メインメニューを開く

筑波大学附属坂戸高等学校

日本・埼玉県所在の国立高等学校

筑波大学附属坂戸高等学校(つくばだいがくふぞくさかどこうとうがっこう、Senior High School at Sakado, University of Tsukuba[1])は、埼玉県坂戸市千代田一丁目に所在する国立高等学校筑波大学附属校。略称は筑坂。国際バカロレア・ディプロマプログラム認定校。

筑波大学附属坂戸高等学校
Senior High School at Sakado, University of Tsukuba.JPG
過去の名称 学校組合立坂戸実務学校・坂戸実修女学校
学校組合立坂戸高等学校
国立東京教育大学附属坂戸高等学校
国公私立の別 国立学校
設置者 国立大学法人筑波大学
校訓 自由・自律・自覚
設立年月日 1946年4月1日
開校記念日 6月30日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学科内専門コース 生物資源・環境科学系列
工学システム・情報科学系列
生活・人間科学系列
人文社会・コミュニケーション系列
高校コード 11001K
所在地 350-0214
埼玉県坂戸市千代田一丁目24番1号

北緯35度57分12.2秒 東経139度24分22.3秒 / 北緯35.953389度 東経139.406194度 / 35.953389; 139.406194座標: 北緯35度57分12.2秒 東経139度24分22.3秒 / 北緯35.953389度 東経139.406194度 / 35.953389; 139.406194
外部リンク 筑波大学附属坂戸高等学校 - 筑波大学附属坂戸高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

元々は1町5ヶ村学校組合立坂戸実務学校・坂戸実修女学校(1946年昭和21年)創立)であったのが1953年(昭和28年)国立に移管し、東京教育大学附属坂戸高等学校として設立される。東京教育大学から筑波大学への移行に伴い、1978年(昭和53年)、筑波大学附属坂戸高等学校と改称する。

創立当初は農業科・家政科の2学科であり、本校は普通科ではなく農業・工業・家庭の専門教育を中心とした職業課程の附属学校として位置付けられた。学科の新設や変更を経て1993年度には4学科(生物資源科・機械技術科・家政科学科・国際産業科)であったのが、1994年平成6年)、全国初の総合学科(当初名称「総合科学科」、2017年から総合学科)を開設する。以来、総合学科のパイオニアとして数多くの実践研究を進めてきた。

2014年度から5年間スーパーグローバルハイスクール (SGH) 指定校に指定された、2019年度からはWWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業の拠点校として指定されている。また、2017年に埼玉県で初めて国際バカロレア・ディプロマプログラム認定校となった。

筑波大学の附属学校として、年2回の教育実習の実施やキャリア教育の研究や実践等が行われている。SGH事業・WWL事業の指定により、筑波大学とのグローバル人材育成を目指した連携が強化されており、筑波大学と国際連携協定を結んでいる大学の附属学校とも連携を進めている。

埼玉県内で唯一の国立高等学校である。

設置課程編集

  • 全日制課程
    • 総合科学科(定員160名)
      • 生物資源・環境科学科目群
      • 工学システム・情報科学科目群
      • 生活・人間科学科目群
      • 人文社会・コミュニケーション科目群

課程編集

  • 総合学科原則必履修科目1年次「産業社会と人間」の授業で、自分の未来像を考えた2年次以降の科目を選択する。
  • 2年次に、生物資源・環境科学科目群、工学システム・情報科学科目群、生活・人間科学科目群、人文社会・コミュニケーション科目群のいずれかに所属し、科目群により指定された選択必修科目および、自由選択科目を履修する。
  • 2年次以降の自由選択科目には普通科目のほか、科目群に関する実習科目があり、進学向けの学習と実習科目の学習のバランスを取る履修が可能になっている。
  • 3年次に、卒業研究を必修とする。

学校行事編集

  • 4月
    • 入学式
    • コミュニケーションキャンプ:新入生を対象に宿泊学習を行う。
  • 5月
    • 体育祭
    • 前期教育実習
    • 生徒総会
  • 6月
    • 開校記念日
  • 7月
    • 球技大会
  • 9月
    • 黎明祭(文化祭)
    • 後期教育実習
  • 11月
    • 高校生国際ESDシンポジウム
    • 校内マラソン大会
  • 2月
    • SGH研究大会/総合学科研究大会
  • 3月
    • 予餞会
    • 卒業式
    • 海外校外学習

部活動編集

体育部

  • ハンドボール部
  • バレーボール部(女)
  • 陸上競技部
  • 剣道部
  • テニス部
  • サッカー部(男)
  • バスケットボール部(女)
  • 自転車競技部※
  • 卓球部
  • 空手部
  • バドミントン同好会

文化部

  • 演劇部
  • 工芸部
  • 茶道部
  • 生物部
  • アンサンブル部
  • ビジネス研究部
  • かるた部
  • クッキング同好会

※自転車競技部は2020年度夏において廃部になる予定

沿革編集

  • 1946年 - 埼玉県入間郡の1町5村が学校組合を作り、坂戸実務学校・坂戸実修女学校として設立。
  • 1948年 - 学制改革により組合立坂戸高等学校となる。
  • 1949年 - 東京高等師範学校(現・筑波大学)の代用附属高等学校に指定。
  • 1953年 - 国立東京教育大学に移管され、東京教育大学附属坂戸高等学校となる。
  • 1975年 - 東京教育大学農学部坂戸農場敷地23,988m2、合宿所158m2が本校に移管される。
  • 1978年 - 筑波大学への移行により、筑波大学附属坂戸高等学校と改称。
  • 1988年 - 文部省指定 昭和63年度〜平成2年度研究開発学校となる。
  • 1995年 - 従来の学科を廃止し、総合学科としての総合科学科を開設する。
  • 1995年 - 文部省指定 平成6・7年度高等学校教育改革推進研究協力校となる。
  • 1997年 - 文部省指定 平成8・9年度高等学校教育改革推進研究協力校となる。
  • 1999年 - 文部省指定 平成10・11年度高等学校教育多様化実践研究協力校となる。
  • 2001年 - 文部省指定 平成12・13年度研究開発学校となる。
  • 2003年 - エネルギー教育実践校((財)社会経済生産性本部エネルギー環境教育センター)に選定される。
  • 2004年 - 文部科学省指定 平成15〜17年度研究開発学校となる。
  • 2006年 - 文部科学省指定 平成17〜19年度「IT人材育成プロジェクト」研究指定校となる。
  • 2008年 - 文部科学省指定 平成19〜21年度サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト (SPP) 指定校となる。
  • 2010年 - 創立65周年記念式典を敢行。
  • 2011年 - 国際連合教育科学文化機関よりユネスコ・スクールに認定される。
  • 2014年 - 文部科学省指定 平成26~30年度スーパーグローバルハイスクール (SGH) 指定校となる。
  • 2017年 ‐ 国際バカロレア認定校となる。
  • 2019年 - 文部科学省指定WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業の拠点校として指定される。

著名な卒業生・在校生編集

最寄駅編集

その他編集

関連校編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 筑波大学による公式の英語表記(筑波大学 | 組織名等の英訳 附属学校 参照)。この他に、本校独自の英語名称として "University of Tsukuba Senior High School at Sakado" とその略称 "UTSS" も用いられている。

関連項目編集

外部リンク編集