目梨郡

日本の北海道(根室国)の郡

目梨郡(めなしぐん)は、北海道根室国根室振興局

北海道目梨郡の位置(緑:羅臼町 薄黄:後に他郡に編入した区域)

人口4,314人、面積397.72km²、人口密度10.8人/km²。(2024年4月30日、住民基本台帳人口)

以下の1町を含む。

郡域 編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記1町に標津郡標津町の一部(崎無異・薫別・古多糠・忠類)を加えた区域にあたる。

名称の由来 編集

アイヌ語に由来する。由来となったアイヌ語の「メナㇱ(menas)」には「東」「東風」の2つの意があり、そのどちらであるかははっきりしていない。アイヌ語研究者の山田秀三は「東(の土地)」の意と解釈するにとどめている[1]

なお、もともとは現在の目梨郡のほか、現在の標津付近を含む地方名だった[1]

歴史 編集

郡発足までの沿革 編集

江戸時代の目梨郡域は、松前藩によって開かれたネモロ場所に含まれた。松前藩の「新羅之記録」によると、元和元年から元和7年頃、メナシ地方の蝦夷アイヌ)が、100隻近い舟に鷲の羽やラッコの毛皮などを積み、松前で交易したと記録されている。寛政元年、蝦夷の人々が蜂起したクナシリ・メナシの戦い(寛政蝦夷蜂起)が勃発、メナシ地方でも多数の和人が殺害される。同年、羅臼温泉が発見された。

江戸時代後期、目梨郡域は東蝦夷地に属していた。南下政策を強力に進めるロシアの脅威に備え寛政11年目梨郡域は天領とされた。文政4年に一旦松前藩領に復したものの、安政2年再び天領となり会津藩が警固をおこなった。また、羅臼神社の創立は安政年間と伝わる。安政3 - 4年ころ知床半島硫黄山噴火があった。安政6年の6藩分領以降は会津藩領となった。戊辰戦争箱館戦争)終結直後の1869年大宝律令国郡里制を踏襲して目梨郡が置かれた。

郡発足以降の沿革 編集

 
根室国の市町村(5.羅臼町=目梨郡)
明治9年の大区小区
  • 第25大区
    • 5小区 : 忠類村、薫別村、崎無異村、植別村

行政 編集

特記なき場合『根室・千島歴史人名事典』による[2]

根室郡外八郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 和田正苗 明治13年(1880年)7月15日 明治18年(1885年) 花咲郡の一部から色丹郡が分立
根室郡外九郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 松下兼清 明治18年(1885年) 明治19年(1886年)
2 広田千秋 明治19年(1886年)12月 明治22年(1889年)
3 細川碧 明治22年(1889年)7月 明治23年(1890年)7月
4 高岡直吉 明治23年(1890年)8月11日 明治28年(1895年)12月3日
5 林悦郎 明治28年(1895年)12月18日 明治30年(1897年)11月5日 根室郡外九郡役所を廃し根室支庁を置く。

脚注 編集

  1. ^ a b 山田秀三『北海道の地名』(2版)草風館、浦安市〈アイヌ語地名の研究 山田秀三著作集 別巻〉、2018年11月30日、225頁。ISBN 978-4-88323-114-0 
  2. ^ 根室・千島歴史人名事典編集委員会 2002, 364頁.

参考文献 編集

  • 根室・千島歴史人名事典編集委員会 編『根室・千島歴史人名事典』根室・千島歴史人名事典刊行会、2002年。 
  • 角川日本地名大辞典 1 北海道

関連項目 編集