豊田西バイパス(とよたにしバイパス)は、愛知県名古屋市天白区から同県豊田市に至る総延長13.3km国道153号バイパスである。

一般国道
国道153号標識
豊田西バイパス
国道153号バイパス
路線延長 13.3 km
開通年 1980年 - 2006年
起点 愛知県名古屋市天白区天白町
終点 愛知県豊田市東新町
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
豊田西バイパス
愛知県日進市浅田町

概要編集

  • 起点 : 愛知県名古屋市天白区天白町
  • 終点 : 愛知県豊田市東新町
  • 総延長 : 13.3km
  • 規格 : 第4種1級
  • 設計速度 : 60km/h
  • 道路幅員 : 36.0m - 53.5m
  • 車線幅員 : 3.5m
  • 車線数 : 4車線(完成4車線・6車線)

現在すべての区間が開通している。さらに、渋滞の原因となっていた暫定2車線区間は、2006年12月に4車線拡幅が全線で完成したため解消され、スムーズな走行が可能になった。一部区間では最終的に6車線化される予定。

交差する道路編集

  • 背景色がである部分は道路が接続していないことを示す。
  • 交差する道路の特記がないものは市町道
交差する道路 交差する場所 名古屋から
(km)
国道153号
国道302号名古屋環状2号線 名古屋市天白区 天白高校東
愛知県道221号岩崎名古屋線 日進市 梅森西
愛知県道58号名古屋豊田線飯田街道 赤池2北
愛知県道58号名古屋豊田線 赤池2
- 愛知県道219号浅田名古屋線 -
愛知県道218号和合豊田線 東郷町 牛廻間
愛知県道57号瀬戸大府東海線 知々釜南
愛知県道36号諸輪名古屋線 愛知県道233号岩作諸輪線(挙母街道) 北山台5
愛知県道54号豊田知立線バイパス 福田橋南
愛知県道54号豊田知立線 みよし市 三好前田
愛知県道234号みよし沓掛線 - 東山台
愛知県道232号鴛鴨三好線 打越IC       (打越百々)
愛知県道218号和合豊田線 豊田市 西新町7
愛知県道284号宮上知立線 本新町5
国道155号豊田南バイパス[1] 東新町
愛知県道491号豊田環状線(元町通り) 東新町2
国道153号(豊田東西線)

歴史編集

  • 1966年度 : 名古屋市天白区天白町植田 - 名古屋市・日進市境 (0.7km)都市計画決定
  • 1967年度 : 事業化
  • 1970年度 : 名古屋市・日進市境 - 東郷町・三好町(現・みよし市)境 (7.6km)都市計画決定
  • 1971年度 : 用地買収に着手
  • 1972年度 : 東郷町・三好町(現・みよし市)境 - 豊田市東新町 (5.0km)都市計画決定
  • 1973年度 : 着工
  • 1980年度 : 名古屋市天白区天白町植田 - 日進市浅田町 (3.2km)暫定2車線で供用開始
  • 1985年度 : 愛知郡東郷町大字和合 - 愛知郡東郷町北山台 (2.0km)暫定2車線で供用開始
  • 1986年度 : 日進市浅田町 - 愛知郡東郷町大字和合 (2.1km)暫定2車線で供用開始
  • 1986年度 : 愛知郡東郷町北山台 - 西加茂郡三好町大字三好字油田(現・みよし市三好町油田)(1.9km)暫定2車線で供用開始
  • 1987年度 : 西加茂郡三好町大字三好字油田(現・みよし市三好町油田) - 西加茂郡三好町東山台(現・みよし市東山台) (0.8km)暫定2車線で供用
  • 1989年度 : 西加茂郡三好町東山台(現・みよし市東山台) - 豊田市東新町(3.4km)暫定2車線で供用開始、これにより全区間暫定供用開始
  • 1991年度 : 名古屋市天白区天白町植田 - 日進市浅田町(3.2km)4車線化完成
  • 1993年度 : 愛知郡東郷町大字和合 - 愛知郡東郷町北山台 (2.0km)4車線化完成
  • 1995年度 : 愛知郡東郷町北山台 - 西加茂郡三好町大字三好字油田(現・みよし市三好町油田) (1.9km)4車線化完成
  • 1997年度 : 西加茂郡三好町大字三好字油田(現・みよし市三好町油田) - 西加茂郡三好町東山台(みよし市東山台) (0.8km)4車線化完成
  • 1999年度 : 西加茂郡三好町東山台(現・みよし市東山台) - 西加茂郡三好町大字打越(現・みよし市打越町) (1.4km)4車線化完成
  • 2004年度 : 西加茂郡三好町大字打越(現・みよし市打越町) - 豊田市西新町 (0.9km)暫定4車線化完成
  • 2005年度 : 西加茂郡三好町大字打越(現・みよし市打越町) - 豊田市西新町 (0.9km)暫定2車線化。完全4車線化供用に向けて工事再開。
  • 2006年12月5日 : 西加茂郡三好町大字打越(現・みよし市打越町) - 豊田市西新町 (0.9km)4車線化完成。これにより対面通行区間は解消
  • 2014年1月15日 : 豊田市本新町 - 豊田市東新町 (1.0km)立体交差化[2][3][4]

交通量編集

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 愛知郡東郷町大字和合 : 45,598
  • 愛知郡東郷町大字諸輪字押草台 : 43,276
  • みよし市三好町平池 : 42,979
  • 豊田市本新町5丁目 : 38,105

その他編集

当バイパスの境川に架かる橋から、遠く南アルプスが見える。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 豊田南バイパス(豊田市美山町から同市東新町)が平成26年3月16日開通 〜豊田ICへのアクセス向上、IC周辺道路の渋滞緩和〜 国土交通省 中部地方整備局 名四国道事務所 2014年2月14日付
  2. ^ 国道153号豊田西バイパス 豊田市本新町5丁目交差点〜東新町2丁目交差点 国道153号 通行形態変更のお知らせ 国土交通省 中部地方整備局 名四国道事務所 2013年12月13日付
  3. ^ 国道153号(東新地区)を1月15日AM1:00 立体へ切り替え 〜国道155号豊田南バイパス開通に向けた通行形態の変更〜 国土交通省 中部地方整備局 名四国道事務所 2013年12月13日付
  4. ^ 道路開通情報 中部 国土交通省 道路局 2014年2月1日付

外部リンク編集