統合幕僚長(とうごうばくりょうちょう、: Chief of Staff, Joint Staff)は、統合幕僚監部の長であり、自衛隊自衛官の最高位者。階級は陸将海将空将のいずれかである。警察庁長官及び各省事務次官と同等の政令指定職8号。

統合幕僚長
Chief of Staff, Joint Staff
Flag of Chief of Staff, Joint Staff (JSDF).svg
統合幕僚長旗
(意匠に大将である事を示す四つの桜星と左胸に着ける統合幕僚長章をあしらっている。)
GeneralKojiYamazaki.jpg
現職者
陸将山崎幸二(第6代)

就任日 2019年(平成31年)4月1日
任命 防衛大臣
初代 林敬三(統合幕僚会議議長)
創設 1954年(昭和29年)7月1日
ウェブサイト 防衛省・自衛隊

概要編集

外国軍の統合参謀総長あるいは国軍参謀総長に相当し、陸海空の自衛隊の運用に関し一元的に防衛大臣を補佐し、統合幕僚監部の所掌事務に係る大臣の指揮命令は、全て統合幕僚長を通じて行う(統合幕僚監部の所掌事務に係らないものは、従来通り、陸海空各幕僚長を通じて行う)。有事の際には、フォースプロバイダー(練度管理責任者)の陸上幕僚長海上幕僚長航空幕僚長から提供された各部隊を、自衛官最高位のフォースユーザー(事態対処責任者)として運用し、陸自の陸上総隊司令官方面総監、海自の自衛艦隊司令官地方総監、空自の航空総隊司令官に指揮を下すことになる[1]階級章は、陸海空各幕僚長たると同じ4つ星(大将[2]である。また、左胸(ポケット)には統合幕僚長の身分を示す統合幕僚長章を着用する[3]。この統合幕僚長章はかつては統合幕僚会議議長章であり、1962年(昭和37年)12月1日に4つ星が制定された際、陸海空各幕僚長が左胸に着けていた幕僚長の身分を示す幕僚長章が廃止されたのに対し、本章は初代統幕議長以来、連綿と受け継がれている。

統合幕僚監部の設立までは、統合幕僚会議の長として統合幕僚会議議長(とうごう-ばくりょう-かいぎ-ぎちょう)、略して統幕議長(とうばくぎちょう)が置かれていた。

2006年(平成18年)3月27日、「統合幕僚会議」が「統合幕僚監部」に改編され、統合幕僚会議議長も統合幕僚長となり、権限も強化された。最後の統合幕僚会議議長は、2004年(平成16年)8月30日に就任した先崎一陸将である。なお、統合幕僚長・統合幕僚会議議長ともに自衛官の最上位であり、その先の昇進がないので、任期満了後はいずれも自衛官を退官する。退官に際しては、皇居への参内と園遊会への招待を受けることが慣例となっている。

定年編集

陸将・海将・空将たる自衛官は60歳を以て定年退官となるが、統合幕僚長たる陸将、海将、または空将の定年は62歳となっている。

陸将・海将・空将の定年を超えて統合幕僚長の職位にある自衛官が統合幕僚長の職務を辞任したり、解任された場合はその時点で定年に達したものと見做され自動的に定年退官となる。

叙勲編集

日本の叙勲制度では70歳以上が授与対象者となっており、従来は原則として統合幕僚会議議長経験者には瑞宝重光章(旧勲二等瑞宝章)が授与されていたが、安倍晋三内閣総理大臣の「高い士気と誇りを持って任務を遂行できるようにしなければならない。今後も自衛隊員に対し、任務にふさわしい名誉や処遇が与えられるよう不断に検討する。」との方針で、2014年から統合幕僚長(旧統合幕僚会議議長)経験者には70歳に達した後に瑞宝大綬章が授与されるようになった[4]

