園ラグビー場 第2試合 

2月15日(日) 東平尾公園博多の森球技場 第1試合

東平尾公園博多の森球技場 第2試合

3回戦 編集

2月21日(土)

秩父宮ラグビー場 第1試合

秩父宮ラグビー場 第2試合

近鉄花園ラグビー場 第1試合 

近鉄花園ラグビー場 第2試合 

4回戦 編集

2月29日(日)

秩父宮ラグビー場 第1試合

秩父宮ラグビー場 第2試合

近鉄花園ラグビー場 第1試合 

近鉄花園ラグビー場 第2試合 

準々決勝 編集

3月7日(日)

秩父宮ラグビー場 第1試合

秩父宮ラグビー場 第2試合

近鉄花園ラグビー場 第1試合 

近鉄花園ラグビー場 第2試合 

準決勝 編集

3月13日(土)

秩父宮ラグビー場 

  • ヤマハ発動機(ジュビロ)12-33 東芝府中ブレイブルーパス

近鉄花園ラグビー場 

  • 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 34-29 NECグリーンロケッツ

決勝 編集

3月21日
14:00
東芝府中ブレイブルーパス 22 - 10 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 国立霞ヶ丘競技場陸上競技場
レフリー: 岩下真一
トライ: 立川剛士
森大輔
品川英貴
コンバート: 日原大介(2/3)
PK: 日原大介(1/1)
Report トライ: 大畑大介
コンバート: ホラ(1/1)
PK: ミラー(1/1)
FB 15 立川剛士  
RW 14 森大輔
OC 13 冨岡鉄平 ( )[7]
IC 12 日原大介
LW 11 大野均[8]
FH 10 島崎正吾[9]
SH 9 伊藤護
N8 8 ルアタンギ・バツベイ[10]
OF 7 ニコラス・ホルテン
BF 6 渡邉泰憲[11]
RL 5 横山恒雄
LL 4 釜澤晋
TP 3 櫻井寿貴[12]
HK 2 塚越賢[13]
LP 1 笠井建志
Coach:
  薫田真広
FB 15 八ッ橋修身
RW 14 大畑大介
OC 13 吉田明
IC 12 元木由記雄 ( )
LW 11 大門隼人[14]
FH 10 アンドリュー・ミラー[15]
SH 9 西田陽平
N8 8 斉藤祐也
OF 7 川上利明
BF 6 池上王明[16]
RL 5 ロイス・ウイリス
LL 4 林慶鍋
TP 3 清水秀司
HK 2 松原裕司
LP 1 中道紀和
Coach:
  萩本光威
日本ラグビーフットボール選手権大会
第41回大会 優勝
東芝府中ブレイブルーパス
5年ぶり4回目

脚注 編集

  1. ^ 平成15年度 日本協会主催全国大会試合日程 . 日本ラグビーフットボール協会. 2021年4月29日閲覧。
  2. ^ 平成15年度 日本選手権大会組み合せ/結果 . 日本ラグビーフットボール協会. 2021年4月29日閲覧。
  3. ^ 1位から4位枠は準々決勝まで5位から8位枠は4回戦までシード
  4. ^ 1位・2位枠は3回戦まで3位から6位枠は2回戦までシード
  5. ^ 富士製鐵釜石・新日本製鐵釜石時代の含めると19年ぶり11回目
  6. ^ 1位・2位枠は3回戦まで3位・4位枠は2回戦までシード。5位・6位枠と地区枠はシードなし。
  7. ^ 途中で松田努と交代
  8. ^ 途中で中居智昭と交代
  9. ^ 途中で品川英貴と交代
  10. ^ 途中でスコット・マクラウドと交代
  11. ^ 途中で宮下哲朗と交代
  12. ^ 途中で大室歩と交代
  13. ^ 途中で松尾大樹と交代
  14. ^ 途中で平尾剛史と交代
  15. ^ 途中でピエール・ホラと交代
  16. ^ 途中で伊藤剛臣と交代

関連項目 編集