メインメニューを開く

西浦 直亨(にしうら なおみち、1991年4月11日 - )は、奈良県奈良市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。

西浦 直亨
東京ヤクルトスワローズ #3
20140817 Naomichi Nisiura, infielder of the Tokyo Yakult Swallows, at Yokosuka Stadium.JPG
2014年8月17日、横須賀スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県奈良市
生年月日 (1991-04-11) 1991年4月11日(28歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2013年 ドラフト2位
初出場 2014年3月28日
年俸 3,600万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

 
法政大学時代 2013年5月19日 明治神宮野球場にて

大淀町桜ケ丘小学校の3年から野球を始め、投手。中学校時代は捕手にコンバート。天理高校進学後に内野手へ転向[2]。1年秋から控え内野手としてベンチ入り。3年の全国大会に出場。天理高校の1学年後輩に中村奨吾がいた。 法政大学に進学後、1年春からベンチ入り、4年春のリーグ戦でベストナイン。同校野球部の3年先輩に加賀美希昇山本翔也、2年先輩に三上朋也、1年先輩に三嶋一輝、同級生に木下拓哉、1学年後輩に石田健大がいる。リーグ通算62試合に出場、217打数52安打、打率.240、6本塁打、35打点。

2013年ドラフト会議東京ヤクルトスワローズから2位指名を受け、入団。背番号は3。

プロ入り後編集

2014年、開幕戦の対横浜DeNAベイスターズ戦(明治神宮野球場)で8番遊撃手でプロ初出場、初先発。初回の初打席で三嶋一輝から左翼へ3ラン本塁打を放つ。開幕戦での新人選手の初打席初本塁打セントラル・リーグでは初[3]。華々しいデビューを飾ったが、その後は結果を残すことができず、4月下旬に登録を抹消され、シーズン終了まで1軍に上がることはなかった。2軍でも、打率.217と低打率に終わり、打撃に課題を残したシーズンとなった。
一方で、この年の秋季キャンプ終了後、真中次期監督から徳山武陽古野正人荒木貴裕らと共に、1番成長が感じられた選手の1人として挙げられている[4]

2015年4月28日に、「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜に選出された事が発表された[5]。しかし6月25日に、出場辞退した事が発表された[6]。シーズンでは新加入の大引啓次の存在もあり遊撃のレギュラー争いが厳しくなった中、3割近くの打率を残し打撃の成長を証明したが、後半戦は腰痛により離脱し、わずか26試合の出場に留まった。

2016年は開幕から一軍入りを果たし先発出場の機会が与えられながら結果を残せず、5月中旬以降は二軍暮らしが続いたが、7月からは腰痛の不安を抱える大引啓次に代わってスタメンに座ることが増えた。7月22日中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)ではラウル・バルデスから自身初となる満塁本塁打を左越えに放ち勝利に貢献した。9月28日9月29日横浜DeNAベイスターズ戦では自身初の2試合連続本塁打を記録している。後半戦からはレギュラーの座を手中に収め自身最多の72試合に出場、7月まで2割を下回っていた打率を.255まで伸ばすと共に7本塁打、チーム2位の9盗塁を記録するなど走攻守に存在感を示した。

2017年は内野のレギュラー候補として期待され開幕スタメンにも名を連ねたが、チームが低迷する中で自身も打率.208、本塁打なしと苦戦。前年と同じ72試合の出場に留まった。

2018年廣岡大志とのショートの定位置争いをキャンプから繰り広げたが、オープン戦で結果を残せず開幕スタメンを逃す。しかし、川端慎吾が頭部死球を受けて離脱したことによりサードでのスタメンの機会を得ると、好調を維持してスタメンの機会を増やすことになる。川端と大引啓次の復帰後は不振の廣岡に代わりショートに回る。好不調の波が激しく打撃フォームの変更など試行錯誤もあったが、自身初の二桁本塁打、規定打席到達とレギュラー定着を果たすシーズンとなった。

選手としての特徴・人物編集

走攻守においてバランスの良い遊撃手。安定したスローイングなど堅実な守備面での評価が高い[7]。打撃面では、リストが強く、ツボにはまった時は力強い打球を飛ばす[8]

2014年度のファン感謝デーでは投手野手対抗歌合戦のコーナーで三輪正義藤井亮太と一緒にSMAPらいおんハートを熱唱した。三輪、藤井と無難にこなした後を継いだ西浦の独特の音程に客席からはすぐに笑い声があがったが、なかなかの声量で本人は気持ち良さそうに歌い切った。自己採点はと聞かれると爽やかに「100点だと思います」と答えた西浦にファンからは暖かい拍手が送られた[9]

また、観客やファンサービスを兼ねて東京音頭を披露することもあるが、ジャイアンリサイタルレベルなのでつば九郎が気絶している。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2014 ヤクルト 14 36 32 5 5 1 0 1 9 5 0 0 0 0 4 0 0 6 0 .156 .250 .281 .531
2015 26 48 44 9 13 3 1 1 21 5 1 0 1 0 3 0 0 12 0 .295 .340 .477 .818
2016 72 273 247 21 63 12 0 7 96 28 9 3 2 1 23 0 0 54 3 .255 .317 .389 .706
2017 72 171 144 9 30 6 0 0 36 8 3 0 8 2 16 1 1 31 5 .208 .288 .250 .538
2018 138 550 479 57 116 28 0 10 174 55 1 2 20 3 40 1 8 88 10 .242 .309 .363 .673
NPB:5年 322 1078 946 101 227 50 1 19 336 101 14 5 31 6 86 2 9 191 18 .240 .308 .355 .663
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



二塁 三塁 遊撃




































2014 ヤクルト - - 13 13 23 2 2 .947
2015 - 2 0 0 0 0 .000 23 19 38 0 5 1.000
2016 2 1 0 0 0 1.000 37 18 43 0 2 1.000 46 64 112 4 18 .978
2017 - 23 2 27 0 3 1.000 47 39 100 4 18 .972
2018 - 14 7 21 0 4 1.000 127 183 381 11 71 .981
通算 2 1 0 0 0 1.000 76 27 91 0 5 1.000 256 318 654 21 114 .979
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

初記録
その他の記録
  • 開幕試合初打席本塁打 ※セ・リーグ初、1950年の戸倉勝城以来64年ぶり史上2人目
  • 開幕試合初打席初球本塁打 ※NPB史上初

背番号編集

  • 3 (2014年 - )

登場曲編集

代表歴編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年1月5日閲覧。
  2. ^ 2013年プロ野球ドラフト 西浦直亨 スポニチアネックス 2014年3月16日閲覧[リンク切れ]
  3. ^ 西浦 プロ野球史上初の3点弾は「体が勝手に反応した」 スポーツニッポン 2014年3月28日閲覧
  4. ^ [1]
  5. ^ 侍J大学代表vsNPB選抜 メンバー発表 日本野球機構公式サイト (2015年4月28日) 2015年5月24日閲覧
  6. ^ ユニバーシアード 日本代表壮行試合 NPB選抜チーム出場選手変更のお知らせ 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年6月25日) 2015年6月26日閲覧
  7. ^ プロ野球ドラフト会議”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト (2013年10月24日). 2013年10月24日閲覧。
  8. ^ 神宮つばメ~ル(第1、3月曜更新) : 第39回 ドラフト2位・西浦直亨、3拍子揃った背番号3”. スポーツコミュニケーションズ (2013年11月4日). 2014年7月16日閲覧。
  9. ^ ヤクルト西浦の美声?にファン沸く”. 日刊スポーツ (2014年11月23日). 2016年11月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集