メインメニューを開く

第54回グラミー賞は、2012年2月12日に発表・授賞式が開催された。司会はヒップホップ歌手のLL・クール・J[1]

第54回グラミー賞
受賞対象 2011年度の音楽作品
開催日 2012年2月12日 (2012-02-12)
会場 ステイプルズ・センター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 NARAS
主催者 LL・クール・J
テレビ/ラジオ放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 CBS日本の旗 WOWOW

目次

概要編集

ノミネートは2011年11月30日にロサンゼルスのノキアシアターで発表された。当日はプレテレキャスト授賞式がロサンゼルス・コンベンションセンターで、本編がステイプルズ・センターで開催された。プレテレキャストの模様はGrammy.com、本編はCBSで全米放送された。ポスターデザインは建築家のフランク・ゲーリーが担当した[2]

授賞式では前日に死去したホイットニー・ヒューストンへの追悼として、ジェニファー・ハドソンが代表曲『オールウェイズ・ラヴ・ユー』を歌唱した。

受賞作編集

主要部門編集

年間最優秀レコード賞
アデル "ローリング・イン・ザ・ディープ"
年間最優秀アルバム賞
21』アデル
年間最優秀楽曲賞
アデル "ローリング・イン・ザ・ディープ"(『21』所収)
最優秀新人賞
ボン・イヴェール

ポップ編集

最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)
アデル "サムワン・ライク・ユー"(『21』所収)
最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)
トニー・ベネットエイミー・ワインハウス "ボディ・アンド・ソウル"
最優秀ポップ・アルバム(楽器)
ブッカー・T・ジョーンズ『ザ・ロード・フロム・メンフィス(The Road from Memphis)』
最優秀ポップ・アルバム(歌唱)
アデル21

ロック編集

最優秀ロック・パフォーマンス
フー・ファイターズ "Walk"(『ウェイスティング・ライト(Wasting Light)』所収)
最優秀メタル・パフォーマンス
フー・ファイターズ "White Limo"(『ウェイスティング・ライト(Wasting Light)』所収)
最優秀ロック・ソング
フー・ファイターズ "Walk"(『ウェイスティング・ライト(Wasting Light)』所収)
最優秀ロック・アルバム
フー・ファイターズ『ウェイスティング・ライト(Wasting Light)』

R&B編集

最優秀R&Bパフォーマンス
コリーヌ・ベイリー・レイ "Is This Love"(『The Love EP』所収)
最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス
シーロー・グリーン&メラニー・フィオナ "Fool for You"(『The Lady Killer』所収)
最優秀R&Bソング
シーロー・グリーン、メラニー・フィオナ、Jack Splash "Fool for You" (『The Lady Killer』所収)
最優秀R&Bアルバム
クリス・ブラウンF.A.M.E.

ラップ編集

最優秀ラップ・パフォーマンス
ジェイ・Zカニエ・ウェスト featuring オーティス・レディング "Otis"
最優秀ラップ・コラボレーション
カニエ・ウェスト "オール・オブ・ザ・ライツ"(All of the Lights)"(『マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー(My Beautiful Dark Twisted Fantasy)』所収)
最優秀ラップ・ソング
Jeff Bhasker、Fergie、Really Doe、カニエ・ウェスト、Malik Yusef "オール・オブ・ザ・ライツ(All of the Lights)"(『マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー(My Beautiful Dark Twisted Fantasy)』所収)
最優秀ラップ・アルバム
カニエ・ウェスト『マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー(My Beautiful Dark Twisted Fantasy)』

ニューエイジ編集

最優秀ニューエイジアルバム
パット・メセニー『ホワッツ・イット・オール・アバウト(What's It All About)』

ジャズ編集

最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム
テリ・リン・キャリントン&Various Artists『モザイク・プロジェクト:ジャズと生きる女たち(The Mosaic Project)』
最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム
クリスチャン・マクブライド・ビッグバンド『ザ・グッド・フィーリング(The Good Feeling)』

レゲエ編集

最優秀レゲエ・アルバム
Revelation Pt 1: The Root of Life』 – スティーブン・マーリー英語版

ワールドミュージック編集

最優秀ワールドミュージック・アルバム
Tassili』 – ティナリウェン

映画/テレビ/ヴィジュアル・メディア編集

最優秀サウンドトラック
ボードウォーク・エンパイア 欲望の街:オリジナル サウンドトラック』

作曲・編曲編集

最優秀インストゥルメンタル作曲
"Life in Eleven" ベラ・フレックハワード・レヴィ(作曲者)(『Rocket Science』所収)
最優秀インストゥルメンタル編曲
"Rhapsody in Blue" ゴードン・グッドウィン英語版(編曲者)(ゴードン・グッドウィンズ・ビッグ・ファット・バンド『ザッツ・ハウ・ウィ・ロール (『That's How We Roll)』所収)
最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカルあり)
"Who Can I Turn To (When Nobody Needs Me)" ホルヘ・カランドレッリ英語版(編曲者)(トニー・ベネットクィーン・ラティファ『デュエッツII(Duets II)』所収)

脚注編集

外部リンク編集