北海道花咲郡の位置(根室半島のみ。黄:明治期 水色:後に他郡から編入された区域 水色・薄黄:後に他郡に編入した区域)

花咲郡(はなさきぐん)は、北海道根室国根室支庁にあった

当該地域のうち、歯舞群島の領有権に関する詳細は千島列島及び北方領土問題の項目を参照。

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、色丹郡色丹村および根室市の一部(概ね北浜町、駒場町、明治町、光洋町、桂木、花咲港以東)にあたる。

根室半島東部と、珸瑶瑁水道をはさんだ珸瑶瑁諸島(後の歯舞群島)、色丹島から成っていた。地質は白亜紀後期のもので、長年の浸食により生じた複雑な海岸線が、漁場や良港をもたらした。太平洋オホーツク海の境界でもある。 郡内の最高峰は色丹島の北端にある斜古丹山(412.6m)だったが、離脱後は山らしい山はなく、標高60m程度の台地が連なっている。

歴史編集

郡発足までの沿革編集

戦国時代から江戸時代にかけて、蝦夷アイヌ)の人々によってチャシ群が築かれている。

江戸時代の花咲郡域は、松前藩によって開かれたネモロ場所に含まれた。江戸時代後期、花咲郡域は東蝦夷地に属していた。南下政策を強力に進めるロシアの脅威に備え1799年寛政11年)花咲郡域は天領とされた。1821年文政4年)に花咲郡域は一旦松前藩領に復したものの、1855年安政2年)再び天領となり仙台藩警固地とされた。安政6年の6藩分領以降も歯舞色丹の島嶼部は天領(仙台藩警固地)のままであったが、根室半島部分が仙台藩領となった。戊辰戦争箱館戦争)終結直後の1869年大宝律令国郡里制を踏襲して花咲郡が置かれた。

郡発足以降の沿革編集

 
北海道花咲郡の町村(15.歯舞村)

脚注編集

  1. ^ 根室外九郡役所統計概表 経歴 デジタルアーカイブ 国立国会図書館
  2. ^ 明治18年太政官布告第一号 法令全書 第21冊(明治18年) 近代デジタルライブラリー 国立国会図書館
  3. ^ 千島の島々と「北方領土」社会科副読本らうす 羅臼町教育委員会

参考文献編集

関連項目編集