メインメニューを開く

西条駅 (長野県)

日本の長野県東筑摩郡筑北村にある東日本旅客鉄道の駅

西条駅(にしじょうえき)は、長野県東筑摩郡筑北村西条にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)篠ノ井線である[1]

西条駅
Nisijyostation.jpg
駅舎(2013年4月1日)
にしじょう
Nishijō
明科 (9.0km)
(3.7km) 坂北
所在地 長野県東筑摩郡筑北村西条[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 篠ノ井線
キロ程 37.2km(塩尻起点)
電報略号 ニセ[1]
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線[1]
乗車人員
-統計年度-
199人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1900年明治33年)11月1日[1]
備考 簡易委託駅[1]
標高:661.9m[1]
テンプレートを表示
旧駅舎

山陽本線西条駅(さいじょうえき)と区別するため、当駅発着の切符には「(篠)西条」と印字される。

歴史編集

かつては、石炭や生糸の輸送で栄えた[1]

年表編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅留置線は一部の線路が剥がされ使用できない。互いのホームは跨線橋で連絡している。

松本駅管理の簡易委託駅で、POS端末が設置されている。自動券売機は設置されていない。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 篠ノ井線 下り 長野方面[2]
2 上り 松本方面[2]
3 (予備ホーム)
  • 3番線は貨物列車や回送列車の待避線として使われており、定期旅客列車の発着はない。

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は199人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 305 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 287 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 254 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 245 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 241 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 239 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 223 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 214 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 210 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 187 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 188 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 184 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 188 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 195 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 178 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 178 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 187 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 197 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 199 [利用客数 1]

駅周辺編集

  • 筑北村本城総合支所[1]
  • 国道403号
  • 高速バス本城バス停 - 徒歩約20分

バス路線編集

筑北村営バス

  • 西条温泉とくら - 本城支所前 - 西条駅前 - 切田 - 乱橋 - 大門
  • 西条温泉とくら - 西条駅前 - 本城支所前 - 花顔寺前 - 立川 - 大沢新田 - 高谷車庫前
全路線休日運休。

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
篠ノ井線
快速(下りの一部は通過)・普通(「みすず」含む)
明科駅 - 西条駅 - 坂北駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 信濃毎日新聞社出版部『長野県鉄道全駅 増補改訂版』信濃毎日新聞社、2011年7月24日、84頁。ISBN 9784784071647
  2. ^ a b 駅構内図(西条駅)”. 東日本旅客鉄道. 2019年11月21日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月11日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集