飯田街道

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

飯田街道(いいだかいどう)と呼ばれる街道は諸説あり、現在も、歴史的にも複数存在する。

目次

概要編集

現在、地図、或いは道路標識で「飯田街道」と確認できる箇所は、

  1. 名古屋城下から八事興正寺に向って斜めに貫く愛知県道56号名古屋岡崎線沿い、天白川を超えて平針までと、
  2. 愛知県道58号名古屋豊田線豊田市保見地区界隈 と、
  3. 根羽村~(国道153号)~豊田市挙母町1丁目交差点~豊田市小坂町10丁目交差点~豊田市小坂町7丁目交差点~(愛知県道520号豊田東郷線)~東郷町諸輪交差点まで。

これらの道を一本の街道と地図上に描くことができない。

名古屋城下から愛知県道56号名古屋岡崎線駿河街道)沿いに平針へ、平針で左折して愛知県道58号名古屋豊田線豊田市保見へ、保見から足助方面へ、枝下の渡し矢作川を渡り、足助からは国道153号三州街道)で信州飯田までの道と書かれているものが多いが、 この道が「飯田街道」である歴史は明治18年の道路法で指定されてからである。

名古屋から足助までの歴史編集

江戸時代編集

江戸時代の文献 [1] では、名古屋城下より東へ伸びる道が四筋描かれている。

1. 大曽根から守山区大森を経て愛知県道61号名古屋瀬戸線(瀬戸街道)上品野村(瀬戸市)へ(国道363号
2. 大曽根から鍋谷上野、猪子石原を経て(愛知県道215号田籾名古屋線愛知県道208号上半田川名古屋線)矢田川沿い山口村へ
3. 大曽根から末森村、高針村、岩崎村、岩藤、米野木、三本木、保見猿投愛知県道60号名古屋長久手線愛知県道217号岩藤名古屋線愛知県道58号名古屋豊田線国道153号
4. 名古屋城下から川名、植田、平針祐福寺から宇頭へ(駿河街道

このうち1.3.の道は別の文献[2]で「信州飯田街道」と書かれている。名実ともに由緒ある道である。

2.の道の先は地図に描かれないほどの道を通って保見へ。信州飯田を目指したことを示す道標がある。1.から3.いずれの道も保見を経由している。

また江戸時代日進市赤池から豊田市挙母町に向かう道(挙母街道・ほぼ現在の愛知県道520号豊田東郷線に相当)は存在していた。

挙母より矢作川沿いに北上する道は、保見方面から信州飯田に向かう道に足助の手前で合流する。 この道も江戸時代からの歴史ある信州飯田街道である。

幕末から明治以降編集

明治時代になって法律で規定された道は年表参照。

足助から信州飯田までの歴史編集

ほぼ国道153号沿いであり今昔ルートは変わらない。いくつか別名がある。

  • 三州街道(東海道小坂井~岡崎~根羽村)
  • 伊奈街道(設楽~根羽村~飯田~伊那~塩尻)
  • 中馬街道
  • 中馬の道
  • 塩の道

江戸時代足助地区での文献ではすべて「伊奈街道」と表記されている。根羽村~飯田では「飯田街道」とも呼ばれた。

年表編集

明治以降の「飯田街道」と呼ばれた道に関する年表。

明治9年(1876年)6月8日編集

  • 「県道三等飯田街道 平針村ヨリ信州伊奈郡界ニ至ル」
    • この時、「伊保街道」「伊奈街道」と書かれていた道が「飯田街道」に改名[3]

同明治9年の道路法編集

  • 最も歴史深い「信州飯田街道」である道(江戸時代文献 1.の道)が「県道瀬戸街道」と改名される。

明治15年から17年編集

  • 江戸時代文献 4.駿河街道)の平針から保見の道の道路工事がされる。
  • 「赤池より分岐して、浅田、野方、蟹甲、藤枝、米ノ木を経て、三本木にて旧信濃街道(江戸時代文献 3.の道)に合する。」
  • 三年に亘り改築工事が施工され、その後数次の改修工事(特に昭和4年より幅員拡張)によって現在に至る。

明治18年(1885年)2月 内務省告示に伴う県道表編集

  • 「県道飯田街道 起点名古屋市泥江町 終点北設楽郡稲橋村長野県界」
    • この時、県道飯田街道が名古屋まで延長され、名古屋における飯田街道の歴史が始まった。

大正9年(1920年)の道路法編集

  • 「県道名古屋飯田線 名古屋市中区鉄砲町より、稲橋村」
    • ここで道路法が定める道の名前から「飯田街道」の名前が消滅する。

参考文献編集

  1. ^
    • 『尾張国元禄国絵図』(1701年)
    • 『張州府志附図』(1752年)
    • 『尾張八郡図』(1800年頃)
    • 『尾張志付図』(1840年頃)
  2. ^
    • 『尾張徇行記』(1822年)
  3. ^ *「愛知県史」大正3年(1914年)

関連項目編集