メインメニューを開く
ナ・ギョンウォン。2013年

羅 卿(ナ・ギョンウォン 나경원 1963年12月6日 -)は、大韓民国政治家。現在、自由韓国党院内代表。

本来の表記は「羅卿」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

経歴編集

1982年ソウル大学 法学科 入学

1986年ソウル大学 法学科 卒業 ソウル大学 大学院 法学 修士 ソウル大学 大学院 国際法学 博士 修了

1992年、 司法試験合格

[判事活動]

司法研修院42期 修了後、1995年釜山地方法院判事に任命され4年間務める。以降1999年仁川地方法院、 2002年ソウル行政法院まで7年6ヶ月間判事活動。

2002年セヌリ党の前身であるハンナラ党李会昌大統領候補の女性特別補佐官となり政治活動を開始。2004年にハンナラ党から国会議員に立候補し当選した。2011年ソウル市長補欠選挙では、保守系の統一候補として戦うも朴元淳に敗れる[1]2015年2月からは女性初の外交統一委員長に就任した。

2018年12月11日、セヌリ党から改名した自由韓国党の院内代表に選出された[2]

2019年3月12日韓国国会文在寅政権の政策を批判する演説の中で、文大統領を「金正恩の首席報道官」と表現し物議を醸した。[3]

2019年7月23日、来韓したジョン・ボルトンと会談。野党指導者としては唯一の会談相手とみられている[4]

対日関係編集

2015年4月1日に来日。岸田文雄外相、谷垣禎一自民党幹事長、土屋品子外務委員長など国会議員と会談。野田聖子に対しては、韓国を訪問して慰安婦被害者と面会するよう提案を行っている。帰国後、インタビューで竹島に関する日本政府の姿勢に対して、もっと積極的な措置を取るべきだと主張[5]

2015年6月13日ソウルワールドカップ競技場で開催された日韓国会議員によるサッカー大会に参加。試合後に、当時、日本が進めていた軍艦島のユネスコ世界文化遺産登録申請に触れ、「強制徴用された韓国人がいた。この部分の歴史的事実を明確に記載してほしい」と述べている[6]

2016年には、10人の国会議員からなる「国会独島訪問団」の団長に就任。同年8月15日、日本政府からの抗議を無視する形でヘリコプターで竹島を訪問して独島警備隊を激励した[7]。同島には2018年11月にも、他の国会議員らとともに上陸した[8]

文在寅政権に対して厳しい姿勢を取り続けていることから、政権与党や革新派からは親日派として「安倍首相の首席報道官」、羅卿ウォンと安倍を掛けて「ナベ」と批判の対象になっている[9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ソウル市長選、美しすぎる与党候補が惨敗した理由”. JBpress (2011年10月28日). 2018年4月24日閲覧。
  2. ^ 韓国最大野党「自由韓国党」院内代表に羅卿ウォン氏”. 朝鮮日報 (2018年12月11日). 019-01-04閲覧。
  3. ^ 「大統領は金正恩の首席報道官」韓国最大野党幹部が演説:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年3月21日閲覧。
  4. ^ 「ボルトン氏の訪韓目的は防衛費、5倍をはるかに超える50億ドル要求」”. 中央日報. 2019年7月30日閲覧。
  5. ^ 中国高官も嘆息した韓国の「美しすぎる議員」…やはり「嫌日」だった?! 野田元郵政相に「慰安婦」面会求める”. 産経新聞社 (2015年4月21日). 2018年4月24日閲覧。
  6. ^ 韓国の「美しすぎる」議員、日本の世界遺産登録を遠回しに批判”. レコードチャイナ (2019年6月15日). 2019年4月21日閲覧。
  7. ^ 韓国与野党議員10人、きょう独島訪問”. 中央日報 (2016年8月15日). 2018年4月24日閲覧。
  8. ^ 10月に続き…韓国の野党議員、26日に竹島上陸へ”. 朝日新聞 (2018年11月21日). 2018年11月21日閲覧。
  9. ^ 元韓国駐在武官が指摘「文在寅大統領は“反日”で“北への接近”を誤魔化している」”. 文藝春秋 (2019年5月5日). 2019年9月24日閲覧。