歴代の統合幕僚会議議長及び統合幕僚長編集

歴代の統合幕僚会議議長及び統合幕僚長(たる自衛官)
写真 階級 氏名 在任期間 出身校・期 前職 備考
統合幕僚会議議長
1   陸将 林敬三 1954.07.01 - 1964.08.13 東京帝国大学 第一幕僚長 内務官僚出身
2   海将 杉江一三 1964.08.14 - 1966.04.29 海兵56期・
海大37期
海上幕僚長
3   陸将 天野良英 1966.04.30 - 1967.11.14 陸士43期・
陸大52期
陸上幕僚長
4   空将 牟田弘國 1967.11.15 - 1969.06.30 陸士43期 航空幕僚長
5   海将 板谷隆一 1969.07.01 - 1971.06.30 海兵60期 海上幕僚長
6   陸将 衣笠駿雄 1971.07.01 - 1973.01.31 陸士48期・
陸大55期
陸上幕僚長
7   陸将 中村龍平 1973.02.01 - 1974.06.30 陸士49期・
陸大56期
8   空将 白川元春 1974.07.01 - 1976.03.15 陸航士51期・
陸大58期
航空幕僚長
9   海将 鮫島博一 1976.03.16 - 1977.10.19 海兵66期 海上幕僚長
10   陸将 栗栖弘臣 1977.10.20 - 1978.07.27 東京帝国大学 陸上幕僚長 超法規発言で辞任
11   陸将 高品武彦 1978.07.28 - 1979.07.31 陸士54期
12   空将 竹田五郎 1979.08.01 - 1981.02.15 陸航士55期 航空幕僚長
13   海将 矢田次夫 1981.02.16 - 1983.03.15 海兵72期 海上幕僚長
14   陸将 村井澄夫 1983.03.16 - 1984.06.30 陸士58期 陸上幕僚長
15   陸将 渡部敬太郎 1984.07.01 - 1986.02.05 陸士60期
16   空将 森繁弘 1986.02.06 - 1987.12.10 陸航士60期 航空幕僚長
17   陸将 石井政雄 1987.12.11 - 1990.03.15 立教大学 陸上幕僚長
18   陸将 寺島泰三 1990.03.16 - 1991.06.30 東北大学
19   海将 佐久間一 1991.07.01 - 1993.06.30 防大01期 海上幕僚長
20   陸将 西元徹也 1993.07.01 - 1996.03.24 防大03期 陸上幕僚長 後に防衛大臣補佐官
(後の防衛大臣政策参与)
21   空将 杉山蕃 1996.03.25 - 1997.10.12 防大04期 航空幕僚長
22   海将 夏川和也 1997.10.13 - 1999.03.30 防大06期 海上幕僚長
23   陸将 藤縄祐爾 1999.03.31 - 2001.03.26 防大08期 陸上幕僚長
24   空将 竹河内捷次 2001.03.27 - 2003.01.27 防大09期 航空幕僚長 退任後、防衛省顧問
25   海将 石川亨 2003.01.28 - 2004.08.29 防大11期 海上幕僚長
  陸将 先崎一 2004.08.30 - 2006.03.26 防大12期 陸上幕僚長 初代統合幕僚長へ
統合幕僚長
1   陸将 先崎一 2006.03.27 - 2006.08.03 防大12期 統合幕僚会議議長 定年延長(3ケ月)
退任後、JMAS会長
2   海将 齋藤隆 2006.08.04 - 2009.03.23 防大14期 海上幕僚長 退任後、防衛省顧問
3   陸将 折木良一 2009.03.24 - 2012.01.30 防大16期 陸上幕僚長 退任後、防衛大臣補佐官
(後の防衛大臣政策参与)
4   空将 岩崎茂 2012.01.31 - 2014.10.13 防大19期 航空幕僚長 退任後、防衛大臣政策参与
5   海将 河野克俊 2014.10.14 - 2019.3.31 防大21期 海上幕僚長 定年延長(3回:2年6ケ月)
退任後、防衛省顧問
6   陸将 山崎幸二 2019.4.1 - 防大27期 陸上幕僚長

注釈・出典編集

  1. ^ 統合運用について 防衛省 2010年3月
  2. ^ 1962年(昭和37年)12月1日、自衛隊法の一部改正により現在の階級章が制定された。それ以前は他の将と同じ階級章であった。
  3. ^ 統合幕僚長章に関する訓令
  4. ^ 元統幕議長への瑞宝大綬章は首相指示 産経ニュース 2014年7月15日

関連項目編集

外部リンク編集