メインメニューを開く

第75回選抜高等学校野球大会

第75回記念選抜高等学校野球大会(だい75かいきねんせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、2003年3月22日から4月3日まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

日本の旗 第75回選抜高等学校野球大会
試合日程 2003年3月22日 - 4月3日
出場校 34校
優勝校 広陵広島、12年ぶり3回目)
試合数 34(再試合1)試合
開会式司会 我妻雄紀(栃木県立盲卒業)
大坪暁子(東京晃華学園高校3年)
入場行進曲大きな古時計』(平井堅
国歌独唱 小林大祐(富山呉羽高校卒業)
選手宣誓 金森将平(福井福井
始球式 遠山敦子(文部科学大臣)
閉会式司会 大坪暁子(東京・晃華学園高校3年)
総入場者数 約472,000人(1試合平均13,882人)
最高入場者数/1日 51,000人
大会本塁打 9本塁打
 < 20022004 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

目次

概要編集

  • この大会から「神宮大会枠」と守備のデータを重視して補欠1位校から選ぶ「希望枠」が新設され、出場校が34校に増加した。また、この大会より前年は関東4校・東京2校だったのが、関東4校・東京1校・最後の1校を関東の5校目と東京の2校目で比較して選ぶことになった。
  • またこの大会以後、毎日放送テレビジョンでの中継規模を縮小。準決勝・決勝のみを関西ローカルで生中継する程度に留め、他はMBS製作によるGAORAでの全国生中継とした(MBSラジオ日本放送協会各チャンネルは従来通り生中継を放映)。

日程編集

  • 3月22日:開会式
  • 3月25日:雨天により全試合中止・順延
  • 3月31日:準々決勝第4試合・花咲徳栄-東洋大姫路戦延長15回引き分け・再試合開催決定。よって4月1日(当初はこの日が決勝の開催予定だった)に予定されていた準決勝以後を1日順延し、同日は上述の試合の再試合のみ開催
  • 4月3日:決勝戦・閉会式

出場校編集

北海道
東北
関東
東京
東海
北信越
近畿
中国
四国
九州
21世紀枠(2校)
希望枠(1校)

組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 準々決勝編集

1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝
 
3月22日(3):延長10回
 
 東邦 5
 智弁和歌山 6
 
3月28日(2):延長12回
 
 智弁和歌山 7x
 浦和学院 6
 
3月23日(1)
 
 隠岐 1
 浦和学院 15
 
3月31日(1)
 
 智弁和歌山 0
 徳島商 13
 
3月23日(2)
 
 藤代 2
 駒大苫小牧 1
 
3月28日(3)
 
 藤代 1
 徳島商 6
 
3月23日(3)
 
 徳島商 2
 
 柳川 1
      
      
1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝
 
3月23日(4)
 
 宇部鴻城 0
 平安 4
 
3月29日(1)
 
 平安 3
 中京 2
 
3月24日(1)
 
 延岡学園 5
 中京 8
 
3月31日(2)
 
 平安 0
 横浜 3
 
3月24日(2)
 
 盛岡大付 0
 横浜 10
 
3月29日(2):延長12回
 
 横浜 8
 明徳義塾 4
 
3月27日(4)
 
 明徳義塾 6
3月22日(1)  
 斑鳩 0
 柏崎 1     
 斑鳩 2     


1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝
 
3月24日(3)
 
 旭川実 1
 広陵 8
 
3月29日(3)
 
 広陵[2] 6
 遊学館 0
 
3月27日(1)[3]
 
 遊学館 16
 近大付 8
 
3月31日(3)
 
 広陵 4
 近江 2
 
3月26日(1)
 
 宜野座 3
 近江 4
 
3月30日(1)
 
 近江 4
 愛工大名電 0
 
3月26日(2)
 
 国士舘 0
 
 愛工大名電 1
      
      
1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝
 
3月26日(3)
 
 東北 2
 浜名 1
 
3月30日(2)
 
 東北 9
 花咲徳栄 10x
 
3月27日(2):延長13回
 
 花咲徳栄 4x
 秀岳館 3
 
4月1日[4]:延長10回
 
 花咲徳栄 5
 東洋大姫路 6x
 
3月27日(3)
 
 東洋大姫路 4
 岡山城東 2
 
3月30日(3)
 
 東洋大姫路 3
 鳴門工 0
 
3月28日(1)
 
 鳴門工 5
3月22日(2)  
 桐蔭学園 0
 桐蔭学園 3     
 福井 2     

準決勝・決勝編集

準決勝 決勝
           
4月2日(1)    
 徳島商 3
 横浜 5  
  4月3日
 横浜 3
   広陵 15
4月2日(2)  
 広陵 5
 東洋大姫路 1  

決勝スコア編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広陵 2 0 2 2 0 4 0 2 3 15 20 1
横浜 1 0 0 1 0 0 0 0 1 3 9 1
  1. (広) : 西村 - 白濱
  2. (横) : 涌井成瀬 - 村田
  3. 審判:球審…桂、塁審…赤井・長谷川・窪田

大会本塁打編集

  • 第1号:桑島優(駒大苫小牧)
  • 第2号:西野隆雅(平安)
  • 第3号:松原史典(明徳義塾)
  • 第4号:森川隆宏(智弁和歌山)
  • 第5号:本田将章(智弁和歌山)
  • 第6号:土井一也(徳島商)
  • 第7号:吉田真二(横浜)
  • 第8号:福永貴之(東洋大姫路)
  • 第9号:藤田真弘(広陵)

希望枠編集

一般選考の補欠校にもセンバツへの「希望」を残す狙いで今大会から設けられた。 神宮大会枠を得た地区を除く地区の補欠1位校が対象。投手を含めた守備力のデータに従って決める。ただし21世紀枠を除いての同一都道府県からの3校選出を避けるため、東京枠は2枠選出する場合においては除かれる。

項目は被塁打、与残塁、失点。明治神宮大会を除く直近5試合で、各項目の1試合9イニング平均値を計算し、最初に被塁打数の多い3校、次に与残塁+失点の多い3校を除外し、残った3校のうち最も失点の少ないチームが選出される。失点が同じ場合は得失点差の大きい方、これも同じ場合は出場経験の古い、もしくはない方が選出される。翌年の第76回大会から選出方法が変更されたためこの方法が採られたのは今大会のみである。

脚注編集

  1. ^ 年度によりホーム開幕シリーズと日程が重複するため、その場合大阪ドーム(京セラドーム大阪)などの近隣府県の球場で開催する(ただし1997年以後はほぼ大阪ドームのみで開催されている)。
  2. ^ この勝利で、広島県勢は春夏の甲子園大会で、自県と旧外地以外の都道府県から勝利を記録した第1号となった
  3. ^ 3月24日第4試合 5-5 6回裏無死1・2塁降雨ノーゲームによる再試合
  4. ^ 3月31日第4試合 2-2 延長15回引き分けによる再試合

関連項目編集

外部リンク編集