岩瀬町(いわせまち)は茨城県西茨城郡にあったである。霞ヶ浦にそそぐ桜川の源流として、能楽の作品「桜川」の舞台で知られる。

岩瀬町
桜川のサクラ
Iwase Ibaraki chapter.gif
岩瀬町章
Flag of Iwase Ibaraki.png
岩瀬町旗
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 新設合併
岩瀬町真壁町大和村桜川市
現在の自治体 桜川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
西茨城郡
団体コード 08324-1
面積 87.16km2
総人口 22,151
推計人口、2005年9月1日)
隣接自治体 茨城県
笠間市筑西市大和村八郷町
栃木県
真岡市二宮町益子町茂木町
町の木 モクセイ
町の花 サクラ
町の鳥 ウグイス
岩瀬町役場
所在地 309-1292
茨城県西茨城郡岩瀬町大字岩瀬64-2
Sakuragawa city hall IWASE branch.JPG
桜川市岩瀬庁舎(旧岩瀬町役場)
外部リンク 岩瀬町 (Internet Archive)
座標 北緯36度21分42.6秒
東経140度6分39.3秒
Map.Iwase-Town.Ibaraki.PNG
 表示 ウィキプロジェクト

2005年平成17年)10月1日、近隣の真壁町大和村と合併し桜川市となった。

概要編集

1955年昭和30年)3月31日西茨城郡旧岩瀬町(桜川市岩瀬庁舎等の市街地以西の町域のほぼ西半部、富谷地区は除く)と西茨城郡東那珂村(現在の羽黒駅周辺、町域の東南部)、同郡北那珂村(現在の南飯田小学校の学区周辺、町域の北東部、富谷地区含む)が合併し発足。西茨城郡の所属であり、県の出先機関など(税務署警察保健所等)は殆どが水戸、笠間地区の管轄であったが、どちらかと言うと下館地区のほうが近いこともあり生活圏は下館地区にあった。例えば、免許証の更新などで警察署に出向く場合、町域のどこに住んでいるかによるが、下館警察署(筑西警察署)や真壁警察署(桜川警察署)の方が近かった。管轄の警察署でしか免許更新ができなかった頃は、はるばる笠間警察署まで出向かなければならなかった。そのような事実もあるせいか、各市町村ごとで分担している消防だけは下館地区の組合だった。合併後は下館地区(筑西市)の管轄になった。

地理編集

隣接していた自治体編集

歴史編集

年表編集

行政区域変遷編集

  • 変遷の年表
  • 変遷表

行政編集

  • 町長:中田 裕
  • 議会議長:橋本位知朗

財政編集

  • 歳入:7,673,608 千円
  • 歳出:7,406,799 千円

2001年

経済編集

産業編集

  • 主な産業:商業、農業、石材業

就業人口編集

  • 第1次産業 977人
  • 第2次産業 4,543人
  • 第3次産業 5,643人

2000年

交通編集

鉄道編集

かつては、岩瀬駅から常磐線土浦駅まで筑波鉄道筑波線が走っていた。1987年廃線。

道路編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より
  2. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より

関連項目編集